便秘解消の食べ物

海藻は苦しい便秘に効果あり!効率よく便秘解消する食べ方をご紹介

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

痩せると美しくなれると思う方は、ダイエットに励むことがあるでしょう。さまざまなダイエット法があり、メディアでも取り上げられる機会が増えました。食事療法を取り入れることがありますが、食事量を制限してしまい、便秘がちになって苦しい思いをします。
また、低カロリーのものを中心にした料理で、食物繊維を取りすぎるとお腹(なか)がゆるくなることもあるでしょう。便秘も悩ましい問題ですが、きちんと定期的な便の排出がされず、健康を維持できなくなってしまいます。
数ある中でも、海藻を使った便秘解消方法にも関心が高まっていますが、食べ過ぎると弊害もあるので注意が必要です。今回は、海藻の効果や正しい食べ方についてご紹介します。便秘解消に生かしてみてください。

  1. 海藻の便秘解消効果
  2. 過剰摂取によるリスク
  3. 海藻の取り方や目安
  4. まとめ

1.海藻の便秘解消効果

古くから、海藻には多くの食物繊維が含まれていると知られ、腸内環境をきれいにしてくれる働きがあるといわれています。女性は腹筋が弱いため、便秘に悩む方が多いものです。便秘が続くとさまざまな症状を引き起こし、深刻な疾患に発展する恐れもあります。
海藻を取り入れたダイエットを始める前に、どのような作用や効果があるか知っておくと安心です。

1-1.水溶性食物繊維

食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類があります。海藻は水溶性食物繊維で、便の排出を促す効果が期待できる食物です。水溶性食物繊維の特徴は、水分を吸収して便を柔らかくする作用を持っていること。便が硬くなって出にくい場合、腸内での滑りが悪くなって排出の妨げとなることがあります。水溶性食物繊維である海藻は、便の詰まりに悩んでいる方にとって強い味方となる食物です。

1-2.ぬめりが便秘に効く

海藻には独特のぬめりがありますよね。昆布やもずくなどの海藻のぬるぬるした感触は、水溶性食物繊維の特徴の1つです。水溶性食物繊維が善玉菌の繁殖を助け、腸内環境を正常化します。整腸作用があり、便秘解消に効果を発揮するのです。便の排出と同時に、過剰に取りすぎた塩分・有害物質も排出し、不飽和脂肪酸・EPAが血中コレステロールを下げてくれます。

1-3.食物繊維以外の栄養素

海藻の持つ栄養素は、食物繊維だけではありません。カルシウム・鉄分・カリウムなどミネラル成分が豊富に含まれています。
ビタミンも多く含まれているため、美肌効果も期待できる食物です。海藻にはヨウ素という成分がありますが、髪にツヤが出て健康的な美を意識する場合、積極的に取るようにしましょう。ヨウ素は体脂肪燃焼を促し、効率よく脂肪を消費してくれます。

1-4.大腸ガンになるリスクを下げる

海藻に含まれるフコイダンやアルギン酸ナトリウムという成分がガン細胞に働きかけ、大腸ガンになるリスクを軽減してくれます。大腸ガンは日本人の死因第3位に入る、軽視できない疾患です。特に女性に多く発症する傾向があります。

12