甘いものが便秘の悪化につながる

甘いものが便秘の悪化につながる原因とは?食べすぎたときの対処法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘をくりかえしていると体に大きな負担がかかってしまいます。
便秘体質の人はいつまでも続く便秘に悩んでいるはずです。
そこで、便秘から解放するためにも甘いものとの関係を確認していきましょう。
これから、甘いものが便秘の悪化につながる理由、甘いものを食べすぎたときの対処法、便秘以外にもある砂糖による健康への悪影響について説明します。
甘いものが便秘の原因になっているか知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 甘いものが便秘の悪化につながる理由
  2. 甘いものを食べすぎたときの対処法
  3. 便秘以外にもある砂糖による健康への悪影響
  4. まとめ

1.甘いものが便秘の悪化につながる理由

便秘体質でも甘いものは食べたくなるものです。
特に、甘いものが大好きな人にとっては毎日食べているときもあるでしょう。
しかし、甘いものの食べすぎは体に悪影響をもたらします。
甘いものが便秘の悪化につながるのかどうか、理由について一緒に見ていきましょう。

1‐1.悪玉菌のエサになる甘いもの

ケーキや砂糖菓子、スナック菓子など甘いものはあらゆるところにあふれています。
ストレス解消法として甘いものを食べている人は多いでしょう。
しかし、甘いものは便秘の悪化につながる原因の1つです。
必ずしも甘いものだけが原因とは限りませんが、甘いものは“悪玉菌”のエサになります。
悪玉菌は増えれば増えるほど便秘が悪化する要因です。
有害毒素を発するものなので、できるだけ腸内にひそんでいる悪玉菌を減らしていかなければなりません。
悪玉菌が滞在していると体全体に毒素がまわってしまいます。
悪玉菌は甘いものや油をエサとして増殖する菌です。
エサが増えるほど、腸内の悪玉菌が増えてしまうでしょう。
結果、便秘の悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

1‐2.胃腸の働きが低下する「糖反射」

東京大学から出た研究結果から、砂糖などの甘いものには「糖反射」という反応が判明しました。
糖反射とは、砂糖を摂取すると胃腸の働きが低下する反応です。
砂糖にも黒や白とさまざまな種類はありますが、“白砂糖”のほうが反応が出やすくなります。
胃腸の働きがにぶくなればなるほど、たまっている便を押し出す力が弱まるでしょう。便が腸内にとどまるほど水分が抜けてしまい、硬い状態になってしまいます。
硬い便はなかなか押し出すことができません。
さらに、腸内の働きが低下すると排便が難しい環境になってしまいます。
糖反射の影響も便秘と関係していると言えるでしょう。

1‐3.食物繊維などの栄養が不足する

腸内の動きを活性化、たまっている便を排出するには食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養が必要不可欠です。
おいしいものが多い甘いものには、必要な栄養素がほとんど入っていません。
つまり、甘いものばかり食べていると栄養不足になるのは目に見えています。
便秘体質になっている人は、食生活が乱れている可能性が高いです。
おなかがすいたらとりあえず甘いものを食べていませんか?
甘いものではなく、食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富な食材を食べたほうが便秘には効果的です。
甘いものは余計に便秘が悪化してしまうので、摂取量には十分に気をつけておかなければなりません。

12