食欲不振の原因と対処法

食欲不振の原因と対処法を一挙公開!便秘が原因になるって本当?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今の時代、ストレスが原因で食欲不振に陥る人は非常に多いでしょう。しかし、原因はストレスだけではないのです。特に考えられる原因として便秘があります。食欲不振のほかに腹部膨満感や残便感がある場合は、便秘が原因で食欲不振になっている可能性が高いでしょう。便秘が原因で食欲不振になるメカニズムを知り、対処法を考えていく必要があります。「食欲不振が続いて困っている」「食欲不振の原因にはどのようなものがあるのか?」「食欲不振と便秘の関係を知りたい」そんな悩みにお答えします。


  1. 食欲不振の原因
  2. 食欲不振と便秘の関係
  3. 食欲不振の対処法
  4. 食欲不振と便秘に対するよくある質問
  5. まとめ

1.食欲不振の原因

食欲不振に陥る原因には、大きく分けて2つあります。「日常生活が原因」のものと「病気が原因」である場合です。具体的にご説明しましょう。

1-1.精神的ストレスと身体的ストレス

精神的・身体的なストレスにより心身への負担が続くと、自律神経の交感神経が過剰に刺激を受けます。その結果、消化吸収を促進する副交感神経の働きが抑えられてしまうのです。食欲が起こりにくくなり、心がリラックスできないために食事を受け付けない状態になってしまいます。

精神的なストレスとは、人間関係や仕事のプレッシャーといった心の悩みや不安のこと。小さな子供でも、両親の不仲など家庭環境の悪化がストレスにつながることがあります。身体的なストレスとは、過労や事故・ケガ、さらには音や光、温度などの環境によるものです。引っ越しをして慣れない環境での生活にストレスを感じ、食欲不振に陥る人も少なくありません。

1-2.不規則な生活習慣

人間は、体のエネルギーが不足すると、食事をとってエネルギーを補給するよう脳から指令が出ます。普通ならこのような仕組みで食欲が起こるのです。しかし、睡眠不足など不規則な生活を続けていると、自律神経が乱れ、胃腸の不調や食欲不振を引き起こしてしまいます。

また、運動が不足することでエネルギーが消費されず、補給の必要がなくなることも原因の1つです。

1-3.消化器の機能低下

夏バテによって食欲不振に陥る人も多いでしょう。夏場に高温多湿の環境が続くと、体が対応できなくなります。体温調節がうまくいかなくなり、過剰な発汗によって体の水分が不足するのです。夏バテによって体調不良を起こすと、自律神経が乱れて食欲不振に陥ることがよくあります。

1-4.便秘

便秘が続くことも食欲不振の原因になります。便秘は食欲不振以外にも、さまざまな体調不良の原因になるため、自分に合った対処法を考える必要があるでしょう。便秘と食欲不振の関係については、次項でご紹介します。

1-5.そのほかの原因

上記以外にも食欲不振を引き起こす原因はたくさんあります。たとえば、アルコールの飲みすぎが挙げられるでしょう。体内に入ったアルコールは、肝臓で解毒されます。アルコールを飲みすぎると肝臓の働きが低下し、吐き気や全身の倦怠感を引き起こすのです。その結果、食欲の低下へとつながります。

ほかにも、消化器に炎症や潰瘍、腫瘍などの疾患が起きたとき、胃下垂などにより機能が低下したときに食欲が低下しやすくなるでしょう。消化器以外にも、甲状腺や脳の疾患が原因で食欲不振に陥る可能性もあります。

12