おならが出過ぎる原因は何?対処法とともにご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おならは生理現象のため、誰でもします。しかし、あまりにもおならが出過ぎると日常生活にも支障が出るでしょう。
そこで、今回はおならが出過ぎる原因と対処法をご紹介します。
ひとくちに、おならといってもいろいろな種類があるでしょう。
おならの音や臭いによって健康状態が分かることもあるのです。
また、ストレスが原因でおならが頻繁に出ることもあるでしょう。
最近、急におならがやたらと出るようになったという方やおならの音や臭いが気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. おならはどうして出るの?
  2. おならが出過ぎる原因とは?
  3. おならが出過ぎた場合の対処法とは?
  4. おわりに

1.おならはどうして出るの?

おならの原因は、口から飲みこんだ空気や体内で発生したガスです。
おならは生理現象ですから、どんな人でもおならをします。
逆に、おならが出ないと腸閉塞などの病気の危険性があるのです。
小説やドラマなどで消化器官の手術をした後、「ガスが出ましたか?」と医師や看護師が患者に尋ねるシーンを見たことがある方もいるでしょう。
内臓が正常に動いているからこそ、ガスが出るのです。

2.おならが出過ぎる原因とは?

しかし、いくらおならが生理現象でも出過ぎるのは困りものです。
そこで、この項ではおならが出過ぎる原因の一例をご紹介します。

2-1.腸の動きが活発になる食品を食べた

さつまいもを食べるとおならが出る、というのは有名な話です。
これは、さつまいもに食物繊維がたくさん含まれているため。
食物繊維をたくさん食べると腸の中で水分を吸って膨らみ、腸はそれらを排出させようと活発に動きます。
そのため、腸内のガスもより体外へ排出されやすくなるでしょう。
このほかにも、炭水化物や炭酸水などをたくさん食べたり飲んだりしても、おならが出やすくなります。
炭酸ガスでおならが出やすくなるとは意外な気がする人もいるでしょう。
しかし、炭酸ガスのしゅわっとした感覚は二酸化炭素によるものです。
ですから、炭酸水を飲むということは、気体を体内に入れているようなもの。
そのため、おならも出やすくなります。

2-2.便秘

おならが出過ぎる原因で、最も多いのがこの便秘です。
便秘が続くとおならが頻繁に出る、という方は多いと思います。
便は、食べ物から栄養を吸収した残りかすや体の老廃物のかたまり。
ですから、生ものであり一刻も早く排出されるべきものです。
しかし、便秘が続けばいつまでも便が体の中にとどまります。
その結果、便から腐敗ガスが発生して腸内に充満するのです。
便秘になるとおなかがはったり臭いおならが出たりするというのは、この附排ガスが原因。
また、便秘によって腸内環境が悪化した場合も臭いおならがずっと出続けることもあります。

2-3.ストレス

ストレスが原因でもおならが出過ぎることがあります。
ストレスを感じると、人は無意識に空気を多く飲みこみやすくなるのです。
緊張したり不安になったりすると、呼吸が浅く速くなった経験がある方は多いでしょう。
そうなると、体内に入る空気も多くなります。
ですから、おならも出過ぎるのでしょう。
また、腸は第二の脳といわれるくらいストレスに敏感です。
緊張すると下痢をしたり便秘になったりするのは、腸がストレスに弱いせいでもあります。
ですから、ストレスで腸の動きが活発になった場合、おならが出過ぎることもあるでしょう。

2-4.病気

十二指腸や大腸、さらに胆のうの病気にかかっても、おならが出過ぎるようになります。
この場合は、強い腹痛など別の症状もあるでしょう。
また、腸の動きもおかしくなり感覚で分かるようになることもあります。
ですから、最近どうも腸の調子がおかしいという場合は、病院を受診しましょう。
特に、今まで便秘をあまりしたことがない人が理由もなく便秘になった場合も要注意です。

3.おならが出過ぎた場合の対処法とは?

では、おならが出過ぎる場合は、どのように対処したらよいのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.おならを気にしすぎると逆効果?

おならは誰もがするものですが、トイレと同じように隠されるものです。
しかし、おならの場合は突然大きな音と共に出てしまうこともあるでしょう。
その結果、恥ずかしい思いをした方もいると思います。
そんなことが続くと、「いつおならが出るのだろうか?」と気になってしまい、日常生活にも支障が出る方もいるでしょう。
しかし、前述したようにおならはストレスでも頻繁に出るようになります。
ですから、あまり気にしすぎるのも逆効果。そのため、腸が動きだしたらいつでもトイレに行けるように準備しておいたりするとよいでしょう。
トイレの個室ならば、おならをしても問題ありません。
また、人と会う前は食物繊維をたくさん含んだ食べ物を控えたりするのも効果的です。

3-2.便秘を解消する

便秘を解消すれば、臭いおならが出ることもなくなります。
便秘を解消する方法はいろいろありますが、長期間続いている便秘は市販薬に頼ってでもすぐに解消した方がよいでしょう。
便秘が長引くほど便は出にくくなります。
特に、高齢者や妊婦などは便秘が解消しにくいでしょう。
便秘が長引くほどおならも出過ぎるようになります。
また、便秘が解消した後でも、腸内環境を整えましょう。
便秘をくりかえす人の腸は、悪玉菌が繁殖して腸内環境が悪化しています。
ですから、善玉菌を増やせばおならの臭いも解消できるのです。
腸内環境を整える食品としてはヨーグルトが有名ですが、そのほかにも納豆やキムチ、みそ、ぬか漬けなどの発酵食品を食べてもよいでしょう。
また、オリゴ糖で料理に甘味をつけるようにする方法もあります。

3-3.適度な運動をする

腸内にガスがたまりすぎると、おならの出るリズムが崩れます。
腸の動きは運動不足になるほど鈍りやすいでしょう。
その結果、腸内にたまったガスがなかなか排出されず、ちょっと動くと一気に大量に出ることもあります。
「動きだしたらおならが止まらなくなった」という場合は、運動不足が原因のことも多いのです。
おなかがはって苦しいという場合は、しばらく歩いたり腹筋運動をしたりしてみましょう。
腰を左右に回すのも効果的です。
そうすれば、腸が動きだしてガスが出てくれます。
また、腸内にガスがたまりすぎないように、運動を習慣にするとなおよいでしょう。
ただ歩くだけでも効果的です。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回はおならが出過ぎる原因やその対処法をご紹介しました。
おならは健康のバロメーターでもあります。
腸内に問題がない場合は、おならは音も小さく臭いも薄いです。
思わず窓を開けたくなるほどの臭いがするという場合は、腸内環境が悪化しているあかしでしょう。
おならを一朝一夕でしずめることはできません。
また、腸内のガスをしずめる市販薬も販売されていますが、効果は万能ではないでしょう。
人前で恥ずかしい思いをしたくないという場合は、出かける半日前位からおなかをマッサージしたり食事に気を使ったりするとよいですね。
なお、おならの臭いは食べたものによっても変わるときがあります。
特に、ニンニクやニラなど口臭の原因となるものは、おならの臭いも強くなる傾向にあるでしょう。
ですから、人と会う場合はそのようなものはできるだけ控えると効果的です。
後は、リラックスをするように心がけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加