頻尿を改善したい人は必読!頻尿の原因と改善策を詳しく解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

頻尿は、本人しか理解できない辛(つら)さがありますよね。
今回は、頻尿に悩んでいる人のために頻尿の原因と改善策を詳しく解説しましょう。

  1. 頻尿とはどんな状態?
  2. 頻尿の主な原因には何がある?
  3. 頻尿を改善する方法を紹介!
  4. まとめ

最近トイレに行く回数が増えたと感じる人や頻尿の疑いを持っている人は、この記事が役に立ちますよ。


1.頻尿とはどんな状態?

まずは、頻尿について正しい知識を学びましょう。
頻尿についてきちんと学ぶことが、皆さんの悩みの改善に大きく役立つことでしょう。

1-1.尿の回数が1日10回以上

頻尿の判断基準は、1日10回以上の排尿があることがひとつの目安。
通常、1日の排尿は日中5回から6回程度が一般的と言われています。
また、トイレに行ってもすぐにまた行きたくなったり残尿感を覚えたりする場合は、頻尿を疑いましょう。
早めに治療を行うことが、生活の質を保つためにも必要ですよ。

1-2.特定の時間帯だけ頻尿になる場合も

実は、頻尿は特定の時間帯だけ症状が現れることも。
たとえば、昼だけだったり夜だけだったりします。
夜に寝た後、1回から2回排尿がある場合は正常でしょう。
しかし、3回以上排尿のために目が覚める場合は、夜間頻尿を疑うべきです。
特定の時間帯だけ頻尿になる場合も、速やかに医師の診断を受けてくださいね。

1-3.頻尿には男性と女性で差がある?

男性と女性では、頻尿になる割合で差があるのかという点ですね。
頻尿について考えるときは、男性と女性で差があるというよりも男女それぞれで頻尿になりやすい時期があると考えた方が良いでしょう。
たとえば、女性は産後に頻尿になりやすく男性は更年期以降に頻尿になりやすくなります。
さらに、男女ともに加齢で頻尿になりやすくなる点も覚えておきましょう。

2.頻尿の主な原因には何がある?

さて、頻尿になる原因には主に何があるのでしょうか。
頻尿の原因を理解することで、適切な改善方法を行うことができますよ。

2-1.前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)症になっている

男性は、前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)症があると頻尿になります。
前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)症の主な症状は、頻尿のほかにも尿が残っている感じがしたり尿が出にくかったりなども。
肥満や高血圧などの生活習慣病が、前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)症の原因と言われています。
男性で30歳以上の場合は、特に気を付けてください。

2-2.過活動膀胱(ぼうこう)になっている

過活動膀胱(ぼうこう)になると、頻尿になります。
過活動膀胱(ぼうこう)は、我慢できなくなるほどの尿意を急に感じることが大きな特徴。
また、尿意に間に合わずに漏れが起きることもあります。
過活動膀胱(ぼうこう)は、治療で改善しますから医師に相談してください。

2-3.糖尿病などの病気になっている

糖尿病などの病気があると、頻尿になります。
頻尿になる理由は、血液中の糖を尿によって排出しようとするから。
糖尿病になると喉(のど)が渇(かわ)くために、水分をたくさん摂(と)るようになるのでますます頻尿になるでしょう。
また、糖尿病以外でも病気が原因の場合は、病気を治すことが解決策となります。

2-4.水分を摂(と)り過ぎている

水分を摂(と)り過ぎていることも、頻尿の原因となります。
特に、汗をかかない季節に大量の水分を摂(と)ることは、尿の量を増やすことに。
すると、体は余分な水分を排出しようとしますから、頻尿になりやすいのです。
水分を多めに摂(と)ることは、健康に良い効果があることも事実でしょう。
しかし、頻尿が気になる人は水分の摂(と)り過ぎを疑ってみてくださいね。

2-5.便秘になっている

頻尿になる原因のひとつに、便秘があります。
頻尿も気になるけれど、便秘も同じように気になる人が多いのではないでしょうか。
便秘になると便でふくらんだ腸(ちょう)が、膀胱(ぼうこう)を圧迫します。
しかも、常に膀胱(ぼうこう)を圧迫することになるので頻尿になる仕組みに。
便秘が原因で頻尿になっていることに心当たりがある場合は、便秘を解消する努力をしてください。

2-6.トイレを気にし過ぎている

トイレを気にし過ぎることも、頻尿の原因になります。
尿意のコントロールは、心の持ち方が影響することも覚えておきましょう。
常に、トイレに行きたくなるのが怖いとかトイレに行くことができない、と気にし過ぎると膀胱(ぼうこう)に意識が集中することに。
すると、急に尿意を感じやすくなるのです。
頻尿を改善するためにも、気持ちをおおらかに持つことが大切でしょう。

3.頻尿を改善する方法を紹介!

それでは、頻尿を改善する方法を具体的に紹介しましょう。
いずれも効果のある方法ですが、自分の体質や状況を見ながら試してみてくださいね。

3-1.利尿作用の強い食べ物や飲み物を摂(と)らない

飲酒すると、普段は気にならない人も頻尿気味になりますよね。
アルコールは、体内の水分を排出しやすくする効果があるので、頻尿の人は控えることをおすすめ。
また、仕事中などのコーヒーの飲み過ぎにも気を付けましょう。
さらに、尿を出やすくするカリウムという成分を含んだ食べ物も多く摂(と)り過ぎないことが大切です。

3-2.膀胱(ぼうこう)周辺の筋肉を鍛(きた)える

頻尿の人は、膀胱(ぼうこう)周辺の筋力が弱くなっている可能性もあります。
まずは、膀胱(ぼうこう)周辺の筋肉を鍛(きた)えるエクササイズを行ってみてください。
加齢や出産は、筋力低下の主な原因。
普段、運動をしない人も気を付けてください。

3-3.便秘が原因の人は便秘解消を

便秘が原因で頻尿になっている人は、便秘を解消することが大切です。
ただし、便秘を解消しようとして水分をより多く摂(と)ることは避けてください。
たとえば、腸内の善玉菌を増やしてみるとか運動をするなどの方法がおすすめです。
また、ぐっすり眠ることも腸の活動を正常化して便秘解消に良いでしょう。

3-4.漢方薬やサプリメントを試す

頻尿を治すには、漢方薬やサプリメントを試す方法もあります。
体質に合った漢方薬やサプリメントを選ぶためには、医師や薬剤師などに相談してください。
自己判断で選ぶことは、症状の悪化を招くこともありますから注意しましょう。
また、決まった量を決まった時間に飲むことを守って服用してくださいね。

4.まとめ

今回は、頻尿について原因や改善方法をまとめてきました。
きちんと対策を行うことで、頻尿の辛(つら)い症状を無くすことができるでしょう。

  • 頻尿について基本を学ぶ
  • 頻尿の主な原因を理解する
  • 頻尿を改善する方法を学んで試す

この記事に書いてあることを参考にして、頻尿の辛(つら)さを無くしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加