便秘が解消しやすいトイレの形式

洋式と和式、便秘が解消しやすいトイレの形式ははどっち?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

日本のトイレはここ20年ほどの間に大きく変化しました。
今は、住宅や商業施設のトイレはほとんどが洋式です。
「和式トイレの使い方が分からない」という子どもも増えているのだとか。
しかし、一説によると和式の方が便秘解消に効果的なのだそうです。
そこで、今回は洋式と和式のどちらが便秘解消に効果的かをご紹介します。
ただし、年齢や体調によっては無理な姿勢を取らない方がよいので注意してください。
便秘に悩んでいる、という方はぜひこの記事を参考にトイレの形式を選んでみましょう。

目次

  1. 和式と洋式、それぞれの特徴とは?
  2. 和式を使う際の注意点
  3. 洋式で下腹にうまく力を入れる方法とは?
  4. 便秘を解消する方法とは?
  5. ​おわりに

1.和式と洋式、それぞれの特徴とは?

まず始めに、和式と洋式のそれぞれの特徴をご紹介します。
便秘の解消により効果的なのはどちらでしょうか?

1-1.洋式

20代~30代の人は、洋式の方が使いなれている方も多いでしょう。
洋式のトイレは座ってゆっくり用が足せるのが最大のメリットです。
たとえば、便意が弱くてもおなかをマッサージしながら待つこともできるでしょう。
また、落ち着いた気持ちで用が足せるのもメリットのひとつです。
しかし、その反面座った姿勢では下腹に力が入りにくいでしょう。
ですから、うまくいきめずに便秘が解消しにくいといったデメリットもあるのです。

1-2.和式

和式の場合はしゃがんで用を足しますから、長時間いきんではいられません。
便意が弱かったり、直腸付近に硬便ができていたりする場合はなかなか排便しにくいでしょう。
しかし、その反面下腹に力が入りやすいのである程度便意がある場合は便を排出しやすいのです。
ですから、「和式の方が便秘は解消しやすい」という説もあります。
「がんばればなんとかでそう」という便秘の場合は、和式でチャレンジしてみるのもよいでしょう。

12