腸の老化やその症状

便秘気味なら知っておくべき!腸の老化やその症状

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

食事はいつも腹八分を心がけているのに、なぜかおなかが張ってしまう、または、最近いつも身体がだるいというような症状があるなら、その原因は腸にあるかもしれません。
顔のようにしわができたり、髪の毛のように白髪が出てきたり目に見える変化がないために、老いを感じにくい腸の衰え。
実は、身体の中でジワジワと腸の老化が進行しているかもしれません。そこで、この記事では、腸の老化による症状や原因について解説していきます。

  1. 腸ってどんな働きをするところ?
  2. 腸の老化の原因は?
  3. 腸の老化を食い止めるには

1. 腸ってどんな働きをするところ?

私たちの身体は脳の指令によって日々動かされています。手足を動かす行動だけでなく、味覚だってそう。仕事の合間に口にするスイーツがあんなに、ほっこりと心にしみるのも、脳の幸せ中枢をつかさどる左前頭葉がうまく反応しているからなのです。
しかし、私たちの身体の器官はすべて脳の指示のもと動いているわけではありません。自主的に行動する臓器があります。
それは「腸」です。
今までは、口に入れた食べ物を消化する器官として扱われていましたが、そのミラクルな働きに「第2の脳」とか、「腸能力」なんて言葉も出てくるほど。
ここでは、腸の主な働きについて紹介します。

1-1. 腸は何をするところ?

腸は大きく分けて、約5〜6mの長さを持つ小腸と約1.5mの長さを持つ大腸に分かれています。
小腸は、胃である程度消化された飲食物を細かく分解し、身体に必要な栄養素や水分を吸収する営みを日々繰り返しているのです。そして、大腸では、小腸で吸収した内容物を細かく再チェックし、小腸の消化で吸収しきれなかった栄養や水分をさらに吸収していきます。また、この段階で残った身体の不要物を排せつ物として貯蔵するのも、大腸の仕事の一つです。
腸が食べ物を消化するときの筋肉の動きは、蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれ、まるで蛇が地上をはうような動き方をします。その蠕動(ぜんどう)運動とともに、腸液を分泌しながら食べ物を消化・吸収するのですが、実は、この動きには脳の指令が介入していません。
また、食中毒など異物が身体に入ってくると、おなかを下してしまったり、吐いてしまったりするのも、腸が独自に異物を判断した生理的反応からきています。
脳との臓器の連係プレーを待っていられないとばかりに、異物を体外に出そうとする腸が早急な対応を下した結果なのです。
この事例からも、腸は脳と同じように物事を判断する、考える能力が備わっていることがわかります。

12