プルーンの便秘改善と予防の効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
プルーン

便秘は美容にも健康にも悪影響を与えます。
便秘を改善するために便秘薬を服用しているという方も多いのですが、便秘は可能な限り薬に頼らず改善することが大切です。
便秘に効果のある食品は様々ですが、今回は気軽に利用できるプルーンの便秘への効果について紹介します。


・プルーンに含まれる便秘改善成分【食物繊維】

食物繊維は便秘に効果のある成分として知られています。プルーンは食物繊維が多くの含むフルーツとして知られています。
プルーンは生でも十分に食物繊維を含んでいるのですが、乾燥することでグラム当たりの食物繊維量が増えます。乾燥によってプルーン自体の食物繊維量が増えている訳ではないのですが、乾燥することで効率的に食物繊維を摂取することができるようになります。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますがプルーンにはこの2種類がバランス良く含まれています。食物繊維というとお腹が張るというイメージがありますが、プルーンには2種類の食物繊維のバランスが良くお腹が張るということはありません。

・プルーンに含まれる便秘改善成分【ソルビトール】

プルーンには食物繊維に加えてプルーンには“ソルビトール”という糖質も豊富に含まれています。
ソルビトールは体内へ吸収され難い性質があり緩下作用を持っています。
緩下作用とは排便を促す作用のことで便秘改善効果と同じ意味です。ソルビトールの緩下作用は下剤などに比べ非常に緩い効果なので、無理なく自然に近いかたちで便秘を改善します。

ソルビトールには非常に高い便秘改善効果があるのですが、摂り過ぎると下痢などの症状が出てしまう可能性もあるのでプルーンの食べ過ぎには注意しましょう。

・プルーンを食べる目安と注意点

便秘改善のために改善のためにプルーンを摂る場合の目安ですが、プルーンには様々な加工品があるため摂取の目安は異なります。

乾燥プルーンでは一日2~3個、プルーンエキスでは小さじ1~2杯が目安になります。

これはあくまで目安であり体調や持病などにより注意が必要なこともあります。プルーンを食べる目安の個人差と注意点について紹介しましょう。

【プルーンはカロリーが高い】

プルーンは健康に良いのですが多くの果糖を含むので“カロリーが高い”という特徴があります。
栄養補給という面では非常に良いのですが、肥満や糖尿病などの持病がある場合には注意が必要です。肥満が気になる方や糖尿病などの持病がある方の場合には、商品の一日の目安量やカロリーを目安にプルーンの摂取量を調整するようにしましょう。

【鉄分を摂取したい場合にはコーヒーは避ける】

プルーンに含まれる鉄分を摂取したい場合にはコーヒーなどの“タンニン”を含む食品を一緒に摂ることを避けるようにしましょう。
タンニンは鉄分と結びつき鉄分の吸収を妨げるという性質があり、プルーンとコーヒーを一緒に摂ることで鉄分の吸収を阻害してしまいます。
コーヒー意外にタンニンを多く含む食品は“お茶”、“ワイン”、“柿”などがあります。
プルーンに含有される鉄分を効果的に補給したいという場合にはタンニンを含む食品は避けるようにしましょう。

・プルーンは便秘改善に効果的!

プルーンは食物繊維やソルビトールなど便器改善に効果的な成分を多く含む食品です。自然な食品で便秘改善を行ないたいという場合には、プルーンを使用してみるのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加