コーヒーの効果と便秘解消

コーヒーが便秘解消に!? コーヒーの効果と便秘解消について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
コーヒー

コーヒーは便秘にいいとされていますが、本当のところはどうなのでしょうか?
ここでは、コーヒーが便秘に効果的であると言われる理由やコーヒーを飲む際に気をつけなければならない点をご紹介したいと思います。


コーヒーが便秘に良いとされる理由 

コーヒーにはたっぷりのカフェインが含まれています。このカフェインは、腸の働きを乱し、収縮を促進させる働きがあると言われています。
その効果は下剤のように効くことがあります。普段コーヒーを口にしない人が飲むと、あっという間に腸が活発に働き、便通が良くなります。反対に、普段からコーヒーを大量に飲んでいると、腸がカフェインに反応しにくくなるのですぐに効果を得られない可能性もあります。しかし、腸が活発に働くことによって便が出やすい状態になるので、普段からコーヒーを飲む方も便通が期待できます。さらに、カフェインは利尿効果もあるので、便だけでなく尿としても排泄されるのです。
また、カフェインにはアデノシンと言われる神経伝達を妨げる成分も含まれています。神経伝達を妨げると排便を抑制してしまいますが、カフェインを一定量摂取するとアデノシンを取り除くことができるので、抑制されていた排便が活発に働くのです。
こういったことらか、コーヒーは便通をよくし、ダイエット効果があると言われているのです。

12