コラーゲンが関節痛に効果的

コラーゲンが関節痛に効果的な理由とは?ズバリ解説します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

コラーゲンというと、肌の調子を整えてくれる美容食というイメージが強いです。
しかし、コラーゲンは関節痛をやわらげるサプリメントとなどにも含まれています。
なぜ、コラーゲンを摂取すると関節痛に効果があるのでしょうか?
そこで、今回は関節痛にコラーゲンが効果的な理由や、効率的な摂取方法などをご紹介します。
コラーゲンは一日どのくらい摂取すれば、効果があるのでしょうか?
また、どんな関節痛にコラーゲンが効果的なのかもご説明します。
関節の痛みをやわらげたい方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

目次

  1. コラーゲンとはどんな物質?
  2. コラーゲンと関節痛の関係
  3. コラーゲンを摂取する方法とは?
  4. サプリメントの選び方とは?
  5. おわりに

1.コラーゲンとはどんな物質?

コラーゲンはたんぱく質の一種で体のいたるところに含まれおり、細胞と細胞をつなぎ合わせる役割を担(にな)っています。
コラーゲンが細胞をつなぎとめたり支えたりしているからこそ、細胞は分裂したり増殖したりできるのです。
ですから、コラーゲンが少なくなると細胞の分裂や増殖の速度は遅くなるでしょう。
そうなると、臓器や組織全体が老化してくるのです。
コラーゲンを使った化粧品が多いのは、細胞の増殖や分裂を助ける働きがあるため。
また、コラーゲンは私たちが普段食べている食材にも、たくさん含まれています。
牛筋や魚のあらなどを煮こむと、煮汁が冷えて固まることがあるでしょう。
これは、コラーゲンが筋や骨の髄にたくさん含まれているためです。
また、ゼリーを固めるために使われているゼラチンも、コラーゲンがたくさん含まれています。

12