咀嚼と便秘の関係

咀嚼(そしゃく)回数と便秘は深い関係がある!?便秘解消をするためのコツとは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘になりやすい人は、かむ回数が極端に少ない傾向があります。
1口でかむ回数のことを“咀嚼(そしゃく)回数”とも呼びますが、咀嚼(そしゃく)回数を増やせば便秘が解消できるとも言われているのです。
咀嚼(そしゃく)回収と便秘の関係性について説明しましょう。
また、咀嚼(そしゃく)回数を増やすメリットや回数の目安についても説明します。
便秘で悩んでいる人、ご飯を食べるのが早い人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 咀嚼(そしゃく)回数と便秘の関係
  2. 咀嚼(そしゃく)回数を増やすことのメリット
  3. 咀嚼(そしゃく)回数の目安
  4. まとめ

1.咀嚼(そしゃく)回数と便秘の関係

食べ物をかむ回数が、なぜ便秘と関係があるのでしょうか。
関係ないと思ってしまう「咀嚼(そしゃく)回数」と「便秘」ですが、実は深いところでつながっていたのです。どのような関係性になっているのか、詳しく説明しましょう。

1-1.咀嚼(そしゃく)回数が多いほど消化活動が活性化する

老廃物や毒素が排出せずに蓄積することで起きる「便秘」は、非常にやっかいなものです。
できるだけ早めに便秘を解消しなければ、体が重くなり、不健康な状態になってしまいます。
しかし、咀嚼(そしゃく)回数を増やせば、消化活動が活性化し、少しでも便秘が解消できるでしょう。
よくかんで食べると消化活動が活性化します。唾液の分泌を促進する力があるのです。
そのため、胃や腸に入っている食べ物をスムーズにそとへ排出できるでしょう。
唾液の量が増えるほど食べ物が分解しやすくなることを覚えておいてくださいね。
咀嚼(そしゃく)回数を増やすことで、次第に便秘も解消できるでしょう。

1-2.ぜん動運動が高まる

咀嚼(そしゃく)回数が増えるほど、消化時間が短縮できることをご存じでしょうか?
よくかんで食べない人は、胃や腸に入る食べ物が大きくなってしまいます。
食べ物が大きければ大きいほど、消化時間も長くかかってしまうでしょう。それだけ、早くそとへ排出できなくなってしまうのです。
しかし、よくかんで食べると、消化時間が短縮できます。
体内に入ったものはすぐ消化され、スムーズにそとへ排出できるのです。
よって、便秘になる心配もありません。
体内にものがある状態が短くなるので、便秘になりにくい体質に改善できるでしょう。
また、便を押し出すために必要な「ぜん動運動」の活動も高まります。
しっかりとよくかんで食べることを習慣づけることが大切です。

1-3.胃腸にきちんと“水分”が届く

便秘状態になっている人の胃腸には、“水分”がほとんどない状態になっています。
水分がないと便もスムーズに排出できません。
咀嚼(そしゃく)回数が増えると、食べ物が細かくかみくだくことができると同時に、水分をよく含んだ状態になります。
食べ物の中にかんで出てきた唾液が加わり、胃腸で消化するのです。
水分をよく含んだ状態は、胃腸にたまっている老廃物や毒素をスムーズに排出してくれるでしょう。
引っかかることもなく、そとへと排出できるので便秘に困ることもありません。
このように、咀嚼(そしゃく)回数と便秘は深いつながりを持っているのです。
消化活動が活性化する、ぜん動運動が高まる、水分が多く含まれることを、必ず知っておいてくださいね。
便秘を解消するには、咀嚼(そしゃく)回数を増やすように心がけてみてはいかがでしょうか。

12