朝1杯の水で便秘が解消できる? 効果的な飲み方や注意すべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は便秘に悩んでいる方が多いですよね。さまざまな便秘解消法がありますが、水分をきちんと取っていますか?水分を適切に取ることも重要ですが、飲み方にもポイントがあるのです。
朝目覚めたときに、1杯の水を飲む方法がおすすめ。冷たい水を飲むことで、腸の動きを活性化してくれます。便秘は慢性化してしまうと、体調不良を引き起こす深刻な問題です。出ないことに慣れてしまわず、積極的に解消するように心がけてください。
今回は、便秘解消に効果的な水の飲み方についてご紹介します。辛(つら)い便秘を克服する参考にしてみてください。

  1. 便秘の定義
  2. 朝1杯の水が便秘によい理由
  3. 便秘に効く水の飲み方
  4. 便秘がもたらす健康被害
  5. 便秘薬の使い過ぎには注意
  6. まとめ

1.便秘の定義

便の排出にかかわる消化器官はおよそ9mあります。9mある消化器官の中で、8mが腸を占めているのです。食べたものの栄養素は小腸で消化吸収し、大腸では消化されずに残ったものから水分を吸収して便として排出されています。
便秘の定義とは、3日以上便通がない・1週間で2回以下の排便に留(とど)まることです。便秘で悩む方の中には軽度で生活習慣の見直しや食生活の工夫で解消するケースもあります。しかし、自己流の改善方法で便秘をさらに悪くしてしまうことがあり、適切な解消法を取り入れることが重要だとされているのです。

2.朝1杯の水が便秘によい理由

朝1杯の水が便秘解消を促すとされているのは、広く知られていることです。なぜ便秘に効果を発揮するのでしょうか? 

2-1.目覚めてすぐに飲む

目覚めてすぐに冷たい水を飲むことにより、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促進してくれるからです。白湯(さゆ)より冷えた水を飲むようにしてください。冷たい水で胃腸反射を引き起こし、水分を吸収して脳へ信号を送り、脳から大腸へ働きかけて便意をもよおすようになります。胃の中に食物や水分がない状態で摂取することが理想的で、胃腸反射が起きやすくなるとされているのです。
便秘の原因となっているほとんどは、蠕動(ぜんどう)運動能力低下によるもの。朝の1杯で低下した蠕動(ぜんどう)運動改善にもつながります。

2-2.就寝中に失われる水分が多い

人は睡眠中にコップ1杯の汗をかくといわれています。便秘解消だけではなく、健康そのものにも影響を与えるのが朝1杯の水です。
水分を取ることにより、便通改善・乾燥肌にも効果的。就寝中は副交感神経の働きが活発化し、起床後は交感神経に切り替わります。寝覚めに1杯の水を取ることで、心身ともに活発に活動できる状態へ体を導いてくれるでしょう。

3.便秘に効く水の飲み方

目覚めの体を活性化し、健康にも大きく影響するとされている朝に飲む1杯の水は、どのように摂取すればいいのでしょうか?正しい飲み方の知識を持ち、より高い効果が得られるように工夫してみてください。

3-1.硬水を飲む

ミネラルの中でもカルシウム含有量が多い硬水の方が、軟水より高い効果が得られます。カルシウムには、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進する働きがあり、便通を改善する働きをしてくれるのです。
朝1杯飲む水には、硬水のミネラルウォーターを選ぶようにしてみてください。
しかし、便秘解消に効果があるといって、飲み過ぎは逆効果です。下痢を引き起こし、血中ナトリウム低下を招く恐れがあります。

3-2.水の摂取と合わせて朝食も取る

便は、規則正しい食生活があってこそ、きちんと排出されるものです。胃腸に何も食べ物がない状態では、朝1杯の水を飲んでも便秘解消にはつながりません。
水を飲むことと合わせ、朝食もきちと食べるように心がけてください。前日の晩ごはんもしっかり食べるようにしましょう。

3-3.一気飲みはしない

コップ1杯の水だからと、一気飲みは避けた方がいいでしょう。効果を得るためには、噛(か)むように少しずつ飲むことが理想的です。
一口ずつ、噛(か)み締めながら飲むようにしてみてください。同じ水の量でも、便秘解消の効果が高まります。

4.便秘がもたらす健康被害

便秘体質だからと諦めていませんか?便秘は女性に多いものですが、放置しておくと思わぬ健康被害に遭う可能性が高いため、便秘解消は積極的に行うように心がけてください。
便秘が慢性化するとどのような症状が現れるのでしょうか? 

4-1.肌荒れ

便秘と同じくらい女性が気にするのは、肌トラブルです。腸の働きが鈍くなり、代謝機能が低下します。肌のくすみ・乾燥肌・ニキビなど、さまざまな肌トラブルを引き起こすでしょう。
ニキビは、腸に老廃物が蓄積することで起こりやすくなります。定期的な排便があることで、すっきり解消できるので便秘解消は大切です。

4-2.肥満体質

便秘は、腸が必要な栄養素を効率良く消化吸収できない状態です。目には見えなくても、体内では細胞が本来の働きができず、細胞まで栄養素が行き渡らない状態。
摂取した栄養素が消化吸収できず、体内にどんどん蓄積して膨れ上がっていきます。蓄積するため、肥満傾向になってしまうでしょう。
代謝機能低下・栄養素の蓄積により、痩せにくい体質になることもあります。ダイエットを考えている方は、まず便秘解消から考え始めると効果が得られやすくなるはずです。

4-3.口臭や体臭の悪化

腸内に老廃物が蓄積した状態の便秘は、排出されないことで嫌な臭いが口臭や体臭となって現れます。最近、体の臭いが気になってきたという方は、便秘である可能性が高いものです。
朝1杯の水を飲む習慣で、便秘を解消して嫌な臭いも改善できるでしょう。

5.便秘薬の使い過ぎには注意

便秘解消に便秘薬を使う方も多くいます。しかし、便秘薬の使用は注意が必要です。便秘薬は、腸内で蓄積した便が硬くなった便を和らげ、自然な排便を促す効果があります。
便秘薬の使い過ぎは禁物です。自分で排便する筋肉が弱まり、腸内にあるべき善玉菌の働きを弱めるとされています。
効果が明確であるため、便秘薬が手放せなくなる方も少なくありません。
便秘薬で腸の働きを弱めてしまうより、朝1杯の水で便秘解消を促す方がいいでしょう。

6.まとめ

便秘に効果的だとされている朝1杯の水についてご紹介しました。

  • 便秘の定義
  • 朝1杯の水が便秘によい理由
  • 便秘に効く水の飲み方
  • 便秘がもたらす健康被害
  • 便秘薬の使い過ぎには注意

朝に飲む水は、腸を活性化して排便を促す効果があります。水は、一気飲みしないようにしてください。少しずつ飲むことで、より高い効果が得られます。
朝飲む水には、マグネシウム成分が豊富に含まれている硬水が最適です。カルシウムが腸の蠕動(ぜんどう)運動を正常に行われるように働きかけ、自然な排便を促してくれます。
便秘は多くの女性が抱えている悩みの1つ。この記事を参考にして、便秘解消を促し、快適な生活と健康を取り戻してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加