胃腸の改善方法

胃腸が弱いってどういうこと? 改善方法はどうすればいいの?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

胃腸が弱くてちょっと食べすぎただけでも不快感がある、という方は珍しくありません。
胃腸が弱いと体のいたるところで不具合が起こります。
実は便秘も、胃腸が弱い方がなりやすいのです。
そこで、今回は胃腸の弱さを改善する方法をご紹介します。
体質だから仕方がないと思っている方も多いでしょうが、胃腸の弱さは改善できる場合もあるのです。
少し食生活や生活習慣を変えるだけでも、胃腸は強くなります。
弱い胃腸に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 胃腸が弱いとはどういうことか?
  2. 胃腸を弱らす習慣とは?
  3. 胃腸の働きを向上させるには?
  4. おわりに

1.胃腸が弱いとはどういうことか?

胃腸が弱い人というと、しょっちゅうおなかを下してトイレに駆けこんでいるというイメージがあります。
もちろんそれも胃腸が弱い人に起こりがちな症状のひとつです。
しかし、胃腸が弱ったときの症状はそれだけではありません。
腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)や食欲不振、胃痛や胸焼けも胃腸が弱ったときのサインです。
また、便秘も胃腸が弱った証拠でしょう。
つまり、「おなかが苦しくて、食欲がないなあ」と思ったら、胃腸が弱っていると考えてください。
胃腸の強さには個人差があります。
何を食べてもどんな状況でも胃腸に不快感を覚えない人も入れば、ちょっと環境が変わっただけで調子が悪くなる人もいるでしょう。
胃腸の強さには遺伝もありますが、生活習慣の結果胃腸が弱ってしまった場合もあるのです。

12