腹痛を伴う下痢が起こる原因

腹痛を伴う下痢が起こる原因は? 対処法と予防方法を徹底解説

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

下痢は性別や年代にかかわらず起こる体調不良の一種です。
下痢だけでもつらいですが、腹痛も同時に起こることも少なくありません。
では、なぜ下痢になると腹痛も起こりやすいのでしょうか?
そこで、今回は下痢で腹痛が生じる原因をご説明します。
ドラッグストアに行くといろいろな下痢止めが販売されていますが、下痢止めを飲めば腹痛もやわらぐのでしょうか?
頻繁に腹痛を伴う下痢になるという方は、ぜひこの記事を読んで対処法の参考にしてください。

目次

  1. 下痢と腹痛の関係とは?
  2. 腹痛が伴う下痢が起こる原因とは?
  3. 腹痛を伴う下痢の対処法とは?
  4. 年末年始は生活の乱れに要注意
  5. おわりに

1.下痢と腹痛の関係とは?

下痢は、腸の運動が過敏になることによって起こります。
通常ならば、胃で消化された食べ物は時間をかけて小腸から大腸へ送られるのです。
しかし、何らかの原因で腸の運動が過敏になってしまうと、消化しかけの食べ物が通常の何倍ものスピードで腸内を通過し、体外へ排出されます。
そうなると、本来なら吸収されるはずの水分もそのまま体外へ出てしまうのです。
そして、腸が激しく動くことによって痛覚神経が刺激されて痛みを感じます。
下痢のときはおなか全体に痛みを感じる人も多いでしょう。
それは、腸がおなかをとりまくように体内に収まっているからです。
下痢が激しいほど内臓の動きも活発になり、おなかがしぼられるように痛くなるケースが多くなります。

12