水分不足が便秘を招く

水分不足が便秘を招く!? 水分が便通に与える影響とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘の原因はいろいろあります。
しかし、その中でも便秘の原因になっていると気付きにくいのが、水分不足。
水分を意識的に取っただけで、便秘が解消した例もあります。
そこで、今回は水分不足による便秘について色々とご説明しましょう。
水分不足による便通への影響は、皆様が思っている以上に深刻なのです。
また、便秘が解消しやすい水分の取り方もご紹介しましょう。
便秘を解消する方法が知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 水分不足による便通への影響とは?
  2. 知らない間に水分不足になっているかも!?
  3. 便秘解消に効果的な水の飲み方とは?
  4. おわりに

1.水分不足による便通への影響とは?

まず始めに、水分不足になると便秘になる原因をご説明します。
便と水分にはどのような関係があるのでしょうか?

1-1.生きていくには、たくさんの水分が必要

人体の80%は水分でできています。
ですから、人が生きていくためにはたくさんの水分が必要なのです。
水分を摂取するには「水などを飲む」というイメージが強いですが、食べ物からも水分を摂取しています。
口から入った食べ物の水分は80%が小腸で吸収され、残りの20%が大腸で吸収されるのです。
つまり、便には食べ物に入っていたごくわずかな水分が、吸収されずに残っています。
ですから、水分をたくさん取ると便にも水分が多くなるでしょう。
逆に、水分が少ないと体は食べ物から極限まで水分をしぼり取ります。
なので、便に含まれる水分量が少なくなり、便が固くなるのです。
固くなった便は当然排出されにくくなり、便秘になりやすくなるでしょう。
また、便秘になると便に含まれている水分が蒸発してますます便が固くなる、という悪循環におちいります。

1-2.水分不足は便のかさを減らす

どんなものでも、乾燥すると体積が減ります。
生のフルーツとドライフルーツを比べてみれば、よくわかるでしょう。
便が排出されるためには、たまった便が腸壁を刺激してぜん動運動を起こす必要があります。
しかし、便が少なすぎるとぜん動運動が起こりにくくなるのです。
これが、ダイエットをして食事量が減ると便秘になる理由でもあります。
また、便には消化しきれなかった食べ物のカスが大量に含まれているのです。
その代表が食物繊維。
食物繊維の中でも不溶性のものは、水分を吸って膨らむという性質があります。
ですから、水分を適度に取っていると便の中の食物繊維が膨らんで、便秘が解消しやすくなるのです。

12