チョコが便秘解消に役立つって本当?効果的な食べ方と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
チョコレート

チョコレートが便秘解消に効くという話を聞いたことがありますか? 実は今、チョコレートの便秘解消効果が注目されているのです。しかし、チョコを食べて便秘を改善するためにはいくつかのポイントがあります。とにかくたくさん食べればいいわけではないので、この記事を読んで便秘解消に効果的なチョコレートの食べ方を知っておきましょう。

  1. チョコレートが便秘に効く理由
  2. 便秘解消におすすめのチョコレート
  3. チョコレートを食べる時の注意点
  4. チョコレートだけで便秘は解消できる?

1.チョコレートが便秘に効く理由

1-1.ポリフェノールによる効果

ポリフェノールといえば美容に良い成分として知られていますよね。
女性の中にはポリフェノールが多く含まれる食材を積極的に食べている人も多いようです。

チョコ以外にもウーロン茶やワインなどに多く含まれている成分ですが、ポリフェノールには腸を活性化させて腸内環境を整える効果があります。
ただ、ポリフェノールを摂取しすぎると逆に便秘になってしまうこともあるため、大量に食べないように注意しましょう。

1-2.カフェインによる効果

チョコレート以外で便秘解消に役立つものといえば、コーヒーが挙げられます。
コーヒーにはカフェインが含まれているとして有名ですよね。
このカフェインに便秘解消効果があるのですが、チョコレートにもカフェインが含まれています。

カフェインにはポリフェノールと同じよう人腸の働きを活発にする働きがあるため、コーヒーが苦手で飲めない人はチョコレートからカフェインを摂取してみてはどうでしょうか。

1-3.食物繊維が豊富に含まれている

便秘解消のために野菜をたくさん食べている人も多いですよね。
野菜にたくさん含まれている食物繊維が便秘解消に役立つということはご存知の方も多いはず。

チョコの原料といえばカカオですが、このカカオが食物繊維を豊富に含んでおり便秘解消に役立ってくれます。
毎日の食事で野菜を摂取できていない人はチョコレートから食物繊維を摂取するのもいいでしょう。

2.便秘解消にオススメのチョコレート

2-1.カカオの保有量が多いもの

大きなポイントとも言えるのが、カカオの保有量です。
チョコレートの中にはカカオの保有量が非常に少ないものもあるのですが、そういったものを食べても便秘解消効果は期待できません。

できることならばカカオが70%以上含まれているものを選択するといいでしょう。

2-2.甘い板チョコはダメ?

チョコレートといえば甘い板チョコを想像する人も多いのではないでしょうか。
ですが、通常のチョコレートはカカオの保有量が少ないだけでなく、砂糖やミルクが大量に使われています。

便秘解消のためにチョコレートを食べていたものの、気付いたら太っていたということになっては大変です。
カカオ保有量が70%以上で甘みが少ないものを選びましょう。

カカオの保有量が多くなるほど甘みがなくなり、苦さが目立ってきます。
チョコレートの種類が多い店ではカカオ保有量96%などの商品が売られていることもありますが、甘いチョコが好きな人の中にはカカオが多いものは苦すぎて食べられなかった人もいるようです。

初めからカカオ保有量が90%以上のものを食べると苦くて続けられない可能性があるため、70%程度のものから試してみてはどうでしょうか。

3.チョコレートを食べる時の注意点

3-1.カロリーに気を付ける

チョコレートの中にはカロリーが非常に多いものもあります。
そのため食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまうこともあるのです。

例えばカカオ保有量がそれほど多くない一般的な商品の場合、板チョコ一枚で400キロカロリーを越えてしまいます。
商品によって違いはあるものの、甘みを抑えたチョコレートでもカロリーが大幅に抑えられるわけではありません。
ご飯一膳分のカロリーが大体270キロカロリーなので板チョコを一枚食べてしまうとご飯一膳半ものカロリーを摂取したのと同じことになります。

また、実はミルクチョコレートよりもブラックチョコレートのほうがカロリーは高いので「ミルクチョコレートじゃなくてカロリーが低いブラックチョコレートを食べているから大丈夫」と考えていた人は注意しなければなりません。

3-2.食べれば食べるほど良い?

チョコレートで便秘解消が期待できる理由の大部分は、チョコに含まれる食物繊維の働きによるものです。
日本人の食物繊維目標摂取量は1日に20~25gと言われています。
ですが、平均すると1日5~10gほど目標摂取量に届いていないと言われているので、この分をチョコレートで補ってみてはどうでしょうか。

カカオ保有量70%ほどのチョコレートであれば、25~30gほど食べると効果が期待できます。
カカオ保有量が多いものは苦みが強く慣れるまでは食べにくいかもしれません。

しかし、その一方で、慣れてくるとおいしくてつい食べ過ぎてしまう人もいるようです。チョコレートの食べ過ぎは肥満だけでなく肌荒れの原因になってしまうこともあるため、一日に食べる量を決めてそれ以上食べないように注意しましょう。

3-3.水分をしっかり取る

チョコレートの便秘解消効果を高めるためには、水分の摂取も重要です。
そのため、チョコレートを食べる際にはしっかり水分も取りましょう。
一度にまとめて飲むよりも、一日の中でこまめに飲むように心がけるのがおすすめです。

4.チョコレートだけで便秘は解消できる?

カカオ保有量が多いチョコレートは便秘解消に効果的ですが、チョコを食べるだけで便秘が解消できるかというと、そうとも言えません。
中には簡単に便秘が解消できた人もいるようですが、他にも運動を取り入れたり野菜から食物繊維を摂取したりなど、便秘解消対策を取ったほうがいいでしょう。

便秘は、生活習慣が乱れることで起こるケースが大半です。
毎日規則正しい生活をすることも便秘解消には大切なことなので寝る時間や起きる時間、食事の時間を決めてみてはどうでしょうか。

チョコレートの便秘解消効果を過信し、乱れた生活を送っていてはかえって便秘が悪化してしまいますので、注意してください。

まとめ

いかがでしたか? 今回はチョコレートの便秘解消効果について紹介しました。チョコレートはとても身近なお菓子ですが、便秘解消目的で取り入れるのであればカカオ保有量が高いものを適量食べることが大切です。普段甘いチョコレートばかり食べていた人も、この機会にカカオの保有量にも注目してみましょう。

また、便秘を根本的に解消するには、腸内環境を整えることが何よりも大切です。
そんな腸内環境を整えるのに有効なのが、熊の胆のうを原料とする和漢生薬『熊胆(ゆうたん)』。

なんと、今なら30日の返金保証付きで購入可能です。一度試してみて効果がなければ、30日以内なら返金が受けられます。何年も解消できない慢性便秘でお困りの方は、今すぐ下のバナーをクリックして詳細をチェックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。