膝裏の痛みの原因は

【保存版】膝裏の痛みの原因は? 症状を和らげるストレッチ方法 3選

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝裏の痛みにお悩みではありませんか? 膝痛に悩んでいる人は、膝の裏に痛みを感じることも多いようです。膝裏の痛みは膝と違って悪化することは少ないのが特徴。しかし、重大な病気が隠れている可能性も否定できないでしょう。

  • 数日前から膝裏に痛みを感じる
  • 膝裏の痛みは何が原因か
  • どうすれば痛みを改善できるのか

そんな人たちのために、膝の裏が痛む原因や解消するためのストレッチ、考えられる病気についてまとめてみたいと思います。

  1. 膝裏が痛くなる主な原因
  2. 膝裏の痛みを解消するストレッチ
  3. 膝の裏側が痛む場合に考えられる病気

1.膝裏が痛くなる主な原因

膝の裏側が痛くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか? 考えられる主な原因をいくつかご紹介します。

1-1.筋肉の疲労

筋肉の疲労が原因で膝裏が痛くなる場合があります。特に「ダイエットや運動不足が気になってランニングやウォーキングを始めた」という人の中に、膝裏の痛みを訴える人が多いようです。膝周辺の筋肉や筋を痛めている可能性もあるでしょう。

「運動を始めたばかり」という人はもちろん、「ランニングの習慣がある」というように長期間運動を続けている人は、膝を使わないようにしてあげてください。安静にしていても痛みが改善されないようなら、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

1-2.リンパの流れが悪い

リンパの流れが悪くなっていると、膝裏が痛むことがあります。冷えなどが原因で血行不良が起こり、リンパの流れが滞っているのでしょう。膝の裏側は通常であればスッキリしており、膝を少し曲げると指が入るくらいです。もし膝裏にふくらみを感じて指が入らないようなら、リンパが滞っている可能性が高いでしょう。

痛みとともにふくらみがあるようなら、リンパの流れをよくする方法を考えてみてください。リンパマッサージは滞っていた老廃物や脂肪を押し流す効果があるため、足やせ効果も期待できるでしょう。ただし、間違ったマッサージをしないと膝裏の痛みが悪化してしまいます。正しいマッサージ方法を知り、実践してみましょう。

1-3.後十字じん帯の損傷

スポーツ中に人との接触事故を起こしたのが原因で後ろ十字じん帯を損傷すると、膝の裏に痛みを感じます。膝の前方から衝撃を受けると、膝が伸びて裏側が痛くなってしまうのです。急な方向転換やジャンプの着地時にも同様の症状が現れやすいため、新体操やフィギュアスケートなどのスポーツをする人は、十分に注意が必要でしょう。もし膝裏に違和感があるようなら、膝がさらに伸びてしまわないようにテーピングで膝裏を固定してください。

1-4.変形性膝関節症

変形性膝関節症が原因で膝裏に痛みが起こっている場合もあります。変形性膝関節症とは、膝関節の中にある軟骨が年齢とともに磨耗することにより生じる障害のことです。軟骨は関節の動きを円滑にする役割をしているため、立ち上がったりしゃがみ込んだりした時に、膝の裏に痛みが起こることがあります。

12