焦らないで! 赤ちゃんの便秘の種類と対処法の3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

大人でも便秘になったりならなかったりすることがありますが、赤ちゃんも便秘になってしまうことがあります。
赤ちゃんのちょっとした体調不良であっても、お母さんにとっては一大事です。
では、赤ちゃんの便秘の種類や、対処法について紹介していきたいと思います。
いざというときの対処法を知っておけば、赤ちゃんの便秘にもすぐ対応できるのではないでしょうか。


1.赤ちゃんの便秘の種類

赤ちゃんの便秘の種類は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、赤ちゃんのお腹に入る栄養分が原因になる場合です。
赤ちゃんが補給する栄養分というのは、お母さんからの母乳とミルクがあります。
母乳の場合には、消化が良いので1日に何回もうんちが出ることがほとんどです。
ですが、母乳とミルクの両方をあげている場合や、ミルクだけしかあげていない場合には、便秘になってしまう場合があります。
2つ目は、運動不足や腸の長さ、季節的な要因が原因の場合です。
赤ちゃんの場合には、自分で動くことは難しいので、お母さんが動かしてあげる必要があります。
この2つの便秘の種類を知っておくことで、普段からの便秘予防などにも役に立ちます。

2.赤ちゃんが便秘になってしまったら、肛門刺激を行う

赤ちゃんが便秘になってしまったときには、肛門刺激を行って、排便を促す必要があります。
ですが、肛門刺激を行うタイミングは、赤ちゃんによって違ってきます。
例えば、1日10回以上うんちをしていた赤ちゃんが、急に1日に1回や2日に1回になってしまったら、便秘傾向かもしれません。
逆に、2日に1回しかうんちをしていなかった赤ちゃんが、3日経ってもうんちをしないときには、便秘とはいえないのです。
このように、赤ちゃんの状況に合わせて、便秘傾向かもしれないと思ったら、肛門刺激を行いましょう。
肛門刺激は、大人用の綿棒をほぐして使います。
綿棒の先端をほぐして、オリーブオイルなどをたっぷり染みこませた後に、赤ちゃんの肛門に出し入れします。
綿棒の膨らんでいる部分をしっかり入れることが大切です。
便秘が長く続いているときなどには効果的ですが、クセになってしまうこともあるので、あまり行わないようにすることも大切です。

3.マッサージや運動をして便秘を解消する

普段からマッサージや運動をすることで、赤ちゃんの便秘を解消することも出来ます。
まず、マッサージのやり方ですが、お風呂で身体を洗っているときに行います。
身体を洗うときに石鹸をつけて、おなかを時計回りにマッサージしていきます。
指でお腹を強く押さないように気をつけながら、手のひら全体を使ってマッサージします。
腹ばいにしたときには、反時計回りにマッサージをするといいでしょう。
オムツを替えているときなどには、赤ちゃん用のエクササイズをすると、便秘の解消に繋がります。
自転車のペダルをこぐように、ひざを持って、股関節を動かす運動をするのです。
この運動は、生後すぐにでも行うことができるので、便秘が気になるときには行ってみましょう。

まとめ

  1. 赤ちゃんの便秘の種類は2種類ある
  2. 赤ちゃんが便秘になってしまったら、肛門刺激を行う
  3. マッサージや運動をして便秘を解消する

赤ちゃんの便秘には、2種類あります。
ですが、母乳が出ないなどの原因があって便秘になってしまうのは、ある程度仕方のないことなのです。
そこで、毎日運動をしたりマッサージをすることで赤ちゃんの便秘の解消に繋がるので、気になるときには行ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加