お灸で便秘解消

お灸の便秘解消効果を検証!便秘に効くツボってどこ?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
お灸

お灸にはどの程度の便秘解消効果があるのでしょうか。
特に女性に多いと言われている便秘。
悪化すると重大な病気を引き起こす可能性もあるため、早めに何とかしたいものですよね。
便秘解消法にはさまざまなものがあります。
食事の改善や運動不足の解消によって効果が出る場合もあるでしょう。
「今まで何を試しても効果がなかった」「即効で効果が出る方法を知りたい」という人のために、お灸による便秘解消効果についてご紹介したいと思います。
便秘に効くツボをお灸で刺激する方法なら、便秘になりがちな妊婦さんでも安心して試すことができるでしょう。

  1. 便秘の原因
  2. お灸の便秘解消効果
  3. 便秘に効くツボ
  4. お灸を使うときの注意点
  5. まとめ

1.便秘の原因

まずは、便秘の原因になるものについて考えてみましょう。
原因を知ることで便秘解消が可能になる場合もあります。

1-1.運動不足

便秘の原因として最も多いのが、運動不足という問題です。
運動不足により筋力が低下すると、便を腸から肛門(こうもん)へ押し出すことが困難になります。
腸のぜんどう運動を活発にするためには、腹筋の力が必要なのです。
腹筋が弱くなると、腸をきちんと動かすことができなくなり、便を肛門(こうもん)までスムーズに運ぶことができなくなってしまいます。
自然と便が腸内にたまる時間が長くなり、必要以上に便が硬くなってしまうのです。
その結果、腸内環境が悪化し、便秘を引き起こしてしまいます。

1-2.食生活の乱れ

食生活の乱れが便秘の原因になることは言うまでもありません。
特に、食物繊維が不足すると便秘を引き起こしやすくなるでしょう。
不溶性食物繊維は、水分をためこんで便を軟らかくし、大腸の通過をスムーズに促してくれます。
そして、水溶性食物繊維は、腸内環境を整える善玉菌を増加させる働きがあるのです。
両方の食物繊維をバランスよく摂取することが大切でしょう。
また、女性に多い無理なダイエットなどは、食事量や水分量を減らすことになり危険です。
水分摂取の減少や食物繊維不足が原因で、便が硬くなって便秘になりやすくなるでしょう。

1-3.ストレス

実は、ストレスも便秘の最大要因なのです。
脳で感じたストレスに、腸はすぐに反応します。
腸は「第2の脳」と言われており、心の状態と密接な関係にあるのです。
もちろん、精神的なストレスだけでなく、肉体的なストレスも便秘の原因になります。
たとえば、毎朝ゆっくりとトイレに行く時間がないと、便意があっても我慢することになるでしょう。
そうすると、だんだんと腸の働きが悪くなり、便秘を引き起こしてしまうのです。

1-4.ホルモンバランスの乱れ

便秘が女性に多いのは、ホルモンバランスが大きくかかわっているためです。
男性の場合は、毎日ほぼ一定のリズムでホルモンが分泌されています。
しかし、女性の場合そうではないのです。
女性ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが毎日分泌され、体調にも影響を及ぼしています。
エストロゲンは排卵日に近づくにつれて分泌量が増え、排卵後はプロゲステロンが盛んに分泌されるのです。
妊娠中や出産後の女性が便秘になりやすいのは、こういったホルモンの動きが関係しています。

12