正しい水分の摂り方をマスター

便秘と水分は関係している!? 正しい水分の摂り方をマスターしよう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

長い間、「便秘」が続いてしまうと大変なことになってしまいます。
体が次第に重くなり、疲れも取れず、内臓の病気に発展することもあるのです。
便秘は慢性化しないうちに、できるだけ早く解消しなければなりません。
便秘の原因はさまざまですが、中でも「水分」が大きく関係しています。
便秘と水分の関係性や水分の取り方、水分補給に最適な飲み物、注意点について詳しくチェックしましょう。
便秘で悩んでいる人はぜひ確認してくださいね。

目次

  1. 便秘と水分の関係性について
  2. 正しい水分補給とは
  3. 水分を摂取する際の注意点
  4. まとめ

1.便秘と水分の関係性について

実は、「便秘」と「水分」は思っている以上に深い関わりを持っています。
では、どのような関係性を持っているのか、水分が便秘に与える影響について詳しく説明しましょう。
便秘で悩んでいる人にはぜひチェックしてほしい内容です。

1-1.便秘の原因は「水分不足」にある!?

人によって便秘の原因はバラバラですが、「水分不足」も便秘の原因になっています。
便秘は腸内に不要な物、老廃物や毒素が蓄積されることで発生しますが、水分不足になると腸内に溜まった老廃物が流せなくなってしまうのです。
人間のおよそ70%が水分でできているように、人間にとって水分補給はとても大切なものであることを知っておいてください。
体内に吸収された水分のおよそ80%が小腸で吸収され、残りの20%は大腸で吸収されるのです。
腸内で吸収された水分は便を柔らかくし、外へ排出しやすい状態にします。
水分不足になると腸に必要な水分が吸収できなくなり、便が硬くなってしまうでしょう。
硬くなった便はもちろん外へ出すことができません。
また、硬くなった便を出そうと力む人もいますが、切れ痔になってしまうので注意してください。

1-2.「食物繊維」と「水分」の関係性

便秘になる原因は水分不足も一役買っていることがわかりました。
また、注目してほしいのが「食物繊維」と「水分」の関係性です。
食物繊維は腸内をキレイに掃除してくれる代表的な成分ですが、水分不足になると食物繊維が体内に吸収されなくなってしまいます。
水分が多ければ多いほど、食物繊維は大きく膨れますが、水分が少ないと膨れません。
食物繊維の膨らみは、便を排出しようとする腸の動き「ぜん動運動」を活性化してくれるのです。しかし、膨らまなければぜん動運動が弱まるので便秘になってしまいます。
水分の摂取は食物繊維にも大きく影響しているのです。
どれだけ水分が便秘に影響しているのかわかるでしょう。

1-3.1日に必要な水分摂取量とは?

では、1日どのくらいの水分を摂取すれば良いのでしょうか。
理想的な量は、1日2リットルと言われています。
スーパーで売られている1リットルのペットボトル2本分です。
普段、水分補給をこまめにしていない人から見ると膨大な量に感じるかもしれませんが、2リットル摂取しなければならないほど、人間は水分を欲しがっています。
寝ている間にも汗で水分は失われていますし、トイレに行くたびに体内の水分は排出されているのです。
しかし、急に2リットル摂取するのも大変なので、あくまでマイペースに少しずつ量を増やしてください。

12