ウサギのフンのようなコロコロ便が出る。その原因と対処法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便は出るのだけれど、コロコロしていてウサギのフンのようだ。
このような方は意外と多いのです。
実は、コロコロ便は立派な便秘。
健康な便は、バナナのような適度な長さと太さがあるのです。
そこで、今回はコロコロ便になる原因と対策についてご説明します。
コロコロ便を解消するには水分を取ればいい、という意見もありますが、やみくもに水分をとっても効果はありません。
それ以上に有効な方法もあるのです。
それはいったい何でしょうか?
答えは、この記事を読めばわかります。

  1. なぜ、コロコロ便になるの?
  2. 水分を摂取してもダメ?
  3. コロコロ便を解消する方法
  4. 痔(じ)にならないように気をつける
  5. コロコロ便がなかなか出ない場合の対処法
  6. おわりに

1.なぜ、コロコロ便になるの?

便は、内臓の老廃物や消化されて栄養を吸収された食べ物の残りかす、そして水分からできています。
健康な便は約70%水分が含まれているのです。
便が健康ならば、便意が起これば速やかに排出されるでしょう。
また、健康な状態の便はバナナくらいの太さと長さがあるのです。
しかし、便の中に含まれる水分が60%くらいになるとコロコロ便になります。
コロコロ便になると、便意が起こってもなかなか排出されません。
さらに、水分が少なくなった便は腸内を移動するのにも時間がかかります。
腹痛があり便が出そうな気配がするけれど出ない、という場合は腸の中でコロコロ便ができている可能性が高いでしょう。
逆に、便の中の水分が多すぎると下痢になります。
コロコロ便ができる原因は大きく分けてふたつあるのです。
ひとつは、水分不足。
食事の中の水分が少ないと便の中の水分も不足しがちになります。
もうひとつが、腸の働きの悪さ。
私たちの腸は「ぜん動運動」という動きをしながら、便を直腸まで運びます。
その時間は約10時間といわれているのです。
腸の動きが悪くなると、さらに時間がかかるようになり便の中の水分が失われてしまいます。

2.水分を摂取してもダメ?

コロコロ便を解消するには、水分の摂取が有効といわれています。
しかし、すでに体の中にコロコロ便ができてしまっている場合は、いくら水分をとってもあまり効果がありません。
すでにできあがっている便にさらに水分を加えることはできないのです。
また、あまり水分を取りすぎると内臓を冷やしてさらに腸の動きが悪くなるでしょう。
ですから、すでにコロコロ便で悩んでいる方は、逆に水分の取りすぎに注意してください。

3.コロコロ便を解消する方法

では、コロコロ便を解消するにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、その方法の一例をご紹介します。

3-1.水溶性食物繊維を取る

食物繊維は、便秘を解消してくれる食べ物として有名です。
しかし、食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があります。
不溶性の食物繊維は水分を吸収して倍の大きさに膨らみ、腸の中の便を押し出す役目をしてくれるのです。
しかし、自分が腸内の水分を吸収してしまいますので、便自体の水分が少なくなってしまうことも多いでしょう。
ですから、コロコロ便が出ている方は水溶性食物繊維を取ってください。
これは、水分を吸収して便を包みこみ、滑りをよくしてくれるのです。
水溶性植物繊維はこんにゃくや海藻などに多く含まれています。
ですから、ワカメやところてん、こんにゃくなどを使った料理を食べれば、コロコロ便が解消しやすくなるでしょう。

3-2.腸内環境を改善する

腸の動きが悪くなると、便がなかなか排出されません。
腸内環境が悪化すると、腸は動きが鈍ってしまうのです。
そこで、ヨーグルトやオリゴ糖などを摂取して、腸内の環境を改善しましょう。
善玉菌が増えれば腸内の環境もよくなります。
また、お正月に暴飲暴食をしてしまったという方は、食事を腹八分目にしてアルコールも控えてください。
内臓が疲れていても、働きは悪くなります。

3-3.適度に腹筋を鍛える

適度に腹筋を鍛えると、腸が持ち上がって動きが活発になるのです。
腹筋を鍛えるというと、あおむけになってから上半身を起こす運動が思い浮かびますが、歩くだけでも鍛えられます。
ですから、ウォーキングをしても効果的でしょう。
一駅余分に歩いてみるなど、日常生活に運動を取り入れてみてください。

3-4.ストレスの解消を心がける

腸は第2の脳といわれるくらい、ストレスに敏感。
ストレスがたまると下痢になる人も便秘になる人も多いのは、そのためです。
ストレスがたまって腸の動きが悪くなってもコロコロ便になります。
ストレスをなくせといっても、なかなか難しいかもしれません。
しかし、仕事の後にゆっくりとお風呂に入るとか休日は好きなことをして過ごすとか、いろいろと試してみましょう。
ただし、暴飲暴食はやめてください。
また、ストレスがたまりすぎると過敏性大腸炎になる可能性もあります。
これは、心因性の腸炎でコロコロ便も症状のひとつです。
ひどくなると自然治癒は難しいですので、心療内科などで診察を受けてください。

4.痔(じ)にならないように気をつける

コロコロ便になると、排便のために全力でいきむという方も少なくありません。
また、便が大きくなってしまうと、肛門(こうもん)を傷つけることもあるでしょう。
これがくりかえされると、痔(じ)になってしまう方も少なくありません。
排便のたびに痛むので、余計にトイレに行きたくなくなり、便秘が悪化する可能性もあります。
ですから、痔(じ)にならないようにいきみに緩急をつけたり、ウォシュレットで肛門(こうもん)の筋肉を緩めたりしましょう。
ウォシュレットがない場合は、シャワーで代用ができます。
温かいお湯を利用すれば、筋肉も緩みやすくなるでしょう。
また、排便のたびに痛みがはしったりトイレットペーパーに血がついていたりする場合は、病院を受診してください。
痔(じ)を放置しておくと、手術が必要になることもあります。

5.コロコロ便がなかなか出ない場合の対処法

コロコロ便がおなかの中にたまってしまい、なかなか出ないという場合は市販の下剤を使用してください。
水分が少ない便ほど自力では出しにくくなっています。
さらに、便秘が長引くと入り口の便はますます固くなり、悪循環におちいるでしょう。
下剤の中には便を柔らかくする効果のあるものもありますので、用法と用量を守って使用してください。
今すぐ出したいという場合は、浣腸(かんちょう)タイプを利用するとよいでしょう。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は、コロコロ便の原因と対処法についてご紹介しました。
コロコロ便は少量でも排便されているため、便秘だという自覚が薄い人もいるのです。
また、コロコロ便がおなかの中でなかなか動かないと、慢性的な重苦しさや腹痛に悩まされる方も多いでしょう。
ダイエットしている方も、極端に食事量を落としすぎるとコロコロ便になりやすいです。
コロコロ便に長年悩まされているという方は、腸内の環境を改善しつつ、下剤の力を借りてでも一度便を全部排出してしまうとよいでしょう。
妊婦など薬が飲めない場合は、産婦人科医に相談してみてください。
さらに、ウォーキングなどの適度な運動をすると、腸が一気に動くという場合もあります。
特に、食後の運動は効果的なので、食後30分ほどしたら歩いてみてください。
一気に腸が動き出す場合もあるでしょう。
また、手を尽くしたのに解消しないという場合は、一度病院を受診してみてください。
大腸にポリープなどができていても、動きが悪くなる可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加