膝の痛みで階段がつらい方

膝の痛みで階段がつらい方必見! 関節症を退治する治療法と予防法!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近、膝の痛みがひどくて階段を上がれない……そんな悩みを持っていませんか?

加齢によるものだから仕方がない、と放置してしまう人も多いことでしょう。しかし、関節症は症状が進むと苦痛がひどくなり、『うつ病』にかかりやすくなるという報告もされています。絶対に放置してはいけません。

そこで、今回は関節症の代表格『変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)』についてご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

  1. 変形性膝関節症について
  2. 変形性膝関節症の原因
  3. 関節症の治療法
  4. 膝のトラブルを予防するには
  5. 楽に階段を上り下りするコツとは?

1.変形性膝関節症について

膝に何かしらの関節症を持っている方なら、どんな人でも階段の上り下りの際に痛みを感じることでしょう。しかし、階段を上り下りする場合にだけ特に痛む、という場合には『変形性膝関節症』の恐れがあります。

では、具体的にどのような病気なのでしょうか。

1-1.変形性膝関節症とは?

軟骨は弾力性に富んだ構造をしており、主に衝撃の吸収や関節の動きをスムーズにさせる働きを持っています。 この軟骨がさまざまな要因ですり減ったり、欠けたり、形が変わる病気が『変形性膝関節症』です。

初期の変形性膝関節症は、関節軟骨がすり減った状態ではありますが、自覚症状はほとんどありません。そのため、多くの人が気が付かずに放置してしまうようです。

放置して中期に入ると痛みがはっきりと自覚できるようになり、立ち上がり動作や歩行動作、膝の曲げ伸ばし動作がつらくなってくるでしょう。また、中期では炎症が発生するため、膝の周辺に熱感や、腫れ、むくみ、膝に水がたまるといった症状が現れます。人によっては膝の変形がひどくなり、膝を動かすとコリコリ、ガリガリといった音が出るようになるでしょう。

初期~中期を過ぎて末期になると、軟骨がさらにすり減って関節の土台の骨である軟骨下骨(なんこつかこつ)が露出したり、骨棘(こつきょく)とよばれる骨が変形するようになります。骨の変形が相当進んできますので、外見的にも関節の変形が目立ってくるでしょう。硬い骨同士が直接ぶつかり合うため強い痛みを感じます。曲げ伸ばしの制限もひどくなるため、日常生活において大きな障害となるでしょう。 仕事はもちろん、買いものや旅行なども思うようにできなくなるため大きなストレスがたまり、『うつ病』にかかりやすくなります。また、外に出なくなることで脳への刺激が減り、認知症の症状が現れてくる人もいるようです。

変形性膝関節症は適切な治療を受ければ症状の進行を遅らせられます。若いころのように自由な動きはできませんが、普通の日常生活を送ることができるはずです。膝の痛みに気が付いたら、早めに病院へ行ってくださいね。

1-2.変形性膝関節症の兆候

どのような症状が出たら変形性膝関節症と疑うべきなのでしょうか。

1番早く現れる症状は、膝がこわばるような軽い違和感です。膝に多少の痛みが出ることもありますが長続きはしません。しばらく休むと痛みがなくなるのが特徴です。

サインを見逃さず、病院へ行くようにしましょう。