悩める肌荒れ

悩める肌荒れ…どう改善したらよいの?原因の多くが○○だった!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

肌荒れの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
その原因が分かれば改善策も見えてくるはずです。
顔の肌荒れは女性にとって大きな悩み。
乾燥や冷え、ビタミン不足などが原因になっている場合もあるでしょう。
しかし、実は便秘のせいで肌荒れを起こしている人も多いのです。
腸の状態を整えて肌荒れを改善しましょう。

  • 肌荒れの原因を突き止めたい
  • 食べもので肌荒れを改善できるのか?
  • なぜ便秘だと肌が荒れるのか?

そんな女性の悩みを解決します。


1.肌荒れの原因

肌荒れの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
具体的な原因をご紹介します。

1-1.汚れ

肌荒れの原因は、顔に付着した汚れである場合が非常に多いのです。
自分では顔が汚れていることに気付かないでしょう。
しかし、いろいろなものを触っている手は、実は雑菌だらけなのです。
手は体の中で一番雑菌が多いと言われており、その手で顔を触るクセのある人は要注意。
手の雑菌が移ってしまい、肌荒れを起こしている可能性があります。
普段から自分の行動をよくチェックし、鼻やほっぺたを触っていないか考えてみましょう。
また、洗顔前には手を洗うことを習慣づけるようにしてください。
さらに、枕カバーにも注意が必要です。
毎日使う枕には、皮脂や頭皮の汚れ、汗など、目に見えない汚れがたくさん付いています。
枕を使うたびに顔へと付着してしまうため、肌荒れを引き起こしてしまうでしょう。

1-2.ストレスや生活習慣の乱れ

ストレスがたまったとき、肌荒れを起こす人は多いでしょう。
ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れやすくなり、肌の調子が悪くなります。
もちろん、不規則な生活も肌荒れの原因です。
ホルモンバランスが乱れると新陳代謝が悪くなり、免疫力が低下します。
その結果、細菌による感染やアレルギーを引き起こしやすくなり、肌荒れとなって顔に出ることがあるのです。

1-3.乾燥

特に冬場は、乾燥による肌荒れに悩む人が多いでしょう。
空気が乾燥すると肌の水分が逃げてしまい、顔の乾燥が起こります。
さらに、寒さで血行が悪くなるため、新陳代謝が乱れて皮脂が減ることも原因でしょう。
皮脂が減ると肌のバリアがなくなり、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。
常に外気と触れている顔は、体に比べて乾燥しやすいでしょう。

1-4.栄養の不足

肌荒れを防ぐためには、特にビタミンを摂取する必要があります。
ビタミン類には、傷付いた肌の再生を助け、皮膚や粘膜を新しく作る働きがあるのです。
この働きを「肌のターンオーバー」と言い、ビタミン類が不足することで乱れてしまいます。
古くなった角質や老廃物、メラニンなどが体外に出ていきにくくなり、肌のシミやくすみなどの原因になるでしょう。

1-5.便秘

便秘が原因で肌荒れを引き起こすケースは非常に多くなっています。
実際に、便秘を改善したことで肌荒れが治ったという人はたくさんいるのです。
なぜ便秘が肌荒れの原因になるのか、詳しくは次項でご紹介しましょう。

12