便秘は大腸癌になりやすい

便秘は大腸癌になりやすい!これってウソ、それともホント?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘の人は、大腸癌(がん)になりやすいといわれてきました。便秘だと、腸内に便の毒素がたまり、それによって大腸癌のリスクが高まると信じられてきたのです。ただし、確かな因果関係は解明されてないといわれています。実際のところはどうなのでしょうか。便秘と大腸癌の関係についてまとめました。

  1. 大腸癌とは
  2. 便秘と大腸癌の通説
  3. 便秘は大腸癌と無関係?
  4. たかが便秘、されど・・・
  5. まとめ

1.大腸癌とは

大腸癌は、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・こう門)に発生する癌です。日本人ではS状結腸と直腸に癌ができやすいとされ、大腸癌の70%が直腸とS状結腸にできています。
背景には、食事の欧米化、特に動物性脂肪やタンパク質の過剰摂取などが指摘されてきました。2011年の大腸癌による死亡数は国内で約45,000人。50年前の約9倍です。毎年約6万人が患い、胃癌を抜くのも時間の問題とさえいわれています。患う頻度は男性、女性ともほぼ同じ。60代が最も多く、70代、50代と続いています。

12