関節痛を改善しよう!冬に関節が痛くなる原因と対処法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると関節が痛くなるというのは多くの方が抱えている悩みです。

日常生活に影響のある関節の痛みは、正しく原因を知り対処することが大切になります。

冬場に関節痛があらわれる原因と対処法について詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. 冬に関節が痛くなる原因とは?
  2. 冬の関節痛対策
  3. 冬の関節痛を和らげる方法
  4. まとめ

1.冬に関節が痛くなる原因とは?

1-1.気温と血行による関節痛

冬の関節痛は、気温の低下が大きな要因になります。

気温と関節痛の関係について詳しくご紹介しましょう。

【気温低下による血行の悪化】

冬に関節が痛くなる原因は“血行の悪化”が主な原因です。

寒さによって血管が収縮すると血行が悪化します。

血行が悪化することで、関節などに血液が回りにくくなりと関節痛の症状があらわれるのです。

冬に関節が痛くなるというのは慢性関節痛の兆候でもあるので注意しましょう。

【寒さによる運動不足】

冬は寒いため体を動かす機会が減ってしまいます。

関節や運動不足によって、筋肉が硬化してしまうことも関節痛の原因になるのです。

冬は運動不足になりがちということを理解して、無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。

1-2.冬の関節痛には要注意

夏は痛みがないのに、冬になって関節が痛むというのは“加齢による軟骨のすり減り”の初期症状といえるでしょう。

冬の関節痛が重症化することでほかの季節でも関節痛がおこることもあります。

冬に関節が痛くなる症状は、軽く考えず原因を特定して早めに対策するように心がけましょう。

2.冬の関節痛対策

2-1.ひざ痛の対策方法

冬にひざが痛くなるというのは、関節の冷えによって筋肉や軟骨が硬くなることが原因になります。

寒さによってひざが痛むというのは“変形性関節症”の典型的な初期症状です。

【変形性関節症】

変形性関節症は、加齢によって関節軟骨が変性・摩耗することでおこる関節痛です。

関節の変形は軟骨の内部でおこるため、痛みなどの症状がなくても変形の症状が進んでいる可能性があります。

初期の変形関節症は、冬など特定の季節に症状があらわれることもあるので注意しましょう。

【変形性関節症の対策方法】

変形性関節症は関節に負担がかかることで発症する関節痛です。

X脚やO脚、肥満などが原因となってひざの関節が変形してしまうというのが主な原因になります。

変形関節症の対策はひざへの負担を軽減することに加えて、“ひざ用サポーター”などの補助具の使用やサプリメントで痛みを和らげるなどの方法が効果的です。

2-2.腰痛の対策方法

腰痛には多くの原因があるのですが、冬に痛くなるのは主に血流の悪化が原因です。

血流の悪化による腰痛は、腰が冷たくなる特徴がります。

血行が悪くなることによる腰痛は、同じ姿勢のままでいることで筋肉が硬直して血行を阻害してしまうことが原因です。

冬に腰痛になるというのは“温める”“運動によって筋肉をほぐす”という二つが効果的な対策になります。

3.冬の関節痛を和らげる方法

3-1.関節痛は温める?冷やす?

関節痛の対処法には“温める”“冷やす”という二つの対処法があります。

全く異なる対処法ですが、状況に合わせて適切に対処方法を選ぶことが大切です。

【関節を温める】

温めることで痛みが緩和するのは、血行の悪化による関節痛です。

関節を温めることで血管が拡張し痛みが緩和します。

筋肉量の低下や関節機能の低下などによって関節の血行が悪くなっている場合には、関節を温めるようにしましょう。

【関節を冷やす】

冷えによる関節の痛みは“温める”という対策が効果的なのですが、関節に炎症が起きている場合には逆効果になってしまう可能性があります。

関節が熱を持っている場合や、温めることで痛みが増す場合には関節を冷やしましょう。

【痛みが消える対処法を選ぶ】

関節痛の改善には、正しい対処法を選ぶことが大切です。

温めることで痛みがなくなる、冷やすことで痛みがなくなるなど、自分の感覚で痛みが消える対処法を選ぶようにしましょう。

3-2.適度な運動で関節痛を予防!

関節痛の症状があると体を動かすことが難しくなり、運動不足になってしまうのです。

運動不足によって筋力が低下してしまうと、関節が不安定になり関節痛の可能性が高まります。

関節痛に効果のある運動とはどのようなものなのでしょうか?

【関節に負担のかからない運動】

関節痛の症状がある際には激しい運動などは控える必要があります。

“関節に負担のかからない程度の運動”を心がけるようにしましょう。

  • 水中運動

関節痛でも行える運動として注目なのがアクアビクスやアクアサイズなどの水中運動です。

水には浮力があるため、関節に負担をかけることなく筋肉を鍛えることができます。

  • 水中歩行

水中運動ではインストラクターの指導が必要になりますが、水中歩行は専門的な指導が必要のない運動です。

水中を歩くだけでも十分に関節周りの筋肉を鍛えることができます。

水中の運動は、関節への負担やケガの可能性が少なく高齢者にもおすすめの運動です。

3-3.サプリメントで関節痛の改善・予防しよう!

対症療法や運動だけでは解決が難しいのが関節痛の特徴です。

改善のための補助として、サプリメントを使用することで関節の痛みを和らげることができます。

関節痛に効果的なサプリメントについてご紹介しましょう。

【関節痛に効く新成分UC-2】

関節痛に効果のあるサプリメントは数多くある中で、話題の新成分が「UC-2」です。

UC-2は関節軟骨の成分と同じ成分で、関節痛に効果の高い成分として注目を集めています。

冬に関節が痛くなるほとんどの原因は、関節の軟骨の劣化や変形と考えてよいでしょう。

関節を温めるなどの対症療法や運動などの予防・改善に加えて、サプリメントで軟骨成分を補うということで関節の痛みを緩和できます。

まとめ

冬に関節が痛むというのは関節炎などの可能性があります。

原因を知り早めに対策をするためにも関節の痛みの原因についてまとめてみましょう。

【冬に関節痛が痛む原因】

  • 気温低下よる血行の悪化
  • 寒さによる運動不足
  • 関節の軟骨の変性・摩耗

冬に関節が痛むというのは関節軟骨の変性や摩耗などが原因です。

普段は痛くないのに冷えると痛いというのは、初期の変性関節炎の典型的な症状なので早めの対策が必要になります。

【関節痛の原因と対策】

  • 血行の悪化による関節痛:温める
  • 関節軟骨の変性による炎症:冷やす

関節を温める対策と冷やす対策は状況によって適切に選ぶ必要があります。

対策には個人差があり難しいのですが、痛みのなくなる方法を選べば間違いはありません。

【関節痛の改善と予防】

  • 関節に負担の少ない水中運動で運動不足解消
  • 「UC-2」配合のサプリメントで軟骨成分を補う

関節痛は運動と栄養補給によって改善・予防ができます。

水中歩行や軽いウォーキングなど関節に負担のかからない方法で運動することが大切です。

運動だけではどうしても改善の難しい関節の痛みはサプリメントを使って軟骨成分を補うのも一つの方法といえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加