宿便を出す5つの方法と便秘解消のメリット

ポッコリお腹をなんとかしたい! 便秘解消でお腹を引っ込める5つのポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘でお悩みの方は多いですが、便秘の原因になる宿便という言葉をご存じでしょうか?
宿便は、滞留便といわれ、腸に数週間にわたり滞っている便のことです。
どんな人でも体に3キロ~5キロくらい、便秘の人では4~6キロも、宿便がたまっているといわれています。この宿便を放っておくと、体にさまざまな症状を引き起こし、最悪な場合、大腸がんの原因にもなってしまうのです。そこで、今日は、宿便を出す5つの方法についてご紹介します。「便秘がなかなか改善しない」「おなかが張って苦しい」などの症状でお悩み方はぜひチェックしてみてください。体調不良の一因となる宿便を改善し健康な体を手に入れましょう!

  1. 宿便とは?
  2. 宿便が及ぼす悪影響とは?
  3. 宿便を出す5つの方法
  4. 宿便を出すときの注意点

1.宿便とは?

人の腸には、600~1,000個もの腸内細菌がおり、毎日相当の数が死んでいます。この腸内細菌の死骸と食べ物のカス、はがれ落ちた腸壁などが合わさったものが宿便です。宿便は数週間にわたり腸にたまり、毒素を排出します。宿便というと、腸の中にびっしりとこびりついているような便を想像されるかもしれません。しかし、腸壁は常にはがれ落ちて、新しいものに生まれ変わっているのです。腸に便がついたとしても、便と一緒にはがれ落ちるため、実際はうっすら程度だといわれています。

1-1.宿便の原因は?

通常、健康な状態であれば、食べ物は、食後48時間以内には便として排出されます。これが、何らかの原因で、排便機能が低下し、72時間を超えても排出されなくなると宿便になるのです。排便機能の低下は、食事のバランスやストレス、加齢、薬の服用による副作用が原因。宿便で悩む割合は、男性より、女性に多いといわれています。女性は、おなか周辺の筋肉量が少なく、便を排出するための腸のぜん動運動が弱くなかなか排出できない体のしくみにより便が滞りやすくなってしまうのです。

12