落下腸を治して便秘解消

落下腸を治して便秘解消! 今日からはじめる3つの改善方法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近、テレビでも話題になった落下腸は、意外にも多くの人が抱えている問題です。しかし、落下腸は放っておいてはいけません。落下腸になるなら、便秘や下痢を繰り返し、胃腸の調子が徐々に悪化していきます。腸閉塞(へいそく)のような深刻な問題にもなりかねません。それでは、落下腸を改善するために今日からできる3つの改善方法をご紹介します。

  1. 落下腸の原因を知ろう
  2. 落下腸を改善する方法
  3. 体質改善で落下腸を治そう

1.落下腸の原因を知ろう

1-1.落下腸とは?

腸は内臓の中でも1番大きな場所を占めており、毎日働いています。しかし、その腸もしっかりと正しい位置にないなら、きちんと働けません。からまったホースを思い浮かべてください。ホースがかさなりあって折れ曲がるなら、水がうまく流れませんね。腸がもともとあるべき位置ではなく、位置が下がっている状態が落下腸です。落下腸になると、腸はかさなりあって折れ曲がったホースのようになり、働きが悪くなります。落下腸という言葉そのものは、医学用語ではありませんが、その言葉のとおり、腸が下がっている状態です。

1-2.落下腸になりやすい人

落下腸は成長の過程で生じることもあります。本来であれば、腸は腹膜におさまりますが、腸がしっかりと固定されないなら、そのまま位置が下がってしまうのです。ときには、腸が骨盤あたりまで下がることもあります。慢性的な便秘になるなら、腸が下がりやすくなるでしょう。そのため、便秘が落下腸の原因であることも多いようです。特に、子供のときから便秘が多いと腸が下がります。しっかり腸が固定されないまま成長するなら、腸の位置が定まらないのです。同時に、便秘は運動不足でも生じやすくなります。運動不足で便秘気味なら、落下腸の危険が高いといえるでしょう。

1-3.落下腸かどうか判断する方法

落下腸かどうかは、自分の体調でもある程度わかります。便秘と下痢を繰り返すのは、落下腸の症状のひとつです。腸がしっかり働けないので、便秘と下痢が繰り返されます。また、立ち上がった姿勢で下っ腹が出るのも、症状のひとつです。もし、腸の調子が悪く、落下腸の疑いがあるなら、病院で見てもらいましょう。便秘は腸にとっては最大の敵です。落下腸であり、便秘が繰り返されるなら、腸がふさがる危険もあります。腸閉塞(へいそく)では、開腹手術が必要になることもあるのです。ですから、落下腸にならないように、便秘を効率よく改善することも大切でしょう。

12