善玉菌の働きと効率

善玉菌のこと知っていますか? 善玉菌の働きと効率のいい増やし方

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

善玉菌と聞くと、どんなイメージがありますか?腸に存在していて、人間にとって欠けてはならない細菌である、というのは知っているでしょうか。名前だけ知っているけど、実際にどんな働きをしているのか知らない…という人は意外と多いです。

今回は、善玉菌について、種類や働き、そして善玉菌を増やす方法をご紹介します。

目次

  1. 善玉菌とは?
  2. 善玉菌の種類
  3. 善玉菌の働きを知ろう
  4. 善玉菌を増やす方法
  5. まとめ

1.善玉菌とは?

1-1.腸の味方をする腸内細菌

善玉菌について、聞いたことはあるけど実際にどんなものなのか、知らない人は多いでしょう。人間の腸には腸内細菌が1000種類以上も存在しているのです。その中で、腸にいい細菌を善玉菌と呼んでいます。逆に腸内環境を悪くしてしまう細菌は悪玉菌です。そして、どちらにも属さず二つのうち優位な細菌に味方をする、日和見菌という細菌も腸内に存在しています。

1-2.不足しがちな人が多い

善玉菌が腸内にたくさん存在していれば、体の健康は保たれます。しかし、そううまくはいかないのが人間の体です。本来のベストバランスは、善玉菌30%、日和見菌60%、悪玉菌10%ですが、そのバランスをたもっている人はあまりいません。

現代人の生活習慣は、善玉菌を減らしやすいといわれているため、不足しがちな人が圧倒的に多いのです。

1-3.悪玉菌と腸内で競い合っている

善玉菌が悪玉菌よりも多い状態で維持するのが理想とはいえ、常に悪玉菌と競い合っています。そのため、ちょっとした異変ですぐに悪玉菌が増えてしまうという、気が抜けない状態です。

日和見菌の数は多いですが、悪玉菌が増えると日和見菌まで悪玉菌の味方をし、悪玉菌と同じような働きをしてしまいます。日和見菌に善玉菌と同じ働きをしてもらうために、善玉菌が多い状態ををたもてるよう自分の努力が必要です。

12