原因から考える、膝痛を予防する方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

膝痛は日常生活に影響が出てしまうこともある症状です。
膝痛の原因については非常に様々な原因があります。
膝痛の代表的な3つの原因を挙げて膝痛を予防するための方法について紹介します。


膝痛の原因1:血行不良による膝痛

血行不良による膝痛は膝痛の原因の中でも非常に多い原因となります。
膝通に悪影響を与える血行不良は “筋肉疲労”“運動不足”“精神的ストレス”など様々な原因によって引き起こされます。
血行不良が引き金となる膝通を予防するためには“血流を改善する”という対処方法を行ないます。血行不良はストレッチやウォーキングなどの適度な運動を行なうことで改善できます。
運動は膝に悪い影響を与えるようなイメージがありますが、適度な運動に関しては膝痛を予防する効果を持っています。
運動の方法によって膝に与える影響は変化しますが、適度な運動による血流の改善は腰痛以外の様々な生活習慣病の予防に効果があります。

膝痛の原因2:姿勢を原因とした膝痛

膝痛は普段の姿勢や歩き方が原因となる場合があります。膝の関節は歩き方に大きな影響を受けます。重心が偏っている、筋力が低下しているなど歩き方に左右の偏りがあると膝痛の症状が現れることがあります。
膝痛は腰痛と同じように長時間同じ姿勢でいると症状が現れることがあります。これは血行不良にも関係しているのですが、長時間同じ姿勢でいることは膝痛にはあまり良いことではありません。
膝痛は一度症状が出てしまうと症状が悪化してしまう傾向にあります。これは片側の足が膝痛になると反対側の膝を酷使してしまうことで両足に膝痛が現れてしまうということが原因です。

普段、同じ姿勢でいることが多いという場合には定期的に屈伸などのストレッチを行なうことで膝痛を予防することができます。

既に膝痛の症状が出てしまっているという場合にはストレッチでは解消が難しくなります。膝痛に症状が出ているという場合には早めに医療機関に相談して治療を開始するようにしましょう。

膝痛の原因3:加齢による影響

膝周りの筋力低下は膝の関節に悪影響を及ぼします。膝の骨や軟骨は筋肉によって支えられています。軟骨の磨耗も膝痛には大きな影響を及ぼしますが、筋力の低下も膝痛を引き起こす原因となります。
加齢によって筋力が低下することは避け難いのですが、日常的に軽い運動を心掛けることで筋力の低下を防ぐことができます。

また加齢による膝痛は筋力だけではなく骨にも大きな影響を与えます。
加齢による膝痛は骨の変形や強度低下が原因になることがあります。特に“骨粗しょう症”によって骨の強度が失われると関節に負担がかかり膝痛の原因になります。

膝痛の原因となる骨粗しょう症の対策はカルシウムの摂取が基本になります。更にカルシウムと共にマグネシウムを摂取バランス良く摂ることで骨粗しょう症の進行を遅らせることができます。
マグネシウムは食事の中で摂ることが難しいミネラルなのでサプリメントで補うことも大切です。

膝痛をサプリメントで予防する!

膝痛の予防方法はウォーキングやストレッチなどの運動が主な対策になりますが、サプリメントによる栄養補助というのも大切な対策になります。
食事では摂りにくい栄養素をサプリメントで補いつつストレッチやウォーキングなどの軽い運動を行なうことで膝痛は予防することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加