禁煙で便秘になったときの解消方法

禁煙したら便秘になるって本当? 禁煙で便秘になったときの解消方法!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

禁煙を始めた人の多くが直面する問題……それが『便秘』です。特に女性の喫煙者に多いといわれています。女性はもともと便秘になりやすいものですから、禁煙による便秘は非常に困っていることでしょう。

そこで、今回は禁煙時の便秘対策を中心にご紹介していきたいと思います。ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

目次

  1. 禁煙すると便秘になるって本当?
  2. 排便機能が正常化されるまでにはどれくらいかかる?
  3. 禁煙中の便秘対策
  4. 便秘に効果がある食材

1.禁煙すると便秘になるって本当?

便秘に関するデマは多く存在します。

たとえば日本人は欧米人に比べて腸が長いので便秘になりやすい、と昔からいわれてきました。しかし、実はこの説は20年も前にアメリカ国立衛生研究所の研究により『大差がない』という結果が出ています。つまり、あまり信ぴょう性がないということですね。

では、禁煙すると便秘になるというのはどうなのでしょう。タバコと便秘は一見関係がなさそうに思えます。やはりデマなのでしょうか。

いいえ、違います。禁煙と便秘にはしっかりとした関連性があるのです。

1-1.ニコチンが血管を収縮させる

タバコというと真っ先に思い浮かぶのは『ニコチン』でしょう。人によってはタバコが吸いたくなることをニコチン不足などと表現することもありますよね。実はこのニコチンが便秘の大きな原因になるといわれているのです。

ニコチンには血管を収縮させる作用があります。胃腸に張り巡らされた毛細血管が収縮すると、排便しようという働きが生じてしまうのです。

これだけ聞くと、ニコチンはむしろ便秘に良いように思われるでしょう。実際、タバコを吸うことで便秘を解消する効果はあります。しかし、それはあくまで一時的なものに過ぎません。

ニコチンは体に蓄積されると内臓機能の低下を引き起こします。そのため、短期的には便秘に効いても長期的に見ると良いことはありません。

1-2.ニコチンが脳を狂わす

喫煙の習慣のない人はアセチルコリンという神経伝達物質が脳内で発生し、その物質によって便意を促します。しかし、ニコチンはアセチルコリンよりの排便作用の強い物質です。そのため、日常的にニコチンを摂取しているとアセチルコリンの役割を奪ってしまい、やがて体がアセチルコリンに反応しなくなってしまいます。

その状態で禁煙をしたらどうなるでしょうか。当然ニコチンが体内に入らなくなったためうまく排便ができず、結果として便秘になってしまうのです。

12