便秘と生活リズムの関係性について ~便秘を解消するためのポイント~

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘は生活リズムと関係があることをご存じでしょうか?
生活リズムが崩れたら便秘になりやすいと言われています。
便秘が長く続けば続くほど体の不調がさらに悪化し、大きな病気を起こす危険性もあるので注意しなければなりません。
便秘を解消するためにも便秘と生活リズムの関係について知り、生活のリズムを整えましょう。その際の注意点についても説明します。便秘で悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 便秘と生活リズムの関係について
  2. 生活リズムを整える方法
  3. 注意点について
  4. まとめ

1.便秘と生活リズムの関係について

便秘になっている人の多くは“生活リズム”が崩れています。
便秘の原因は人によってさまざまですが、生活リズムに注目しなければ便秘は解消されないでしょう。
そこで、便秘と生活リズムの関係について説明します。

1-1.生活リズムの乱れが体の機能を弱らせる

昼夜逆転生活や睡眠不足が続くと体の機能が低下します。
「睡眠」は人間にとってとても大切なものです。
睡眠不足が続いたとき、思考能力が落ち、気力もなくなるでしょう。
テスト勉強で徹夜したはずなのに翌日はあまり覚えていないことはありませんか?記憶力が低下するのは、しっかり睡眠を取っていないからなのです。
そして、ニキビや吹き出物など肌荒れが起こりやすくなります。
また、体の機能が低下すると便を排出するための運動も弱まるでしょう。
体に毒となる老廃物や毒素がどんどん蓄積されます。睡眠は体の機能を活性化させるために必要なことなのでしっかり睡眠を取ってくださいね。
昼夜逆転生活になっている人は規則正しい生活に戻しましょう。

1-2.自律神経の乱れ

生活リズムが乱れると自律神経にも悪影響を及ぼします。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていますが、どちらか一方が崩れてしまうとバランスが大きく乱れるでしょう。
特に、交感神経が活性化されれば体が常に緊張した状態になってしまいます。
生活リズムが崩れると交感神経が活性化されるので便がスムーズに出なくなるでしょう。
自律神経の乱れも便秘に大きく関係していることを知っておいてください。
また、過剰なストレスも自律神経の乱れを起こす要因になっています。
ストレスを常に受けている人ほど自律神経が安定せず、常に便秘で悩まされるのです。
生活リズムの乱れは自律神経の乱れにも大きく関係していることを覚えてくださいね。

1-3.食生活の乱れ

生活リズムには「食生活の乱れ」も含まれています。
ファストフードやコンビニ弁当、レトルト食品などすぐに食べられるご飯が増えてきていますが、偏った食生活をしていると便秘になるのです。
人間にとって必要な栄養が十分に摂取できません。
栄養バランスが整った食事こそ機能が活性化し、便もスムーズに排出されるものです。
毎日が仕事や家事で忙しいからと自炊を怠っていては栄養が偏ってしまうので気をつけてください。
できるだけ自炊を心がけ、栄養バランスが整った食事をすることが大切です。
食生活の乱れも生活リズムを乱します。

2.生活リズムを整える方法

2-1.できるだけ早寝早起きを心がける

寝る前に携帯電話・スマートフォンの画面を見て、ゲームで遊んではいませんか?
いつの間にか時間がたち、睡眠時間が削られてしまいます。
生活リズムを整える方法は“できるだけ早寝早起きを心がけること”です。
人間にとって十分に休まる睡眠時間はおよそ7時間~8時間だと言われています。しっかり睡眠を取ることで体の機能が活性化され、便もスムーズに排出できるのです。
しかし、睡眠不足状態になると体が十分に休まらず便も排出できません。
また、睡眠時間だけでなく毎日同じ時間に寝起きすることが大切です。
同じ時間に寝起きすることで体のサイクルが正常になり、生活リズムが整えられます。
昼夜逆転生活になっている人は少しずつ生活サイクルを整えてください。
急に変えることは難しいと思うので、できることから始めましょう。

2-2.栄養のある食事を心がける

早寝早起きと同じく、栄養のある食事を心がけることも生活リズムを整えるために必要なことです。
生活リズムは主に「睡眠」と「食事」を中心に考えてください。
睡眠をきちんと取り、栄養バランスが整った食事を心がけることで規則正しい生活が送れます。栄養バランスが整った食事とはビタミン・ミネラル・たんぱく質・脂質・炭水化物の五大栄養素をバランス良く摂取できる食事メニューです。
どのような食材をとれば良いのかわからない人は“野菜”を中心の食生活を心がけてください。野菜にはビタミンやミネラル等の必要な栄養素が豊富に含まれています。
カロリーも低いのでダイエットを気にしている人も安心です。
また、野菜には食物繊維が豊富に含まれているため、腸に蓄積されている便が排出できるでしょう。

3.注意点について

3-1.無理なダイエットはしない

便秘になりやすい人はほとんどが女性です。
その理由のひとつに“無理なダイエット”が挙げられます。
今ではほとんどの女性がダイエットをしていますが、無理なダイエットをしている人の中には“食事制限”をする人が多いのです。
食事制限をすると十分に栄養素が摂取できず、体の機能が正常に働きません。
便を排出するための運動も低下するでしょう。
免疫力も次第に低下し、風邪を引きやすくなります。
そのため、無理なダイエットは絶対にしないでくださいね。
ダイエットをするなら自分にとって無理のない方法を実践しましょう。
1日3食摂れば体重が増えると勘違いしている人は多いですが、カロリーをしっかり計算して栄養バランスが整った食事を摂れば痩せやすい体質になります。

3-2.生活リズムの中に運動を取り入れる

便秘を解消するための効果的な方法は「運動」を生活に取り入れることです。
激しい運動をする必要はありません。
ウォーキングやストレッチ、筋トレ、ヨガなどささいな動きでも立派な運動になるので安心してください。
運動を少し取り入れるだけでも基礎代謝が高まり、便を排出する動きが活性化するのです。
実際に運動を取り入れたことで便秘が解消された人もたくさんいます。
体が硬い人でもお風呂上がりに毎日少しずつストレッチすれば次第に柔らかくなるでしょう。
体が柔らかくなれば便秘解消だけでなく、疲れがたまりにくくなり快適な生活ができますよ。
ぜひ、生活の中に運動を取り入れてくださいね。

4.まとめ

生活リズムと便秘の関係、生活リズムの整え方や注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
便秘で悩んでいる人はほとんど生活リズムが乱れています。
さまざまな便秘解消法を試してもなかなか解消できなかった人は、生活リズムが乱れていないかどうか確認してください。
規則正しい生活さえ送れれば便秘がスムーズに解消されます。

  • 生活リズムの乱れが体の機能を弱らせる
  • 自律神経の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 早寝早起きを心がける
  • 栄養のある食事を心がける
  • 無理なダイエットはしない
  • 生活リズムの中に運動を取り入れる

以上のチェックポイントを踏まえ乱れた生活を整えてください。
「睡眠」や「食事」を整えるだけでなく、運動を取り入れることも大切なポイントです。
自分ができることから少しずつ生活習慣を変えていきましょう。
無理のない程度に少しずつ始めれば次第に慣れていき、規則正しい生活が送れますよ。
生活リズムと便秘は非常に深いつながりがあることを覚えておいてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加