便秘はホルモンバランスの乱れも原因になる?理由や対策方法はどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大豆

便秘の原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあることをご存じでしょうか。
この記事では、ホルモンバランスの乱れが便秘の原因になる理由や対策方法などをご紹介しています。

  1. ホルモンバランスの乱れが便秘を引き起こす理由は?
  2. ホルモンバランスが乱れやすい時期と原因について
  3. ホルモンバランスを整えるのに効果的な方法
  4. まとめ

女性ホルモンが便秘の原因と考えている人は、この記事を読むことで疑問を解決できるでしょう。


1.ホルモンバランスの乱れが便秘を引き起こす理由は?

ホルモンバランスの乱れが、便秘を引き起こす理由になるのはどうしてなのでしょうか。
具体的な理由を、ひとつずつ見ていくことにします。

1-1.腸のぜん動運動が弱くなる

ホルモンバランスが乱れることで便秘になる理由のひとつは、腸のぜん動運動が弱くなることです。
便を出すには、腸のぜん動運動が活発であることが条件。
しかし、黄体ホルモンのプロゲステロンが増えると腸のぜん動運動が弱くなることが判明しています。
便を送り出す力が弱くなることで、便秘になりやすくなってしまうことを理解してください。

1-2.腸にガスが溜(た)まりやすくなる

ホルモンバランスが乱れると、腸のぜん動運動が弱くなります。
同時に、腸にガスが溜(た)まりやすくなることも感じるでしょう。
ガスが溜(た)まると、お腹(なか)が張るだけでますます便秘になってしまうのです。
ガスの力で便を押し出すことになるのでは、と思う人もいるでしょう。
しかし、実際にはガスが溜(た)まっていくだけであり、便が排出されるとは限らないのです。

1-3.精神的にイライラする

ホルモンバランスが乱れると、精神的にイライラするようになります。
精神的なイライラは、便秘の大きな原因になるでしょう。
イライラすることは、無意識に体に力を入れることになります。
イライラして腸が緊張することで便秘になってしまうのだ、と覚えておいてください。

2.ホルモンバランスが乱れやすい時期と原因について

ホルモンバランスが乱れやすい時期は、存在します。
ホルモンバランスが乱れやすい時期と原因について、お話しましょう。

2-1. 春先など季節の変わり目

春先などの季節の変わり目は、ホルモンバランスが乱れやすい時期です。
季節の変わり目は、気温の変化が激しいことも特徴となるでしょう。
すると、無意識に気温の変化に合わせようとして体に負担が掛かります。
気温の変化によって体に負担が掛かることが、ホルモンバランスが乱れてしまう理由になることを知っておきましょう。

2-2.生理前や妊娠初期

生理前や妊娠初期も、ホルモンバランスが大きく変化する時期と言えるでしょう。
理由は、生理前や妊娠初期には黄体ホルモンのプロゲステロンが多くなるからです。
プロゲステロンは、子宮内の内膜(ないまく)が剥(は)がれないように作用するホルモン。
生理前や妊娠初期に便秘になりやすいのは、このプロゲステロンの増加が関係しているのです。

2-4.更年期

更年期になると、多くの女性が更年期障害を自覚するようになります。
更年期障害は、ホルモンバランスが乱れることが大きな原因であることをご存じの人も多いでしょう。
また、更年期になると生理の終わりも近づくことを意味します。
更年期に生理が終わってホルモンバランスが変化することも、便秘を酷(ひど)くする可能性があるでしょう。

3.ホルモンバランスを整えるのに効果的な方法

ホルモンバランスの乱れが原因の便秘を解消するためには、ホルモンバランスを整えることが最も良い解決法になるでしょう。
ここでは、ホルモンバランスを整えるのに効果的な方法を解説します。

3-1.栄養バランスの良い食事を摂(と)る

ホルモンバランスを整えるには、栄養バランスの良い食事を摂(と)ることが効果的です。
特に、イソフラボンを含む大豆製品やビタミン類などを多く含む野菜や果物をたくさん食べてください。
肉や魚も、良質なたんぱく質を摂(と)るために積極的に食べましょう。
仕事などで忙しく、コンビニ食や外食が多い人は、炭水化物や糖質が多くなりがちです。
栄養バランスの良い食事を摂(と)ることを意識して、毎日を過ごしてみてくださいね。

3-2.良質の睡眠を取る

ホルモンバランスを整えるには、良質の睡眠を取ることも大切です。
特に、夜ぐっすりと眠ることは効果的でしょう。
夜ふかしを止めて、早めに眠ることを心掛けてください。
ぐっすりと良質の睡眠と取ることは、体調が良くなるだけでなくホルモンバランスを正常に戻すためにも必要です。
でも、忙しくて眠る時間を十分に取ることができない人も多いでしょう。
短時間でも、深い睡眠を取る方法としては良い寝具を揃(そろ)えることも重要です。
心地よい睡眠を可能にする寝具を、探してみてくださいね。

3-3.適度な運動を行う

適度な運動を行うことも、ホルモンバランスを整えることになります。
体に疲労を溜(た)めない程度に、適度な運動を行ってください。
たとえば、毎日ウォーキングを行うことをおすすめします。
特に、普段から運動の習慣が無い人がいきなり運動を始めることは長続きしない原因にもなるでしょう。
無理の無い運動としても、ウォーキングは最適です。
適度な運動で体が健康になると、ホルモンバランスも整いやすくなるでしょう。

3-4.適度なストレス解消も大切

ストレスは無意識のうちに、体に溜(た)まっていくものです。
しかし、ストレスはホルモンバランスを乱す大きな原因になることを頭に入れておいてください。
ストレスを溜(た)め込まないように、普段からストレス解消を意識すること大切です。
ただし、食べることをストレス解消に選んでしまうことは避けた方が良いでしょう。
暴飲暴食は、ホルモンバランスを乱す原因のひとつです。
たとえば、ゆっくりヨガを行ってみたり散歩に出掛けたりするなど健康に良い方法でのストレス解消法を考えてみてください。

4.まとめ

今回は、便秘とホルモンバランスの関係について詳しく解説をしました。
女性は、生理があったり出産があったりでホルモンバランスが乱れがちなことは否定できません。

  • 便秘とホルモンバランスの関係を学ぶ
  • ホルモンバランスが乱れやすい時期と原因を知る
  • ホルモンバランスを整えるアイデアを学ぶ

適切に対応するためにも、今回の記事を何度も読んでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加