デスクワーカーの便秘

便秘とデスクワークに関係はあるの?注意しておきたいデスクワーカーの便秘

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ほとんど毎日デスクワークをしている人は必見です。
デスクワークをしている人ほど、便秘になりやすい傾向があります。
なぜ、デスクワークは便秘になりやすいのでしょうか。
便秘とデスクワークの関係やデスクワークで便秘になる理由、デスクワーカー向けの便秘対策について説明します。
デスクワークの人は、特に注意しなければなりません。
便秘から抜け出すために、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 便秘とデスクワークの関係
  2. デスクワークで便秘になる理由
  3. デスクワーカー向けの便秘対策
  4. まとめ

1.便秘とデスクワークの関係

デスクワークをしている人は、必見です。
便秘とデスクワークの関係について説明します。
デスクワークによる便秘を解消するためにも、関係を知っておかなければなりません。
基礎知識を身につけておけば、適切な対策もできるでしょう。

1-1.便を排出するための「ぜん動運動」

便秘になっている人は、腸のぜん動運動が弱くなっています。
人は、1日に150g~200gの便を排出しなければなりません。
普通が150g~200gですから、便秘になっている人は大変です。体の中にたくさんの老廃物や毒素がたまっている状態になっています。
ぜん動運動が弱まっているせいで、排出できずにいるのです。
ぜん動運動が弱まっている理由は、筋肉の衰えや新陳代謝の低下になります。
デスクワークは、ずっと同じ姿勢を維持しているでしょう。
同じ姿勢が長時間続くことで、筋肉が固まってしまうのです。
ぜん動運動が弱くなる「筋肉の衰え」「新陳代謝の低下」を促してしまっています。

1-2.夏のエアコンにも大きな影響がある

デスクワークをしている人は、長時間同じ姿勢はもちろん、部屋の中にい続けますよね。
オフィス内でずっと作業をすることになるでしょう。
実は、室内にあるエアコンにも深い関係があります。
常にエアコンが効いている室内にい続けると、体が冷えてしまうのです。
結果、血行不良となり、便が排出できなくなってしまいます。
特に、夏場はエアコンに注意しておかなければなりません。
適度に休憩を取り、エアコンが効いている部屋から退出しましょう。
冷えた体は、自律神経にも悪影響をおよぼします。
自律神経が乱れることで、体が常に緊張している状態になるのです。
緊張状態が続けば続くほど、便が排出できなくなってしまいます。

1-3.職業病とも言える便秘

デスクワークと便秘は、密接につながっていることがわかりました。
便秘は、職業病とも言えるでしょう。
デスクワークをしているときに肩が凝ってきたら、休憩をする必要があります。
じっと座りっぱなしになるデスクワークだからこそ、気分転換が必要です。
デスクワークはもちろんのこと、仕事のストレスが原因になっている可能性もあります。
体を動かす機会が少ないと、ストレスもなかなか解消できません。
過剰なストレスが負担になっている場合は、自分でストレス解消になる方法を見つけてください。ストレスをためこまずに、自分に合った方法で解消していきましょう。

12