子どもが成長痛と診断された

子どもが成長痛と診断されたら? 膝の痛みを和らげる対処法とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

何の異常もないのに、子どもが膝やかかとの痛みを訴えることがあります。このような場合、「成長痛」という診断が下ることもあるでしょう。成長痛は、時間がたつにつれて自然と治まる場合が多いです。しかし、子どもが痛がれば親は不安になるでしょう。

そこで、今回は膝を中心とした成長痛の対処法をご紹介します。対処の仕方がわかっていれば、安心でしょう。しかし、子どもの足の痛みを「成長痛」と安易に決めつけてはいけない場合もあるのです。興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 成長痛って何?
  2. 足の痛みを成長痛と決めつけるのは危険?
  3. 成長痛への対処法とは?
  4. 思春期の体の痛みは成長痛ではない?
  5. おわりに

1.成長痛って何?

成長痛とは、3歳~10歳までの子どもに発症しやすい原因不明の足の痛みのことです。多くは夕方に発症し、長い場合は1時間近く痛むこともあります。しかし、膝やかかとなどの痛がる部分にはれなどはなく、痛みが治まればケロッとしていることが多いため親の中には、「いったい何なのだ」と不安がる方も多いでしょう。

ところで、成長痛というと成長期で骨や関節が伸びるために、痛みが出ると思っている方もいると思います。しかし、医学的には「このような症状が出たから、成長痛である」という定義はありません。「子どもは一定時間ひどく痛がるけれど、骨や関節に何の異常がない」という症状に対して診断されるものなのです。ですから、たとえ身長の伸びがそれほどでなくても、成長痛が発生することがあります。また、身長が大きく伸びる時期にはすでに成長痛はほとんど発生しなのです。

12