便秘になると出やすくなるオナラの対策

便秘になると出やすくなるオナラの対策とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は、多くの方が悩んでいる体調不良のひとつ。
特に、女性は「生まれてから一度も便秘になったことがない」という人の方が少ないのではないと思います。
便秘の弊害(へいがい)はいろいろありますが、オナラが頻繁に出て困っている人も少なくないでしょう。
そこで、今回は便秘になったときに出やすくなるオナラの対策をご紹介します。
たかがオナラ、と思うかもしれませんが時と場合によっては、出ると困る場面も多いでしょう。
また、オナラが出にくくなる方法もご説明します。
便秘になるとオナラが頻繁に出て困るという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 便秘になるとオナラが出やすくなる原因とは?
  2. オナラをがまんする弊害(へいがい)とは?
  3. 便秘のときのオナラ対策とは?
  4. 便秘が続いた場合は、まず解消しよう
  5. おわりに

1.便秘になるとオナラが出やすくなる原因とは?

オナラの原因は、7割が食事や呼吸の際に消化器官の方へ飲みこんだ空気。
2割が血中から出るガス。
そして1割が、腸内で発生するガスといわれています。
ちなみに飲みこんだガスが口から出ると「げっぷ」になるのです。
ですから、炭酸飲料やビールなど二酸化炭素が入ったものを飲むとげっぷが出やすくなるでしょう。
そして、便秘になると腸内環境が悪化して悪玉菌が増えます。
また、悪玉菌は繁殖するときに便を腐敗させるのです。
有機物が腐敗するときは、ガスが発生します。
ですから、便秘になると体内にガスが増えてオナラが出やすくなるのです。
また、便秘になるとオナラが臭くなるという方もいるでしょう。
これは、便の臭いです。
有機物が腐敗すると臭いが出ますね。
便秘が続くほど便の臭いは強くなるでしょう。
そこをオナラは通過して外に出てくるわけですから、オナラも臭くなるのです。

12