関節リウマチの初期症状は

生活に支障をきたす恐れも! 関節リウマチの初期症状は?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

リウマチの語源はギリシヤ語で、「流れる」を意味しています。体の中に毒素が入り込み、全身へ流れて広がっていくため、この名がつけられたそうです。リウマチは広い範囲でリウマチ性疾患を指しますが、ここでご紹介するのは関節リウマチ。体のこわばり・腫れ・痛みから始まり、悪化していくと関節に変形が起こってしまいます。目覚めたときに、体がいつも違って動かしにくいなど、異変に気づく方もいるでしょう。以前に比べて、関節リウマチの症状を抱える方が増え、高い効果が得られる薬や、症状を緩和する治療が出てきました。関節に違和感を抱くような方は、関節リウマチの可能性もあります。関節リウマチとはどのような症状を持った病気なのでしょうか? 

  1. 関節リウマチの初期症状
  2. 関節リウマチのセルフチェック
  3. 関節リウマチのメカニズム
  4. 関節リウマチの対処法
  5. 関節リウマチの予防法
  6. よくある質問
  7. まとめ

1.関節リウマチの初期症状

関節リウマチは、ごく軽い症状で済む方から重度の悪性関節リウマチに発展してしまう方まで、個人差が大きな病気。軽症の場合は、治療の必要がないこともあるようです。
関節リウマチの初期症状についてご紹介します。

1-1.発症しやすい方

関節リウマチを発症しやすい方は30〜60代で、女性が圧倒的に多いとされています。男性に比べ、5倍の患者数がいるようです。中高年になると女性は更年期を迎え、ホルモンのバランスを崩しやすくなります。ホルモンが影響して、関節リウマチに似た症状が起こるとも考えられるでしょう。更年期はさまざま不快症状を抱えるようになり、体調が不安定になりがちです。更年期に関節リウマチを発症してしまうことで、心身ともに辛(つら)く苦しいこともあるでしょう。

1-2.初期症状

関節リウマチ症状を強く感じるのは、朝目覚めたとき。初期症状として、両手がこわばって動かしにくい・微熱が継続する・だるい・疲労を感じやすいなどの症状が挙げられます。中には、食欲不振・体重減少・貧血などの症状出る方も。

風邪による体調不良に似た症状で、初期症状を見逃してしまうこともあります。関節リウマチという自覚症状がないことから、発見が遅れてしまうケースも。普段と違うと感じ、症状が1週間以上継続するようなら、医師の診察を受けるようにしましょう。初期の段階で発見できれば、関節の変形などの重篤な症状になる前に対処することが可能です。

1-3.特徴

関節リウマチの特徴は、朝のこわばりが1時間ほど強く続くことです。全身の関節に症状を見ることができますが、1番感じやすいのは手指。第2関節と第3関節の動かしにくさを感じて、関節リウマチではないかと疑うことがあります。関節リウマチの方の多くは、この部位から発症するようです。日常生活に支障をきたし、動くのが面倒になることもあるでしょう。左右対称の関節に症状が出ることも、関節リウマチの特徴の1つです。

1-4.症状の進み方

ステージ1

まだ、骨や軟骨の破壊は起こっていませんが、滑膜(かつまく)という組織が増加しています。この時点では、痛みよりもこわばりを感じることが多いでしょう。

ステージ2

軟骨が破壊され始め、骨と骨の間が狭くなります。このステージになると、骨同士がぶつかり合って痛みを感じるようになる方もいるでしょう。治療は投薬や注射が中心で、日常生活に多少の不便さを感じる方もいます。

ステージ3

骨の破壊が起こり始め、常に痛みが起こります。関節の変形が外からも分かるようになるでしょう。膝関節や股関節の骨が破壊された場合、歩行に支障が出始めます。

ステージ4

関節が破壊されて固まり、動かなくなってしまいます。膝関節や股関節がこの状態になると、歩行ができなくなることもあるのです。人工関節をすすめられることもあります。適切な治療を受けないと、短期間でステージ4まで進む可能性もあるでしょう。