便秘のデメリットと必ず知っておきたいポイント

便秘のデメリットは? 必ず知っておきたいポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

腸内環境が悪化することで発生する便秘は長く続けば続くほどツライ思いをすることになります。男性よりも特に女性に多くみられる「便秘」。あまくみてしまうと大変なことになってしまうのでできるだけ早めに解消しておかなければなりません。便秘から引き起こされる病気もあります。便秘から起こってしまうデメリットにはどのようなものがあるのか、確認していきましょう。デメリットについて知っておくといかに便秘が悪い状態なのか再確認できるはずです。


1番多くみられるデメリットは“腰痛”

便秘のデメリットはたくさんありますが、その中でも多くの人に現れるのが“腰痛”です。
意外と便秘と腰痛の関係は深いものなのです。
なぜ便秘が腰痛を引き起こしてしまうのかというと、腸に入りきれないほどの便がどんどん蓄積されることでお腹も張ってしまいます。
お腹の張りが血液の流れを悪くさせ、腰痛を発症させてしまうのです。
お腹の張りからくる圧迫が原因となっています。
腰痛を改善するためには便秘を改善しなければなりませんし、デスクワークの仕事にも大きな支障をきたしてしまうことになるでしょう。
腰痛が悪化すれば椎間板ヘルニアやストレス性腰痛など治療がやっかいな病気にまで発展してしまうので注意しておかなければなりません。

12