便秘と肌荒れの関係は? 実は体中に影響があった!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘が続くと肌に吹き出物が増えたり、ガサガサして化粧ののりが悪くなったりするという方は多いのではないでしょうか。
では、なぜ便秘になると肌があれるのでしょうか。今回は便秘と肌荒れの関係について少しお話をしましょう。
便秘は「百害あって一利なし」ということがよくわかります。興味がある方はぜひ読んでみてください。

便は老廃物の塊

私たちは毎日食べ物や飲みものを食べてそこから胃や腸が栄養を吸収します。
栄養を吸収しつくされ、老廃物となった食べ物は最終的に便となり、体外に排出されるのです。
つまり、便は一刻も早く体外に出すべきものであり、溜めておいても良いことはひとつもないのですね。

便秘が続くとどうなるの?

しかし、便秘になると便はいつまでも体内に残ったまま。排出されない便は腸内で善玉菌を食べながら腐敗、発酵していきます。
便秘が続くと臭いおならがでることはありませんか?それは便の腐敗臭や発酵臭なのです。
さらに困ったことに腐敗や発酵した便から出た毒素が腸壁から吸収され、血液に乗って全身に運ばれてしまうのですね。
体内に毒素が回るなんて大変、と思うかもしれませんが、この毒素は全身の毛孔から汗と共に体外に排出されます。
しかし、安心してはいけません。毒素の排出は肌にとっては大きな負担です。
毒素の排出が日常的になってしまうと肌は毒素を排出するのに手いっぱいになり、本来の役割である肌自身の汚れを排出することができなくなってしまうのです。その結果皮脂や汚れで毛穴が詰まり、肌が荒れてしまうのですね。

自律神経も一緒に弱まる

便秘が続いて腸内環境が悪化すると自律神経も乱れてきます。
便秘が続くと肌荒れのほかにのぼせたり肩こりがひどくなったりする人はいませんか?
それは自律神経の乱れが原因なのです。
自律神経は新陳代謝も司っていますので、それが乱れるということは肌の新陳代謝も正常に行われなくなり、肌が荒れやすくなるのですね。
また、免疫力も低下するので荒れた肌を元に戻そうという機能まで弱まってしまうのです。

まずは便秘を解消することが第一

便秘による肌荒れを解消するためには、とにかく便秘を解消することが第一です。
市販の便秘薬を利用するのも結構ですが、ヨーグルトや野菜など便秘解消に効果のある食べ物を食べ、
規則正しい生活習慣を心がけるなど食や生活を見直すことも大切です。
どちらも一朝一夕には行えないことですので、便秘による肌荒れが気になるという方はじっくりと時間をかけて生活改善に取り組んでいきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は肌荒れと便秘の関係についてご紹介いたしました。
肌荒れが気になる、という方は一度ご自身の便通を整えてみましょう。便通が良くなれば肌荒れも改善されるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加