軟骨が減る原因とは?

軟骨が減る原因とは?軟骨の減りを予防する方法やコツ・注意点について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

人間は体を動かすため筋肉・関節が必要不可欠です。骨と骨を結び関節の動きをサポートする「軟骨」はとても大切な部位になります。軟骨は骨が受ける衝撃を吸収してくれる役割もあるのです。しかし、年を取るたびに少しずつ軟骨はすり減ってしまいます。

そこで、軟骨が減る原因や軟骨が減る予防方法、サプリメントを活用する際の注意点について説明しましょう。

  1. 軟骨が減る原因
  2. 軟骨が減る予防方法
  3. サプリメントを活用する際の注意点
  4. まとめ

1.軟骨が減る原因

関節が痛む、動かしにくくなるなど軟骨の減りによってさまざまなトラブルが起こります。では、なぜ軟骨はすり減るのでしょうか。関節トラブルを未然に防ぐためにも軟骨が減る原因について把握することが大切です。

1‐1.加齢による基礎代謝の低下

軟骨がすり減る原因は主に「加齢」です。車のタイヤと同じように年がたつにつれて軟骨もすり減ってしまいます。基本的に軟骨は狭いです。骨にかかる負担を受け止めているため、全体重がかかってしまいます。毎日全体重の負担がかかっているのですから、すり減るのは仕方のないことです。けれども、減り具合を少なくすることはできます。

年老いても健康的で自分の足で歩いている人はたくさんいるものです。自分の足でしっかりと歩いている人は、基礎代謝が高い特徴を持っています。加齢と同時に自然と基礎代謝は低くなるので注意しなければなりません。基礎代謝を高めることも軟骨の健康を守る大切なポイントです。

1‐2.不規則な生活習慣

軟骨が減る原因は「生活習慣」にもあります。あなたは今、健康的な生活を送っているでしょうか。不規則な生活習慣は軟骨がすり減ってしまいます。コンビニ弁当やレトルト食品、スナック菓子などの高カロリーなものばかり食べていると肥満体型になるでしょう。そして、糖尿病や高血圧、高脂血症など生活習慣病にかかるのです。生活習慣病は軟骨に大きく関係しています。

また、不規則な生活習慣は血行不良になる原因です。軟骨に大きな負担をかけることは間違いありません。生活習慣が乱れている人は少しずつ正しい生活に戻してくださいね。

1‐3.外的要因による軟骨の減り

不規則な生活習慣や加齢のほかにも軟骨が減る原因はあります。過度の労働やスポーツによる間接の酷使、捻挫やケガなどの外的要因もあるのです。普段運動していない人が激しい運動をすると関節に大きな負担がかかってしまいます。関節を鍛えるはずが悪影響を与えてしまうのです。運動不足を解消しようと行動するときは少しずつ行動してくださいね。急に激しい運動はしてはいけませんよ。

また、事故やケガによって軟骨がすり減っている可能性もあります。当てはまる人は1度病院に診せたほうが良いでしょう。軟骨がすり減る原因を把握しなければ適切な対策ができません。原因が不明な人は調べてもらってください。

12