便秘に悩んでいる方に朗報!今話題の菌活が便秘に効果抜群な理由!

このエントリーをはてなブックマークに追加

何をしても便秘が解消されなくて悩んでいる方に、今話題の菌活をご紹介しましょう。
菌活がどうして便秘に良いのか、また効果の出方や注意点などについても、詳しく解説します。

  1. 菌活ってそもそも何?
  2. 菌活による効果には何がある?
  3. 菌活で対象となる菌の種類を学ぼう
  4. 菌活の注意点を知っておこう
  5. まとめ

菌活をしっかり理解するために、早速学んでいきましょう。


1.菌活ってそもそも何?

そもそも、菌活とは何か、ということを知る必要がありますね。
菌活とはどんなものなのか、基本を学びましょう。

1-1.菌活とは腸内の善玉菌を増やすこと

菌活とは、腸内にいる善玉菌の数を増やすこと。
善玉菌が腸内で増えると、老廃物の排出を助けて新陳代謝が活発になります。
腸内の善玉菌を増やすことは、健康な体作りに必要不可欠なことだと言えるでしょう。

1-2.現代人に菌活が必要な理由

現代人には、菌活が必要だと言われます。
理由は、多忙でストレスフルな人が多く、不規則な食生活と運動不足が著(いちじる)しいから。
菌活をきちんと行うと、体調が整って精神的にも前向きになってストレスも軽減できるでしょう。

1-3.菌活を行うと良い人のタイプ

特に、食生活の乱れがひどくて便秘に悩んでいる人は、菌活を行うと良いでしょう。
便秘の状態だと、体内に老廃物が溜(た)まったままになっています。
すると、腸内の正常な活動の妨げになるばかりか、老廃物から発生したガスが体内に回って体調不良などの原因にもなるでしょう。
適度な運動もできそうもない人は、菌活を行うと効率良く便秘を解消できて健康な心身になれますよ。

2.菌活による効果には何がある?

菌活を行うと、さまざまな効果を得ることができます。
では、菌活にはどんな効果があるのか、具体的にご紹介しましょう。

2-1.便秘を解消できる

菌活ですぐに期待できる効果は、便秘解消でしょう。
菌活で増加した善玉菌は、腸内の働きを活発化します。
腸内活動が活発化すると、老廃物の排出を促進して溜(た)まった便が体外に出て便秘解消に。
さらに、継続して善玉菌が腸内に多く存在することで、便秘知らずの体になることができます。

2-2.ダイエットになる

菌活で善玉菌が増えると、ダイエット効果も期待できるでしょう。
まず、菌活をすると便秘が解消されて、体内の老廃物が排出されます。
さらに、食べ物の消化吸収が適切になってエネルギー効率が良くなるため、体内に脂肪が付きにくくなるでしょう。
菌活を行うことは、ごく自然な形でのダイエットが可能なのです。

2-3.肌がきれいになる

菌活を行うと、肌もきれいになる効果を実感できるでしょう。
体内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れていると、体内の老廃物から出た有害なガスが血液内に取り込まれて体中を回ることになります。
すると、有害なガスの影響で肌に吹き出物などのトラブルが現れることに。
菌活は、肌に有害なガスの発生を防ぐので、トラブル知らずのお肌になれますよ。

2-4.体調が良くなる

菌活をすると、腸内活動が活発化・正常化してすこぶる体調が良くなります。
体調が良いので、食べ物もよりおいしく感じることができたり体が軽くなったりすることでしょう。
菌活を行うと、体調の良い毎日を送ることができる幸せを実感できますよ。

2-5.心が前向きになる

菌活は、体を健康にすると同時に、心も前向きにすることができるでしょう。
体調不良だと、どうしても気分がふさぎがちになることは否めません。
でも、体調不良が菌活で解消されることで健康な体になると、体を動かすことも楽しくなり、心も活発になりますよ。

3.菌活で対象となる菌の種類を学ぼう

菌活にも、向いている菌とあまり向いていない菌が存在します。
それでは、菌活で対象となる菌の種類を学びましょう。

3-1.きのこ菌

きのこは菌類ですから、実はきのこを食べること自体が菌活と言っても良いでしょう。
さまざまな種類があるきのこですが、すべて低カロリーな上に食物繊維も豊富。
味噌(みそ)汁や鍋(なべ)の具にしたり、ソテーしてメインのおかずにしたりなど、食事に多く取り入れたいところです。

3-2.乳酸菌

ヨーグルトに多く含まれている乳酸菌も、気軽に取ることができることを含めて、菌活にふさわしいでしょう。
ただし、乳酸菌は種類が多く存在します。
菌活のためにヨーグルトを選ぶときには、パッケージをチェックして、腸まで届くタイプが入っているものを選ぶと効果的です。

3-3.納豆菌

朝食のお供(とも)としても、大人気の納豆。
納豆に含まれる納豆菌も、菌活中は積極的に取り入れたい菌と言えるでしょう。
納豆菌は体内に入っても、そのまま腸まで届きやすいという強さもありますからピッタリですね。
納豆菌には、ほかの善玉菌を増やす効果もあることも覚えておきましょう。
また、納豆の成分であるナットウキナーゼは血液がサラサラになる効果も期待できますよ。

3-4.麹菌

麹菌は、味噌(みそ)や酒粕(さけかす)などに多く含まれる菌。
簡単に麹菌を取り入れる方法は、味噌(みそ)汁を飲む習慣を作ることでしょう。
また、最近人気の塩麹を使った料理を作ってみるのも良いですね。

4.菌活の注意点を知っておこう

さて、効果的に菌活を行うためにも、注意点を知っておきましょう。
せっかく菌活を行うのですから、失敗したくないですよね。

4-1.1回にたくさん菌を摂取しても意味がない

菌活は、毎日継続してコツコツ積み重ねてこそ効果が上がります。
1回に大量の菌を摂取してもあまり意味がないどころか、下痢などの不調を起こす可能性も。
すぐに効果を期待しすぎず、継続してこそ想像以上の効果が得られるのだと考えてください。

4-2.普段の食事バランスも考えること

菌活中であっても、普段の食事バランスをできるだけ考えて整えることが大切です。
菌を生かすも殺すも、普段食べている食事内容しだいというところもあるでしょう。
毎回は無理でも、1日のうちでできるだけ各種食材をバランス良く食べるように考えてください。
外食の機会が多い場合はどんぶり物より定食を選んだりサラダを追加したりなど、できる範囲でかまいません。

4-3.腸まで死なずに届く菌を選ぶことも大切

せっかく菌活を行っていても、菌の種類によっては腸に届くまでに胃酸などで死滅してしまいます。
効率良く菌活を進めるためにも、できるだけ腸まで死なずに届く菌の種類を選びましょう。
食事だけで菌活をするのも良いですが、ときにはサプリメントの活用も検討してください。

5.まとめ

さて、今まで読んでいただけたのなら、もう菌活についてはバッチリでしょう。
それでは、最後におさらいとしてまとめておきます。

  • 菌活の基本を学んで頭に入れる
  • 菌活の効果をきちんと知る
  • 菌活で有効な菌の種類を学ぶ
  • 菌活の注意点を知って実行を検討する

この記事を繰り返し読んで、菌活に役立ててくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加