便秘と生活リズムの関係性

便秘と生活リズムの関係性について ~便秘を解消するためのポイント~

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は生活リズムと関係があることをご存じでしょうか?
生活リズムが崩れたら便秘になりやすいと言われています。
便秘が長く続けば続くほど体の不調がさらに悪化し、大きな病気を起こす危険性もあるので注意しなければなりません。
便秘を解消するためにも便秘と生活リズムの関係について知り、生活のリズムを整えましょう。その際の注意点についても説明します。便秘で悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 便秘と生活リズムの関係について
  2. 生活リズムを整える方法
  3. 注意点について
  4. まとめ

1.便秘と生活リズムの関係について

便秘になっている人の多くは“生活リズム”が崩れています。
便秘の原因は人によってさまざまですが、生活リズムに注目しなければ便秘は解消されないでしょう。
そこで、便秘と生活リズムの関係について説明します。

1-1.生活リズムの乱れが体の機能を弱らせる

昼夜逆転生活や睡眠不足が続くと体の機能が低下します。
「睡眠」は人間にとってとても大切なものです。
睡眠不足が続いたとき、思考能力が落ち、気力もなくなるでしょう。
テスト勉強で徹夜したはずなのに翌日はあまり覚えていないことはありませんか?記憶力が低下するのは、しっかり睡眠を取っていないからなのです。
そして、ニキビや吹き出物など肌荒れが起こりやすくなります。
また、体の機能が低下すると便を排出するための運動も弱まるでしょう。
体に毒となる老廃物や毒素がどんどん蓄積されます。睡眠は体の機能を活性化させるために必要なことなのでしっかり睡眠を取ってくださいね。
昼夜逆転生活になっている人は規則正しい生活に戻しましょう。

1-2.自律神経の乱れ

生活リズムが乱れると自律神経にも悪影響を及ぼします。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていますが、どちらか一方が崩れてしまうとバランスが大きく乱れるでしょう。
特に、交感神経が活性化されれば体が常に緊張した状態になってしまいます。
生活リズムが崩れると交感神経が活性化されるので便がスムーズに出なくなるでしょう。
自律神経の乱れも便秘に大きく関係していることを知っておいてください。
また、過剰なストレスも自律神経の乱れを起こす要因になっています。
ストレスを常に受けている人ほど自律神経が安定せず、常に便秘で悩まされるのです。
生活リズムの乱れは自律神経の乱れにも大きく関係していることを覚えてくださいね。

1-3.食生活の乱れ

生活リズムには「食生活の乱れ」も含まれています。
ファストフードやコンビニ弁当、レトルト食品などすぐに食べられるご飯が増えてきていますが、偏った食生活をしていると便秘になるのです。
人間にとって必要な栄養が十分に摂取できません。
栄養バランスが整った食事こそ機能が活性化し、便もスムーズに排出されるものです。
毎日が仕事や家事で忙しいからと自炊を怠っていては栄養が偏ってしまうので気をつけてください。
できるだけ自炊を心がけ、栄養バランスが整った食事をすることが大切です。
食生活の乱れも生活リズムを乱します。

12