便秘体質の原因を改善する方法

誰にでも無理なくできる! 便秘体質を改善する3つの方法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

多くの女性を悩んでいる「便秘」。身近な症状ですが、案外厄介なものでもあります。ずっと症状が改善せず「何年も悩み続けている」という女性も少なくないでしょう。今回は、長年の慢性便秘に悩んでいる女性のために「便秘体質」の原因と改善法をご紹介しましょう。

  1. 便秘になるメカニズム
  2. 便秘体質を作り出す原因
  3. 便秘体質を改善する3つの方法

1.便秘になるメカニズム

便秘の原因と直し方について触れていく前に、そもそも便秘とは何か、どんな人がなりやすいのかといった基本的な部分を学んでいきましょう。便秘について知ることで、改善法も自然と見えてくるものです。

1-1.便秘とは、正常な排便ができないこと

実は、便秘の定義は明確に決まっているわけではありません。なぜなら、排便の頻度などは人によってさまざまだからです。強いていえば、正常な排便ができない状態が便秘だといえるでしょう。

1-2.本人が満足できる排便かどうかが重要

たとえば、排便回数について考えてみましょう。1日に1回程度が一般的とされていいますが、健康な人でも2日に1回しか排便しない人は少なくありません。逆に、1日に何回も排便しているにもかかわらず至って健康、という人もまれにいます。

続いて、排便の質について考えてみましょう。排泄しようとしてもなかなか便が出てこない、排泄が終わった後も残便感が残っている、というときは、正常な排便というのは無理があります。しかし、2日に1回しか便が出ない人が1日におきにトイレに行ったとしても、やはり便は出ないでしょう。このことからも「排便の質だけで正常な排便を定義することはでききない」ということがわかります。

また、もっとシンプルに、便自体の状態を見て判断することも可能です。下痢のように水様の便や、逆に通常より硬すぎる便が出てくるなら、正常な排便とはいえません。

以上のようなことを合わせて考えると、正常な排便とは「本人が満足できる排便かどうか」で決まるということができます。たとえば、通常、1日に1回排便する人が、朝トイレに行って、いつもと同じ正常な便を気持ちよく出せるかどうか、ということです。もし、問題なくいつもどおりの排便ができるなら正常、便意がなかったり、いつもどおり気持ちよく排便できなかったりするようなら「便秘」だと考えていいでしょう。

1-3.便秘になりやすい「便秘体質」とは?

便秘には、なりやすい人となりにくい人がいます。慢性的に便秘になりやすい人は、便秘になりやすい体質、つまり「便秘体質」に陥っていると考えてください。

たとえば、男性よりも女性のほうが便秘になりやすいといわれています。子宮などの臓器が体内にあるため、内蔵の構造が複雑なことが理由です。ほかにも、遺伝によって腸が長い人や、肥満体型の人などは便秘になりやすいといわれています。複数の条件に当てはまった方は、より便秘になりやすい体質だと考えられるので注意してください。

12