便秘から考えられる7つの病気

ご紹介します! 便秘から考えられる7つの病気とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

何日も、何週間も便が出ない。
こんなつらい便秘に悩まされている人は多いですよね。あなたはいかがですか?
便秘の主な原因は胃や腸の働きが低下していることです。
しかしながら、便秘が伴う病気もたくさんあるので注意しましょう。「ただの便秘だと思っていたけど実は病気の始まりだった」ということもあり得る話なのです。
「自分の便秘はもしかしたら何かの病気が原因なのでは?」と心配になっていませんか?
もしそうなら、便秘から考えられる病気について知りたいと思いますよね。
そこで本日は、便秘から考えられる病気を7つご紹介致します。心当たりの症状があるならなるべく早く検査と治療を受けてくださいね。


腸の神経に異常がある場合

その1:過敏性腸症候群

過敏性腸症候群になると、腸に異常が見られなくても便秘が続くようになります。

便秘・腹痛・腹部の不快感が長く続く場合は過敏性腸症候群を疑ってください。頭痛や疲労感、不安感、集中力が無くなる等の症状も過敏性腸症候群の特徴ですよ。

その2:自律神経失調症

自律神経失調症。この病気も便秘になる原因になります。

自律神経失調症はストレスや生活習慣の乱れによって引き起こされる病気です。

常に便秘状態になることに加えて、食欲の低下・手足の冷え・不眠・めまい・息切れなどが起きることもありますよ。

12