関節痛の原因や対処法・予防法

「膝が痛い!!」に代表される関節痛。原因や対処法・予防法を徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年を取るにつれて膝が痛い、もしくは節々の関節が痛むようになった、と悩んでいる方は少なくないでしょう。
関節は使えば使うほど、摩耗(まもう)が激しくなる器官です。
ですから、一度痛めてしまうと、どうしても痛みがひんぱんに出やすくなります。
加齢以外にも、スポーツのやりすぎや交通事故などでも、関節痛が発症する場合もあるでしょう。
今回は、関節痛の改善方法や予防方法などを、ご紹介します。
関節痛は体の使い方やケアの仕方で発症を予防できるケースも多いのです。

  1. 関節痛って何?
  2. 関節痛が症状に出る病気とは?
  3. 関節の損傷や摩耗(まもう)などが原因で発症する関節痛とは?
  4. 関節痛をやわらげる方法
  5. 関節痛を予防する方法

また、関節痛を発症してしまったとしてもあきらめてはいけません。
日常生活を工夫したりサプリメントを摂取したりすることにより、症状の改善も可能なのです。
関節痛に悩まされている方や関節痛を予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.関節痛って何?

まず始めに、関節痛の定義や主な症状などをご紹介します。
関節痛はポピュラーな体の不調のひとつと考えられがちですが、重篤な病気の症状である場合も珍しくありません。
ですから、「たかが関節痛」と軽く考えないようにしましょう。

1-1.関節痛とは?

関節痛とは、文字どおり関節が痛む症状の総称を指すのです。
私たちの体には、いくつもの関節があります。
手足が複雑に動くのも、首や腰が回せるのも関節があるからです。
この関節が何らかの原因で炎症を起こしたり、うまく動かなくなったりしたときに関節痛が発症します。
代表的な症状は、「動かすと痛い」「正座など関節を曲げたまま長時間過ごすと痛い」などです。
しかし、原因によっては「安静にしていても痛くてたまらない」「発熱やけん怠感など別の症状がともなう」こともあります。

1-2.関節痛の症状が出やすい部位とは?

関節痛が出やすい部位の第1位は膝です。
膝は歩くたびに全体重を支えますし、激しい動きをした場合、一番負担がかかります。
次に症状が出やすいのは腰やひじです。
腰は「腰痛」という別名があるほど、痛みが出やすい箇所。
腰の関節は膝とは逆に、主に座りっぱなしなど同じ姿勢を長時間取っていると発症しやすいでしょう。
さらに、手さ気を使う仕事をしている方は、手首や指の関節も痛めやすいです。
また、病気の症状として関節痛が出る場合は、全身の関節がはれて痛むというケースも珍しくありません。

1-3.関節痛になりやすい人とは?

関節痛は年齢が上がるにつれて、男女関係なく発症率がアップします。
しかし、毎日運動する習慣がある方は、運動を全くしない人に比べて関節痛が発症しにくいというデータもあるのです。
つまり、運動不足の方は関節痛になりやすいといえます。
だからといって、とにかく運動をすればよいというわけではありません。
スポーツ選手の中には、若いことから関節痛に悩まされている方も多いのです。
さらに、やせている人よりも太っている人の方が、膝の関節を痛めやすい傾向にあります。