便秘になる食べ物と飲み物

便秘になる食べ物と飲み物を一挙公開!食生活を改善して便秘を解消するコツ

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

女性に多いと言われている便秘。毎日の食生活が便秘に大きく関係していることはご存じですよね? いくら便秘にならないように気をつけていても、便秘になりやすい食べ物を食べていては意味がありません。あなたも、知らず知らずのうちに便秘になりやすいものを食べ続けてしまっている可能性があるでしょう。

  • 頑固な便秘に悩んでいる
  • 食生活で便秘を改善したい
  • 便秘になりやすい飲食物を知りたい

そんな人たちのために、便秘になりやすい食べ物や飲み物、毎日の便秘解消法にはどのようなものがあるかご紹介します。

目次

  1. 便秘になる食べ物
  2. 便秘になる飲み物
  3. 便秘解消のための生活習慣とは
  4. まとめ

1.便秘になる食べ物

便秘になりやすい食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか? その理由とともにご紹介します。

1-1.肉類

肉類を食べ過ぎると便秘になりやすくなります。肉と言えば「脂肪」を思い浮かべる人が多いと思いますが、便秘の原因になるのは脂肪ではなく「タンパク質」なのです。肉類には豊富なタンパク質が含まれています。タンパク質は、筋肉の増強に欠かすことのできない栄養素です。

しかし、腸内の悪玉菌を増やす作用もあるということをご存じでしたか? 悪玉菌が増えると腸内の環境は悪くなり、便秘になります。だからと言って、極端に肉を抜いてしまうのは逆効果。肉に含まれる脂肪分は便をやわらかくしてくれるのです。大切なのは、バランスよく食べること。量に気をつけながら、野菜もバランスよく食べるようにしましょう。

1-2.体を冷やす食べ物

夏場はアイスクリームなどの冷たいものを食べ過ぎる傾向にあります。そのほかにも、そうめんや冷やし中華など、食事もつい冷たいものに頼ってしまいがちですよね。確かに冷たい食べ物は、一時的に暑さをしのぐには最適。しかし、食べ過ぎると便秘を誘発してしまうのです。冷たいものを食べ過ぎると、体が冷えて体温が下がります。体温が下がると、血管が詰まり、血流が悪くなるのです。

その結果、臓器に栄養が届きにくくなり、臓器の働きが悪くなります。腸も同じこと。体が冷えると腸の運動が弱まり、便を押し出すことができなくなってしまうのです。腸の機能を低下しないためには、冷たい食べ物と一緒に温かい食べ物を食べる必要があります。体の冷えを抑えることができるため、ぜひ試してみてください。

12