ぐらつく膝の原因や対処法

ぐらつく膝の原因や対処法をご紹介! 膝のぐらつきに関係ある病気とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年をとるほど体にさまざまな不具合が起きるものです。
中高年からよくある悩みの1つが“膝のぐらつき”になるでしょう。
膝がぐらつくと思うように歩けません。階段ののぼりおりもスムーズにできなくなってしまいます。
安心した生活を送るためにも、膝がぐらつく原因を把握しましょう。
原因が判明すれば自然と対処法もわかりますよ。
膝がぐらつく原因と対処法、生活習慣で気をつけたいことについて説明しましょう。

目次

  1. 膝がぐらつく原因
  2. ぐらつく膝の対処法
  3. 生活習慣で気をつけたいこと
  4. まとめ

1.膝がぐらつく原因

不安定な状態の膝が続くと生活に支障が出てしまいます。
安心して生活するためにも膝がぐらつく原因を把握しておきましょう。
一体自分は何が原因なのか、チェックしてくださいね。

1‐1.ほとんどの原因は「筋力低下」

膝がぐらつく原因は人によってさまざまですが、主な原因は「筋力低下」になります。年をとるほど運動不足になるでしょう。
運動不足は筋力低下に大きくつながります。
膝は上半身の重みを支えている大切な部分です。運動不足や加齢による筋力低下は、膝の支えを失ってしまいます。
そのため、歩くたびに膝がぐらついてしまうのです。
膝の筋力が低下しても最初はまわりにある筋肉が不安定な膝を補っていました。
しかし、周辺の筋肉も加齢と同時に衰えてくるのです。
よって、膝のぐらつきがハッキリと現れ始めます。
普段から運動も少しずつ取り入れることが大切です。

1‐2.交通事故やスポーツなど外部からの影響

膝がぐらつく原因は外的なものもあります。
昔、交通事故にあったときに受けた傷やスポーツによる損傷も膝のぐらつきに関係しているのです。
外部から加わった影響によって膝がダメージを受けます。痛みが出てくると同時に、膝へのぐらつきが現れるでしょう。
一定期間、安静にしておけば膝のぐらつきも自然と治まります。
しかし、安静にしていてもぐらつく場合は膝にあるじん帯が損傷している可能性があるので注意しなければなりません。
歩いている、走っているときに膝がぐらついてしまうのです。
外部から受けた損傷をそのままにしておくと非常に危険なので気をつけてください。
ダメージを受けた心当たりがある人が要チェックです。

1‐3.膝のぐらつきに関係している「病気」

膝の状態によっては「病気」になっている可能性もあります。
膝のぐらつきに関係している病気は以下のとおりです。

  • 半月板損傷(はんげつばんそんしょう)
  • じん帯損傷(じんたいそんしょう)
  • 関節水腫(かんせつすいしゅ)
  • 神経病性関節症(しんけいびょうせいかんせつしょう)
  • 膝蓋骨不安定症(しつがいこつふあんていしょう)

以上のような病気があがっています。
それぞれ筋力低下や軟骨のすり減り、スポーツや外的要因もあるので要注意です。
中には、神経障害や脊髄の病気、糖尿病が原因になっている病気もあります。
病気になっている場合は、適切な治療をしていかなければなりません。
膝の状態をしっかり確認して原因を突き止めましょう。

12