お酒を飲むと関節が痛くなる?

お酒を飲むと関節が痛くなる? アルコールによる影響と予防のポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お酒を飲んだ後に関節が痛くなることに心当たりはありませんか? アルコールを摂取することを原因とした関節痛には理由があります。お酒を飲むと数時間後に関節が痛むという方のために、アルコールと関節痛の原因と予防方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. お酒を飲むと関節が痛くなる?
  2. 痛風とアルコール
  3. 関節痛の原因物質を排出するには?
  4. まとめ

1.お酒を飲むと関節が痛くなる?

1-1.お酒と関節痛の関係とは?

お酒を飲むと関節が痛くなるという経験があっても、実際にお酒にと関節痛の関係についてあまりよく分からないという方がほとんどでしょう。そこで、お酒と関節痛の関係について詳しくご紹介します。

アルコールの分解と体内の水分バランス

人間の体には多くの水分を含んでおり、体内の水分量の変化によって関節通などの症状があらわれます。体内の水分量とお酒の関係は非常に強く、お酒の成分であるアルコールを分解する過程で大量の水分が消費してしまうことが関節痛の原因です。飲酒によって体内の水分バランスが変化することは関節痛の原因になることを覚えておきましょう。

1-2.水分バランスと体の不調

飲酒によって体内の水分バランスが崩れることは、関節痛以外にも体の不調となってあらわれます。

片頭痛

水分バランスの変化によって片頭痛を引き起こすことがあるのです。お酒をによる片頭痛は“アセトアルデヒド”による二日酔いと、水分バランスの乱れという二つの原因があります。

むくみ

飲酒によって体内の水分バランスが変化することによって“むくみ”などの症状があらわれることがあります。むくみの症状は人によって“下半身むくみ”“顔むくみ”など部位が異なるのが特徴です。お酒を飲んだ後に、関節痛に加えて“片頭痛”や“みくみ”などの症状があらわれた場合には、水体内の分バランスが乱れている証拠といえるでしょう。

1-3.飲酒後には水分バランスに注意しよう!

お酒を飲んだ後に関節痛、片頭痛、むくみなどの症状があらわれた場合には水分バランスの変化が原因の可能性があります。飲酒後には、水分バランスに気を使い、アルコールの分解によって失った水分を補給するようにしましょう。

2.痛風とアルコール

2-1.お酒を飲むと痛風になる?

お酒を飲むことによる関節痛のもう一つの原因は“痛風”です。痛風は食物に含有している“プリン体”が主な原因になります。関節痛の原因となるプリン体とはどのようなものなのでしょうか?

プリン体とは?

プリン体は主に食品に含有する“うまみ成分”です。通常の範囲で摂取したプリン体であれば、尿酸に分解して体外に排出します。プリン体を過剰に摂取して許容量を超えてしまうことはが痛風の原因です。穀物、豆類、野菜、肉類、魚介類など、ほとんどの食品がプリン体を含んでいます。プリン体を含む食品の中でも、肉魚介類に含まれるプリン体は痛風のリスクを高めるので注意しましょう。

また、肉や魚介類とは対照的に“野菜などの植物に含まれるプリン体は痛風のリスクを高めない”の穀物や豆類のプリン体にかんしてはあまり気にする必要はありません。

なぜ、お酒が痛風の原因になる?

穀物が原料のアルコール飲料は、プリン体に関してはあまり気にする必要はありません。ビールや日本酒などが痛風に影響を及ぼす原因は“アルコールの作用”にあるのです。アルコールには“尿酸値を上げる”という作用があります。尿酸値が上がることは、痛風の可能性を高めることにつながるのです。アルコールを日常的に摂取することは尿酸値を高め痛風のリスクを高めます。飲酒が日常習慣になっているという場合には痛風に注意が必要です。

2-2.痛風とは?

プリン体の過剰摂取によって関節痛の症状があらわれるのが痛風です。痛風はプリン体そのものが原因ではなく、プリン体を体内で分解した際に発生する尿酸が直接的な原因になります。プリン体を含む食品が非常に多いなかでお酒に注目が集まる理由は、アルコールが尿酸値を上げる作用を持っていることにあるのです。普段の食事で摂取したプリン体に加えて、飲酒によって尿酸が増えることが痛風の危険性を高めます。毎日の飲酒習慣があるという場合には、尿酸値と痛風に注意が必要です。

尿酸の結晶が関節痛の原因

痛風は尿酸が原因でおこる関節痛です。尿酸による関節痛の仕組みについて簡単にご紹介しましょう。飲酒や食事などによって血液中の尿酸値が高まることで、尿酸が結晶へと変化します。痛風の関節痛は、関節のなかで尿酸結晶がでてしまうことでおこる痛みなのです。

痛風の特徴は強い痛み

痛風の症状である関節の痛みは“我慢できないほどの痛み”という特徴があります。飲酒翌日などに我慢できないような痛みがあった場合には、痛風の可能性を疑うようにしましょう。

3.関節痛の原因物質を排出するには?

3-1.関節痛の原因物質とは?

お酒を飲むことでおきる関節痛の原因は、尿酸やアセトアルデヒドなどの原因物質が関節にたまってしまうことが原因です。原因物質を排出して体内の水分バランスを整えることが、効果的な関節痛の対処法になります。体内にある悪性物質を排出するためには“適度な運動”“摂生した食事”が大切です。運動や食事の改善でできない場合には、漢方やサプリメントなどの補助を受けるのも重要な対策ということを覚えておきましょう。

3-2.関節痛に効果のある漢方サプリメントとは?

痛風に効果的な生薬についてご紹介しましょう。

熊胆(ゆうたん)

熊の“胆のう”や“胆汁”が原料の生薬。胆石を溶解する成分を含んだ消化器系全般に作用する生薬です。

利尿作用のある生薬

マオウ、チョレイ、ブクリョウなど利用作用のある生薬は、痛風の原因である尿酸の排出を促します。利用作用のある生薬を服用した後には、水分補給をするように心がけましょう。

炎症に効果のある生薬

痛風は関節に炎症の症状があらわれます。炎症の効果のある生薬は“オウゴン”“カンゾウ”などです。生薬は複数の効果のものを処方した漢方薬として服用します。漢方薬の使用は漢方医に相談して服用を開始するようにしましょう。

まとめ

お酒を飲んだ後に関節が痛くなるというのには理由と原因があります。

飲酒後の関節痛の原因と対処法についてまとめてみましょう。

関節痛原因を見極める

  • 水分バランス乱れによる関節の痛み
  • 痛風による関節の痛み

お酒を飲んだ後に関節が痛むというのは上記のような原因による可能性があります。それぞれの特徴と解決法についてまとめてみましょう。

水分不足による関節痛

お酒を飲むことによって体内の水分バランスが崩れ、関節痛や片頭痛などを引き起こすことがあります。飲酒後の関節痛や頭痛を防ぐためには、飲酒後の水分補給が非常に大切です。

痛風による関節痛

日常習慣としてお酒を飲むという方の場合には、痛風による関節痛の可能性があります。痛風は、尿酸が関節のなかで結晶化することを原因とした関節痛です。プリン体を摂取することで痛風を発症するリスクが高まるので、肉や魚介類などは控えるようにしましょう。

痛風に効果のある生薬を使う

痛風は節制した生活が大切なのですが、生活を変化させるのはなかなか難しいことといえるでしょう。そこで、生薬や漢方薬の力を借りるというのも一つの方法です。