子供の便秘解消法! 便秘の原因を知り上手に対策しよう

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

子供が便秘を心配している方も多いとは思いますが、子供の便秘は正しく理解して対処することほとんどが問題なく解決することができます。子供の便秘の原因から解消方法まで、子供の便秘にまつわる対処方法・改善方法についてご紹介しましょう。子供の便秘の知識を得ることは、子供の健康を支える上で大切な心がけなのです。

  1. 子供の便秘の特徴とは?
  2. 子供の便秘の改善する方法とは?
  3. 子供の便秘の上手な解決策

1.子供の便秘の特徴とは?

1-1.子供が便秘になる原因~乳児期~

乳児期の便秘は、ミルクから離乳食への移行の際に多く起こります。これは、乳児の体内に腸内菌などの準備ができていないことや、胃や腸の機能が未熟であるが原因であり、多少の下痢や便秘というのは許容の範囲内と考えて良いでしょう。乳児期の便秘は、離乳食に慣れるころには改善されます。あまり神経質になることは避けることも大切な心がけといえるでしょう。

1-2. 子供が便秘になる原因~幼児期~

幼児期の便秘は、排便の力不足が主な原因です。幼児期になると食事も大人と同じものを食べるようになります。しかし、幼児の未熟な胃腸では上手に消化吸収できず、便秘や下痢になってしまうのです。食事移行期の便秘というのは、よくあることなので2日に1度の排便であっても体調に問題がなければ便秘ではありません。

1-3.子供が便秘になる原因~学童期~

学童期の便秘というのは乳幼児期の便秘とは少々原因が異なります。学童期になると“学校での排便が恥ずかしい”“生活の変化からのストレス”などがら「過敏性腸症候群(IBS)」などによる便秘の可能性を考えましょう。このようなストレスが原因の便秘に対して、トイレの教育である“便育”をおこなっている学校などもあるのです。

家庭内でも「排便は恥ずかしいことではない」というような意識を持たせることで解決できることもあります。学童期の便秘は、トイレの意識向上や便育を積極的に実践しましょう。

2.子供の便秘を改善する方法とは?

2-1.便秘薬は基本的に使用しない!

症状がなければ子供の便秘は問題がないのですが、腹痛などが伴う便秘の場合には対策が必要になります。しかし、子供に便秘薬(下剤)を使用することは避けるようにしましょう。便秘薬は少量であっても胃腸への負担が大きいので子供には使用してはいけません。子供の便秘を改善する場合には、腸に負担の少ない“浣腸(かんちょう)剤”を使用するのが一般的です。

ただ、浣腸剤であっても腸への負担が全くないわけでありません。子供の便秘改善は、できる限り自然に改善できる方法を実践しましょう。

2-2.自然な排便対策

子供の便秘はできる限り自然に排便を促すのが上手な対処法です。自然な排便を促すための便秘対策についてご紹介しましょう。

乳児期の便秘対策

乳幼児の便秘対策は“おなかマッサージ”や“肛門(こうもん)への刺激”などが解決策になります。乳幼児は排便のための筋肉が弱く自分の力では排便が難しいことが便秘の原因です。おなかマッサージや定期的な肛門への刺激などで便器を改善できます。運動によって排便のための筋肉を増やすこともできるので、バランスの良い食事と適度な運動などを実践することで便秘を解決するようにしましょう。

幼児期の便秘対策

幼児期の便秘対策は主に“トイレ・トレーニング”と“食事療法”で解消できます。トレーニングが子供のストレスになってしまうと、逆効果になってしまうので、焦らず気長に行うことが大切です。食事療法は、適度な水分を取り、食物繊維豊富な食品を取りましょう。

学童期の便秘対策

学童の便秘対策は“ストレスの軽減”がポイントです。学校や家庭での便育に加えて、過敏性腸症候群の原因となるストレスを解消できるように心がけましょう。学校での排便が難しい場合には、早朝に自宅で済ませるというのも便秘対策になります。

3.子供の便秘の上手な解決策

3-1.食事は大切な解決策

便秘の原因はさまざまですが、病的な原因を除いて食事によって改善できるものがほとんどです。便秘は食事とかかわりが深いものであることから、子供に便秘の兆候が現れた場合には食事の改善からはじめてみましょう。便秘改善に効果的な食事の方法についてご紹介します。

水分補給

自分で水を積極的に飲むことのできない乳幼児は、水分不足になりがちです。乳幼児の便秘は水分不足が原因であることも多いので、水分補給はこまめにおこないましょう。特に注意が必要なのは“夏場の暑い時期”や“遊びや運動などで汗をかいたあと”などです。

適度な運動でトイレ・トレーニング

子供は排便のための筋肉が弱く便秘になってしまいます。適度な運動をすることは腸の運動を助けることに加えて、トイレに必要な筋力の強化につながるのです。大人の便秘同様に、子供の便秘も運動不足が原因であることもあるので、子供の運動量には注意しましょう。

食物繊維を取る

年齢問わず、食物繊維は便秘対策に有効です。子供の場合、野菜嫌いなどによって食物繊維が不足気味になってしまいます。子供には、できる限り食物繊維の豊富な食事を用意しましょう。食物繊維の豊富な食品について簡単にご紹介します。

おから

豆乳や豆腐の生産の際に残る“おから”は、食物繊維が豊富でローカロリーな食品です。「おからハンバーグ」や「おからクッキー」など子供に好まれるレシピもあります。

ドライフルーツ

乾燥させた果物であるドライフルーツは手軽に食物繊維を摂ることのできる食品です。フルーツグラノーラなど子供の好むものも多いので、好き嫌いの多い子供にはドライフルーツは最適といえるでしょう。

3-2.乳幼児に良い食物繊維とは?

食物繊維は便秘対策に重要ですが、取り過ぎは逆効果です。実は食物繊維には“不溶性食物繊維”と“水溶性食物繊維”の2種類があります。乳幼児など消化器官が未発達な場合に、不溶性食物繊維は消化器官への負担にもなってしまうので、水溶性食物繊維を優先して取るように心がけましょう。

水溶性食物繊維の多い食品は“エシャロット”“大麦”“にんにく”などが代表的です。バランスの良い食事と規則正しい食生活を身に付けることは、子供にとって大切な健康維持の一つといえるでしょう。

まとめ

子供の便秘は“乳児期”“幼児期”“学童期”原因が異なります。子供の便秘の主な原因と、解決方法についてまとめてみましょう。

乳児期の便秘

  • 特徴:腸内環境が整っておらず、便秘や下痢になってしまう
  • 対処法:食事や運動など、自然に改善することが大切

幼児期の便秘

  • 特徴:排便のための筋力不足によって便秘になってしまう
  • 対処法:おなかマッサージや適度な運動をする

学童期の便秘

  • 特徴:過敏性腸症候群を原因とした便秘
  • 対処法:ストレスの解消や早朝自宅でトイレを済ませる

子供の便秘は、乳幼児期の腸内環境や筋力などの内面的な原因と、学童期の過敏性腸症候群などの外部から受ける原因に分けることができます。特に学童期の便秘というのは、ストレスが原因であることからトイレに対する苦手意識をなくすようにしましょう。子供の便秘は、大人と同じように“適度な運動”“食物繊維の摂取”“水分補給”が効果的です。子供の便秘改善に安易に薬を使用することは避け、自然な便秘改善を行えるようにしましょう。