コーヒーが便秘解消に!? コーヒーの効果と便秘解消について

このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

コーヒーは便秘にいいとされていますが、本当のところはどうなのでしょうか?
ここでは、コーヒーが便秘に効果的であると言われる理由やコーヒーを飲む際に気をつけなければならない点をご紹介したいと思います。


コーヒーが便秘に良いとされる理由 

コーヒーにはたっぷりのカフェインが含まれています。このカフェインは、腸の働きを乱し、収縮を促進させる働きがあると言われています。
その効果は下剤のように効くことがあります。普段コーヒーを口にしない人が飲むと、あっという間に腸が活発に働き、便通が良くなります。反対に、普段からコーヒーを大量に飲んでいると、腸がカフェインに反応しにくくなるのですぐに効果を得られない可能性もあります。しかし、腸が活発に働くことによって便が出やすい状態になるので、普段からコーヒーを飲む方も便通が期待できます。さらに、カフェインは利尿効果もあるので、便だけでなく尿としても排泄されるのです。
また、カフェインにはアデノシンと言われる神経伝達を妨げる成分も含まれています。神経伝達を妨げると排便を抑制してしまいますが、カフェインを一定量摂取するとアデノシンを取り除くことができるので、抑制されていた排便が活発に働くのです。
こういったことらか、コーヒーは便通をよくし、ダイエット効果があると言われているのです。

便秘に効果の高いコーヒーの摂取方法とは?

食べたものが十分に消化され、便となりやすい「朝」にコーヒーを飲むと効果が高いと言われています。朝に排便をすることは健康にいいとされているので、排便を促進させるコーヒーは朝目覚めた時に摂取することが理想なのです。また、空腹の状態でコーヒーを飲むと、胃結腸反射(先ほど説明した腸が活発に動く効果)によって排便のリズムを整える作用があります。
ただし、コーヒーに含まれるカフェインは、胃が刺激されて胃もたれを起こす可能性もあります。朝、ブラックのコーヒーを飲んでしまうと胃がもたれてしまうと言う方は、少量のミルクを混ぜてから飲むようにしましょう。こうすることによって、コーヒーの刺激が抑えられ、胃に優しく、朝に飲んでもおいしくいただけます。

気をつけなければならない点

コーヒーは大量に飲むと、大量のカフェインを摂取することになります。つまり、腸内環境のバランスを乱してしまい、胃もたれや腹痛の原因になってしまうのです。コーヒーが好きでたくさん飲む場合、わずかにミルクを入れてまろやかにしたり、一回に飲む量を抑えるような工夫をして飲むように心掛けましょう。また、ブラックをゴクゴク飲む方は、1日に2~3杯程度のとどめることが理想です。

胃に優しい飲み方とは?

コーヒーが苦手だけど、便秘を解消したい…という方は、コーヒーゼリーなどで飲んでも効果が得られます。特に、カフェインが含まれたコーヒーゼリーであれば、コーヒーと同じような効果を得ることができるでしょう。ゼリーの食物繊維は便通をよくする効果がありますので、より効果的という見方もあるほどです。液体ではないので満腹感を得ることができますし、苦手な方でも美味しく食べる事ができます。
この時、冷たいコーヒーゼリーを食べるよりも、できるだけ常温に近いものを食べたほうがいいでしょう。冷たいものですと胃の動きが鈍くなってしまい、消化に時間がかかるので効果が出にくくなってしまいます。

まとめ

以上、コーヒーと便秘の関係性について説明しました。摂取する量は適度に、日々のリズムを意識しながら飲むことが理想とされています。朝起きた時にコーヒーを飲み、スッキリ排便をする習慣をつければ、健康で活発な生活ができるでしょう。ぜひ、毎朝のコーヒーを習慣にして、よりよい生活を過ごしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加