子供の便秘解消法

子供の便秘解消法! 便秘の原因を知り上手に対策しよう

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

子供が便秘を心配している方も多いとは思いますが、子供の便秘は正しく理解して対処することほとんどが問題なく解決することができます。子供の便秘の原因から解消方法まで、子供の便秘にまつわる対処方法・改善方法についてご紹介しましょう。子供の便秘の知識を得ることは、子供の健康を支える上で大切な心がけなのです。

  1. 子供の便秘の特徴とは?
  2. 子供の便秘の改善する方法とは?
  3. 子供の便秘の上手な解決策

1.子供の便秘の特徴とは?

1-1.子供が便秘になる原因~乳児期~

乳児期の便秘は、ミルクから離乳食への移行の際に多く起こります。これは、乳児の体内に腸内菌などの準備ができていないことや、胃や腸の機能が未熟であるが原因であり、多少の下痢や便秘というのは許容の範囲内と考えて良いでしょう。乳児期の便秘は、離乳食に慣れるころには改善されます。あまり神経質になることは避けることも大切な心がけといえるでしょう。

1-2. 子供が便秘になる原因~幼児期~

幼児期の便秘は、排便の力不足が主な原因です。幼児期になると食事も大人と同じものを食べるようになります。しかし、幼児の未熟な胃腸では上手に消化吸収できず、便秘や下痢になってしまうのです。食事移行期の便秘というのは、よくあることなので2日に1度の排便であっても体調に問題がなければ便秘ではありません。

1-3.子供が便秘になる原因~学童期~

学童期の便秘というのは乳幼児期の便秘とは少々原因が異なります。学童期になると“学校での排便が恥ずかしい”“生活の変化からのストレス”などがら「過敏性腸症候群(IBS)」などによる便秘の可能性を考えましょう。このようなストレスが原因の便秘に対して、トイレの教育である“便育”をおこなっている学校などもあるのです。

家庭内でも「排便は恥ずかしいことではない」というような意識を持たせることで解決できることもあります。学童期の便秘は、トイレの意識向上や便育を積極的に実践しましょう。

12