【保存版】膝に水がたまる関節水腫の原因は? 治療方法や予防のポイントを解説

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝に痛みが起こる原因として、関節水腫という病気があげられます。いわゆる、膝に水がたまった状態のことです。年をとってから膝に水がたまりやすくなった、という人は少なくありません。では、なぜ膝に水がたまりやすくなるのでしょうか?

今回は、膝に水がたまる原因とその対処法についてご紹介しましょう。膝に水がたまっても気づかないケース、若い人でも膝に水がたまるケースもあります。年をとって膝に違和感を覚えることが多くなったという方、膝に痛みを感じるようになったという方は、ぜひこの記事参考にしてください。

  1. 膝に水がたまるのはなぜ?
  2. 水腫が起こると膝はどうなるの?
  3. 膝に水がたまる原因は?
  4. 膝に水がたまった場合の治療法
  5. 膝に水がたまるのを予防するには?
  6. おわりに

1.膝に水がたまるのはなぜ?

膝は、私たちの体にある関節の中で最もよく動かす関節のひとつです。ですから、関節が滑らかに動くようにいろいろな仕組みがあります。そのひとつが「関節包」です。

これは、関節を包んでいる袋のことで、中に滑液とよばれる液が少量入っています。この滑液は関節をスムーズに動かすとともに、関節が滑らかに動くようにクッションの役割を果たしている軟骨の栄養源になっているのです。しかし、何らかの原因で関節が炎症を起こすとそれを抑えようと、この滑液が余計に分泌されます。

また、軟骨などがぶつかり合ってでたかけらが滑液に混じると、異物と察知して洗い流すために過剰に滑液が増えることもあるのです。膝に水がたまった状態を「水腫」と言います。どんな原因であっても、膝に水がたまると「水腫」と診断されるのです。

2.水腫が起こると膝はどうなるの?

膝に水がたまりだすと、関節内部の圧力が高まり関節が不安定になります。また、滑液に圧迫されて血流が悪くなり、膝の曲げ伸ばしをするたびに痛みがはしるようになるでしょう。膝を動かさなくなると、筋肉が衰えたり血流がさらに悪くなったりします。すると、ますます関節が不安定になり、軟骨が破壊されたり炎症が起きたりするのです。それを察知して滑液がますます増えるという悪循環になる可能性もあります。

膝が腫れてきたという場合は、片方の手で膝の上部をお皿の方向に沿って押さえ、お皿の上を軽く押してみましょう。異物感があったり、ぶよぶよとした感触を得たりした場合は水がたまっている可能性が高いです。

しかし、これはあくまでも素人判断にすぎません。膝が腫れて痛みを感じ、歩行困難になった場合はすぐに整形外科を受診しましょう。放っておくとより状態が悪化して、治療が長引くこともあります。

3.膝に水がたまる原因とは?

では、なぜ膝に水がたまるのでしょうか? この項では、膝に水がたまる理由の一例をご紹介していきます。

3-1.加齢による関節の炎症

年をとるほど、関節が劣化してクッションの役割を果たす軟骨もすり減っていきます。そこで、骨と骨同士がぶつかりやすくなって炎症も起こりやすくなるのです。また、軟骨が破壊されるときに、その破片が膝の関節の中に飛び散った場合にも炎症がひどくなることがあります。

3-2.関節の病気

リウマチや変形性膝関節症など関節がいたんでいく病気にかかると、関節が炎症を起こしやすくなり膝に水がたまります。病気が原因の場合は関節の治療を行っても、すぐに炎症が再発してしまうでしょう。ですから、病気そのものの治療をしつつ、関節の炎症をしずめる治療をしていく必要があります。

3-3.運動中のけがや事故

どのような運動でも、膝は使います。特に、走るスポーツは膝を酷使するでしょう。子どものころから厳しい練習をしていると、膝の故障が多くなります。また、事故でけがをしても関節が破壊されて水がたまりやすくなるのです。このような場合は、膝を酷使することをまずやめてください。無理をすると関節が一生元に戻らなくなります。

かつて、野球をしすぎて肘を痛めてしまうことを、「野球肘」と言いましたが、今は、サッカーの練習をしすぎて膝を痛める子どもも増え、「サッカー膝」という症状があるそうです。また、けがをしている場合は膝に水ではなく血がたまる可能性もあります。

3-4.膝の使いすぎ

長時間の立仕事や歩き仕事などをしていると、若くても膝に水がたまる場合があります。このような場合は、膝をしばらく休ませることが第一です。「若いから」と言って無理をすると、関節が弱くなって将来歩けなくなる可能性が高くなります。

4.膝に水がたまった場合の治療法とは?

では、膝に水がたまった場合、どのような治療法があるのでしょうか? この項では、膝に水がたまった場合の治療方法をご説明していきます。

4-1.まずは水を抜くことが大切

膝に水がたまっているかもと思ったら、まずは整形外科を受診しましょう。触診したりレントゲンと取ったりすれば、膝に水がたまっているかどうかはすぐに分かります。膝に水がたまっている場合、多くの医師が「まずは水を抜きましょう」と注射器などを使って水を抜いてくれるでしょう。膝の水が抜けると圧迫されていた血流が元に戻り、関節も動かしやすくなります。今までの痛みが、うそのように消える人もいるでしょう。しかし、あくまでも一時的なものです。膝に水がたまらないように根本的な治療をしなければ、また水がたまってくるでしょう。

4-2.投薬による治療

膝の痛みをやわらげ、関節を再生する薬を服薬したり塗ったりすることで、膝に水がたまりにくくするのも治療法のひとつです。痛風やリウマチの場合も投薬は重要でしょう。また、健康食品にも含まれている「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を膝に注射する方法もあります。どの薬が体に合うかやってみなければ分からないこともあるため、薬が何度かわることもあるでしょう。また、治療が長期間になることもあります。

4-3.手術

リウマチなどで関節が変形したり、変形膝関節症がひどくなったりした場合は人工関節を入れたほうが、有効な場合があります。投薬治療を続けてみて高価が見られないようでしたら、医師から手術を勧められることもあるでしょう。命に別状がある手術ではありませんが、手術後はリハビリのために1か月ほどの入院が必要になります。手術をする場合は医師とよく相談して日程を組みましょう。また、手術で不安なことがあった場合は、遠慮なく医師に説明を求めてください。丁寧に説明してくれるはずです。

5.膝に水がたまるのを予防するには?

膝に水がたまるのを予防するにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか? 関節水症を未然に防ぐためのポイントを紹介します。

5-1.適度な運動を心がける

膝に水がたまるのを防ぐには適度な運動が効果的です。ただし、膝に負担のかかるような激しい運動は避けてください。ウォーキングやサイクリングなど、無理なく続けられるものがよいでしょう。特に、おすすめはプールの中を歩く「水中ウォーキング」です。

5-2.ストレッチを習慣化する

ストレッチも膝への負担を和らげる効果があるためおすすめです。ストレッチの際、力まかせにグイグイと伸ばすのは逆効果なので気をつけてください。ゆっくりとじんわり伸ばすことを心がけましょう。万一、ストレッチで痛みを感じた場合には無理に続けようとせず、すぐに注意してください。

5-3.サプリメントで必要な栄養素を取る

膝に痛みを感じる原因として、膝軟骨がすり減ってしまうことがあげられます。この膝軟骨を補うのに効果的なのが、サプリメントです。ただし、巷で販売されているサプリメントの中には、効果が疑わしいものも少なくありません。膝痛予防のサプリとして、グルコサミンやコンドロイチンなどが有名ですが、実はこれらの成分は体内で分解されてしまい、膝軟骨を補うための働きができていないのです。

そこでおすすめなのが、UC-Ⅱを配合したサプリメントです。UC-Ⅱとは、鶏軟骨を原材料とした非変性2型コラーゲンで、体内に入っても分解されないという特徴があります。グルコサミンやコンドロイチンなどと違い、そのまま体に取り込むことができるため、膝の痛みを予防したいという方にはピッタリです。

当社でもUC-Ⅱを配合したサプリメント「楽らく歩」を扱っています。詳細はこちらのページをご覧ください。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は膝に水がたまる原因とその対策をご紹介しました。
まとめると

  • 膝に水がたまるのは、関節が炎症を起こしているせい
  • 年をとると膝に炎症が起きやすくなるが若いから炎症をしないとは限らない
  • けがをしても膝に水がたまる
  • まずは膝の水を抜いて、関節の炎症を抑える治療をすることが大切

ということです。前述したように、膝にたまっている水を抜くと、とたんに楽になることが多いでしょう。ですから、また元のように動くために「とりあえず膝の水だけ抜いてください」という人もいます。しかし、関節の炎症を抑えない限り、膝に水はたまり続けるのです。

特に、スポーツのしすぎで膝に水がたまっている場合は、炎症が収まるまで激しい動きは控えたほうがよいでしょう。また、高齢者の場合は膝の負担が軽くなるようにサポーターをつけるのもおすすめです。また、一部で「膝の水は抜くとくせになる」という説が言われていますが、正確には、膝の水を抜いて無理をすると関節の炎症が再発してまた水がたまります。炎症を抑えることを第一に考えましょう。