睡眠不足で便秘になるって本当?

睡眠不足で便秘になるって本当?その原因と対処法とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

運動不足やダイエットなど、便秘の原因はさまざまです。
しかし、睡眠不足でも便秘になることは、あまり知られていません。
なぜ、睡眠不足で便秘になるのでしょうか?
今回はその原因と解消法をご紹介します。
また、睡眠不足になる原因と解消法も一緒にご紹介しましょう。
睡眠不足による便秘は、子どもでもなる可能性があります。
ですから、子どもの便秘で悩んでいる方は、もしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。
ぜひこの記事を読んで解消法の参考にしてください。

  1. 睡眠不足がお通じに与える影響とは?
  2. スマホやゲームが睡眠不足の原因?
  3. 質のよい睡眠をとり、便秘を解消する方法とは?
  4. 便秘を解消することも大切
  5. おわりに

1.睡眠不足がお通じに与える影響とは?

睡眠は、単に体と脳を休めるだけのものではありません。
眠っているときには、「副交感神経」という自律神経が活発になります。
副交感神経が活発になると、内臓の動きも同じように活発になるのです。
ですから、消化された食べ物が小腸から大腸へと運ばれやすくもなります。
つまり、便は寝ている間に作られるのですね。
しかし、睡眠時間が短かったり眠りが浅かったりすると副交感神経が十分に働きません。
その結果、便がうまく作れなかったり、大腸にある便がうまく直腸へ送られなくなったりして便秘になります。
便が作られなくても便秘になるの?と思う方もいるでしょう。
便はある程度の量がないと直腸がぜん動せず、便意が起こりません。
ダイエットで食事量を減らすと便秘しやすいのは、そのためです。
ですから、便が作られなくても便秘になります。

12