【必読】便秘を解消したい人のトリセツ!痛くない便秘薬でスッキリ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘をとにかく解消したい人は、便秘について正面から学ぶことが必要です。自分が便秘になった原因を知って、適切な対応を取ることで悩みを解消することは十分できるでしょう。今回は、便秘の解消に必要な知識をまとめました。本気で便秘を解消したい人は、じっくり読んでみてください。

  1. そもそも便秘ってどんな状態?定義を確認!
  2. 便秘の原因は何?きちんと学ぼう!
  3. 薬に頼らない便秘解消法を学ぼう!
  4. 便秘薬の種類と成分を理解しよう!
  5. 便秘薬を使うときに注意したいことは?
  6. 痛くならない便秘薬ってあるの?
  7. ダイエットと便秘について
  8. 便秘にかんするよくある質問集

記事を読み終えるときには、深い知識が身に付いて便秘解消に近づくことができるでしょう。


1.そもそも便秘ってどんな状態?定義を確認!

そもそも、便秘とはどんな状態を指すのでしょうか。便秘の定義について、確認しておきましょう。

1-1.便秘って何?

便秘とは、何らかの原因によって正常な排便が起こらない状態を指します。正常な排便としては、硬過ぎずゆる過ぎずバナナ1本分から2本分程度の排便が定期的にある状態が理想と言えるでしょう。反対に、便秘は、定期的に便が出なくなってしまう状態を指します。また、便が出ていても少量だったり出し切れていない感じが残ったりすることもあるでしょう。

1-2.何日出ないと便秘なの?

実は、便が何日出ないことだけで便秘であるとは言えません。重要なことは、定期的にきちんと排便があるかという点や、便を出し切ってない感じがしない点なのです。つまり、毎日排便がある人でも隠れ便秘になっている可能性もあると言えるでしょう。おおよそ2~3日に1度の排便がある場合は、大きな問題では無いと考えてください。ただし、1週間や2週間排便が無い場合は、便秘の状態にあると思って良いでしょう。

1-3.便秘の危険性を再確認しよう

たかが便秘だから問題無い、と考えるのは危険です。便秘は、放置すると悪化してさまざまな悪影響を体に与えることを知っておいてください。便は、体内で要らなくなったものを排出する役割を持っています。便秘で便が体内に長時間とどまることは、スムーズな新陳代謝ができないだけでなく必要な栄養素を吸収しづらい状況にもなるでしょう。便秘は、栄養不足にもなりやすいということですね。また、ひどい便秘になると腹部の張りや不快さが増して精神面にも悪影響があるでしょう。

1-4.便秘になりやすい人や性別について

便秘になりやすい人や性別について、お話ししましょう。便秘になりやすい人は、日常生活の活動量が少なかったり、食が細かったりする人ですね。アウトドアよりもインドアを好む人も、運動量が少ないことから便秘になりやすいと言えます。また、便秘は、男性より女性の方が悩む人が多くなることも覚えておきましょう。理由は、女性の方が食事量が少ないことや、ホルモンバランスの関係で便秘になりやすいことなどが挙げられます。

2.便秘の原因は何?きちんと学ぼう!

便秘解消のためには、原因が何かを分析することが大切です。自分の便秘は、どんな原因から起こっているのかを確認するためにもきちんと学びましょう。

2-1.便秘の主な原因を確認しよう

どうして便秘になるのか、主な原因を6つ例にして確認していきましょう。

2-1-1.食物繊維の不足

野菜が苦手だったり、外食が続いたりすることで食事内容が偏ることは、食物繊維が不足することになるでしょう。食物繊維は、スムーズな排便に必要不可欠な成分です。食物繊維が不足すると、十分な量の便を作ることができずに便秘に。口当たりの良い、柔らかな食べ物ばかりを食べる人は、特に食物繊維不足に注意しましょう。

2-1-2.腸内環境が悪い

バランスの悪い食生活を続けることは、腸内環境が悪化して悪玉菌の増加につながります。腸内で悪玉菌が増え過ぎると、便をスムーズに排出できなくなるなどの影響が。脂質や糖質の多い食事を続けることは、便秘をひどくする可能性が高いので注意してください。

2-1-3.水分不足

体が水分不足になった状態では、便も硬くなってしまいます。硬くなった便は、排出することが難しいので便秘になりやすくなるでしょう。普段から、適量の水分をこまめに摂(と)ることで腸内での水分不足を解消してください。水分を摂(と)るときは、利尿作用が強いお茶よりも真水(まみず)を選ぶと良いですよ。

2-1-4.運動不足

普段から運動する習慣が無い人は、運動不足が便秘の原因になることがあります。電車や車での移動が多い人は、歩く習慣を付けてみてはいかがでしょうか。また、週末にサイクリングなどを行うと適度な運動になっておすすめです。運動不足は、腸内活動の低下にもなりますので普段から少しずつ解消して腸内活動が活発になるように改善してください。

2-1-5.ストレス

実は、ストレスも便秘の原因となります。ストレスが大きな人は、腸の活動が低下しやすいのです。ストレスが原因で便秘になっている人は、食事や運動での解消を目指すよりもまずは自分のストレスを解消するように心掛けてください。ストレスから解放されると、同時に便秘からも解消されたという人も多いです。毎日のストレスと上手に付き合うことができると、便秘の悩みも無くなることでしょう。

2-1-6.薬の副作用

ほかの病気の治療薬を服用することで、副作用として便秘になることがあります。腸の働きを抑えるための成分が、便秘につながってしまうこともあると覚えておきましょう。しかし、便秘が嫌だからと自己判断で服薬を中止してはいけません。まずは、便秘になっていることを主治医に相談して指示を受けてください。

2-2.便秘から想定できる病気には何がある?

便秘は、ほかの病気の症状である可能性もあります。では、便秘から想定できる病気には、どんなものがあるのでしょうか。ここでは、主なものをいくつかご紹介しますね。

  • 大腸がん
  • 腸閉塞(ちょうへいそく)
  • 卵巣嚢腫(のうしゅ)
  • 低カリウム血症(ていかりうむけっしょう)

たかが便秘と思っては、いけません。便秘には、ほかの病気が隠れていることを理解しておきましょう。中には、命にかかわる重病も含んでいます。少しでも不安に感じたときは、内科を受診して相談してください。

3.薬に頼らない便秘解消法を学ぼう!

便秘は、薬に頼ること無く解消できると理想的です。まずは、薬に頼らない便秘解消法を学んでいきましょう。

3-1.原因別に解消法のポイントを解説!

便秘の解消法は、原因によって異なります。そこで、原因別の解消法をご紹介しますから、ポイントを理解してくださいね。食物繊維不足や水分不足の場合は、不足しているものを多く摂(と)ることで解消できるでしょう。食生活のバランスが悪くて腸内環境が圧潰している場合は、バランスの良い食生活に改善することで便秘も解消することが期待できます。運動不足の人は、腸の動きが活発になるように無理をしない範囲で軽い運動を行ってください。ストレスを抱えている人は、適度にストレスを解消することを心掛けましょう。もしも、薬の副作用で便秘になっている場合は自己判断で薬を飲まないことは避けてください。便秘の原因が判明している場合は、根本となっている原因を無くすことで解消できますよ。

3-2.便秘に効果がある食べ物を解説!

便秘にならないためには、普段から便秘予防や解消に効果がある食べ物を意識して摂(と)ると良いでしょう。便秘に効果がある食べ物の中から、プルーンとヨーグルトについて解説しますね。

3-2-1.プルーン

プルーンは、便秘解消に効果が高い食べ物のひとつです。プルーンには、食物繊維を豊富に含んでいるので、便の体積を増して腸のぜん動運動を促す効果が期待できるでしょう。また、は、ソルビトールという糖分を含んでいます。ソルビトールは、便を柔らかくする効果があることを覚えておきましょう。つまり、プルーンの食物繊維とソルビトールの働きによって、便秘を解消できるというわけですね。ただし、プルーンは食べ過ぎてもお腹(なか)がゆるくなる原因になるので適量を守って食べてください。

3-2-2.ヨーグルト

ヨーグルトも、便秘解消に大変役に立つ食べ物と言えるでしょう。ヨーグルトに入っている乳酸菌は、腸内に届いて善玉菌を増やすことで腸内活動を正常化します。便秘になっている人の腸は、善玉菌が少なくて悪玉菌が多くなっているでしょう。ヨーグルトを食べて善玉菌を増やすことは、腸内の細菌バランスを整えます。腸が正常に活動することは、根本的な便秘解消につながるでしょう。ヨーグルトで便秘解消をしたい場合は、できるだけ毎日食べるようにしてください。

3-3.便秘に効果があるツボを押してみよう!

ツボを押すことで、便秘を解消することも可能です。では、便秘に効果があるツボの位置をご紹介しましょう。今回は、特に効果を期待できるものを5つご紹介しますね。

  • 合谷(ごうこく):親指と人差し指の付け根で骨が交わる位置のツボ
  • 神門(しんもん):手首にある関節で小指側のくぼみがある位置のツボ
  • 天枢(てんすう):おへその位置から外側に指3本離れた位置のツボで左右に2つある
  • 大巨(だいこ): 天枢(てんすう)から下側に指3本離れた位置のツボで左右に2つある
  • 便秘点:背中側の肋骨(ろっこつ)の一番下から指2本分かつ背骨から指4本分外側にあるツボで左右に2つある

ツボを押すときは、ゆっくりと深呼吸しながらを意識してください。押し過ぎてお肌を傷つけないように、注意しましょう。今回ご紹介したツボの中でも、合谷(ごうこく)と神門(しんもん)は手にあるツボなので押しやすいはずです。気が付いたときに、こまめに押すようにしてください。

3-4.マッサージで便秘を解消してみよう!

便秘の原因が腸の働きが悪いことである場合は、マッサージも効果的な方法と言えます。ここでは、便秘解消に効果があるマッサージ方法をご紹介しましょう。やり方はとても簡単ですから、手が空(あ)いたときに試してみてくださいね。

  • ベッドの上に仰向(あおむ)けに横たわる
  • 両手でお腹(なか)を反時計回りにマッサージする
  • おおよそ30周から50周ほどマッサージをする

便秘解消のためのマッサージは、お風呂上りのタイミングで行うとより効果が期待できるでしょう。また、手のすべりをよくするためにマッサージオイルを使用することもおすすめします。

4.便秘薬の種類と成分を理解しよう!

便秘薬にも、さまざまな種類が存在します。主な便秘薬の種類について、成分や特徴について理解しておきましょう。

4-1.下剤

下剤は、強制的に便を排出するように働く薬です。薬の成分が、強制的に腸を動かして排便に導くタイプと覚えておきましょう。便秘用の下剤には、センナや酸化マグネシウムなどの成分があります。下剤は効果が強いので、飲み始めは様子を見ながら少量を試してみると良いでしょう。便秘に下剤は効果がありますが、人によって、お腹(なか)が強く痛む場合があるので注意してください。便秘解消ために、市販の下剤を自己判断で購入することを避けましょう。

4-2.整腸剤

整腸剤は、腸の働きを正常にするために働く薬です。整腸剤の効果は、おだやかに現れることが多いでしょう。たとえば、乳酸菌などを配合するなどで正常なぜん動運動を促すといった感じですね。そのため、便秘解消に即効性は期待できません。しかし、腸や体に負担を掛けにくい便秘解消薬の種類と言えるでしょう。

4-3.漢方

漢方でも、便秘に効果がある薬が存在します。漢方の中で便秘に効果が高い成分は、大黄(だいおう)や甘草(かんぞう)・熊胆(ゆうたん)といった種類が有名でしょう。漢方薬は、服用する人の体質によって相性があります。漢方薬で便秘を解消したいときは、漢方に詳しい医師に相談して処方を受けるか、信頼のできる業者から購入すると良いでしょう。

4-4.浣腸(かんちょう)

飲むタイプの便秘薬で解消しない場合は、浣腸(かんちょう)を使用することも考えましょう。浣腸(かんちょう)は、肛門(こうもん)から下剤を注入して排便を促す薬です。主な成分は、グリセリン。グリセリンは、体内に入ると腸の活動を活発にするほかにも便を柔らかくして排出する効果があります。注入後3分から10分後に効果があるので、トイレに入ってから使用してください。また、人によっては激しい腹痛を伴うこともありますから注意しましょう。赤ちゃんの便秘には、ティッシュペーパーをこより状にして差し込みながら様子をみる浣腸(かんちょう)の仕方が効果的です。赤ちゃんに便秘薬を使うことは、副作用の心配を考えると難しいのでぜひ試してみてください。

5.便秘薬を使うときに注意したいことは?

で、実際に便秘薬を使うときに注意したいことを確認しておきましょう。便秘薬を誤って使用することは、危険です。必ず読んで、注意点を頭に入れてくださいね。

5-1.便秘薬の種類ごとに決まった使い方を守ること

便秘薬は、種類ごとに決まった使い方を守ることが大切です。食前に飲むタイプを食後に飲んだり、食後に飲むタイプを食事無しでいきなり飲んだりすることは、便秘薬の効果を半減してしまうことでしょう。また、体調不良の原因にもなりますので注意してください。

5-2.便秘薬の副作用も理解しておくこと

どんな薬にも、副作用は付いてきます。便秘薬の副作用を理解することは、安全に使用するためにも必要でしょう。使用した後に何らかの副作用が出た場合は、皆さんの体質に薬が合っていない証拠とも言えます。特に副作用が激しく出た場合は、そのままにしないで医師に相談してくださいね。

5-3.便秘薬の常用性(じょうようせい)にも注意すること

便秘薬には、常用性(じょうようせい)があることを覚えておいてください。常用性(じょうようせい)とは、飲み続けることでだんだん効果を感じにくくなることです。使い始めは、便秘薬の効果を感じることができていても腸が刺激に慣れてしまうのでしょう。常用性(じょうようせい)を感じた場合は、いったん使用を中止してほかの薬を試してください。

5-4.妊婦や子供便秘薬を使うときの注意点

妊婦や子供が便秘薬を使うときには、どんな注意点があるのでしょうか。妊娠中は、胎児が腸を圧迫したりホルモンバランスが変化したりなどで便秘になりやすいですね。でも、便秘薬の副作用でお腹(なか)の赤ちゃんに悪影響があってはいけません。妊婦で便秘薬と使いたいときは、必ず主治医に相談してから便秘薬の処方を受けてください。妊婦の便秘解消法は、便秘薬に頼り過ぎないことが大切です。また、子供の便秘も、薬の種類や量に十分な注意してください。大人の体と比べて未熟な状態のため、決まった量の服用を守って飲み過ぎないように指導しましょう。

6.痛くならない便秘薬ってあるの?

便秘薬は効果があるけど、痛みが心配という人は多いでしょう。でも、痛くならない便秘薬も存在します。ここでは、便秘薬でお腹(なか)が痛くなる理由を解説しましょう。また、痛くならない薬もご紹介しますね。

6-1.便秘薬で痛くなるのはなぜ?

便秘薬を飲むとお腹(なか)が痛くなるのは、どうしてでしょうか。理由は、便秘薬には腸の動きを活発にする成分を含んでいるからです。しかも、薬によって腸が無理やり動いている状態なので痛みを感じる人が多くなるのでしょう。腸の動きを急に活発にして便秘を改善する薬は、お腹(なか)の痛みが激しくなりがちなので注意してください。

6-2.痛くならない便秘薬は成分が違う

お腹(なか)が痛くならならいタイプ便秘薬は、成分が違います。痛くならないタイプの便秘薬には、無理に腸を動かす成分を含んでいません。作用はおだやかですが、自然に腸が動くことをサポートするような成分を含んでいるのです。ひどい便秘になっている人は、つい即効性の高い便秘薬を選んでしまいがちでしょう。しかし、お腹(なか)が痛くなるなど体に負担が掛かることを考えると、痛くならないタイプの便秘薬がおすすめですね。

6-3.痛くならないおすすめの便秘薬

やはり、便秘薬を飲むときは、お腹(なか)が痛くならないものを選びたいことでしょう。そこで、おすすめなのが、複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)です。複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)には、和漢生薬(わかんしょうやく)の1種である熊胆(ゆうたん)を含有。排便に必要な胆汁(たんじゅう)の分泌を促すことで、スムーズに便秘を解消できるでしょう。使い続けることで効果が出なくなるような常習性も、ありません。複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)は、お腹(なか)が痛くならずに自然な方法で確実に便秘を解消できます。返金保証もありますから、ぜひ試してみてくださいね。

7.ダイエットと便秘について

ダイエットを行うことは、便秘になりやすいことが判明しています。ここでは、ダイエットをするとどうして便秘になってしまうのかについて解説しましょう。

7-1.ダイエットと便秘は深い関係

ダイエットを行うことは、便秘と深い関係があります。まず、ダイエットを行うと食事量が極端に減ることでしょう。食事量が減ることは、十分な食物繊維を摂(と)らなくなるということにもなります。つまり、ダイエットは便になる材料が少なくなると考えてください。便の材料が不足するのですから、便秘になりやすいのも当然と言うことができるのです。

7-2.ダイエットは体質改善が大切!

ダイエットで極端な食事制限を行うことは、便秘を招くのでいけません。なぜならば、便秘になると新陳代謝が落ちて脂肪の燃焼を上手(じょうず)に行うことができなくなるからです。また、老廃物の排出もスムーズにできません。本当の意味でダイエットをしたい人は、脂肪を燃焼しやすい体質に改善することが大切です。なお、便秘薬で痩せることやダイエットにはならないことを理解してくださいね。

8.便秘にかんするよくある質問集

では、便秘にかんするよくある質問についてお答えしていきましょう。皆さんが疑問に思う点を、確認しておいてください。

8-1.便秘を解消すると良いことは何ですか?

便秘を解消すると、老廃物がスムーズに排出できるので体の中からキレイになります。たとえば、お肌の調子が良くなることが挙げられるでしょう。また、新陳代謝が活発になるので余分な脂肪の燃焼も効率良く行うようになります。つまり、便秘を解消することでダイエット効果も期待できるでしょう。また、美容にも良いだけでなく、体調も快調になりますから仕事やプライベートが充実しますよ。

8-2.旅先で便秘になるけど良い解消法はある?

旅先で便秘になる人は、とても多いですよね。おそらく、緊張していることで腸の活動も低下してしまっているのでしょう。解消法は、温泉やお風呂でゆっくり温まることが効果的です。また、お腹(なか)が痛くならないタイプの便秘薬を使ってみるのも良いでしょう。せっかくの旅先ですから、便秘で苦しむことが無いように調節してみてください。

8-3.生理前に便秘になるのですがどうして?

女性は、生理前に便秘になる人も多いです。理由は、ホルモンバランスが変化するから。反対に生理が始まった後は、便秘が解消していることが多いでしょう。生理前の便秘は、仕方が無いこととも言えます。しかし、あまりにも不快であったら便秘薬を試してみても良いでしょう。

8-4.授乳中に便秘薬を飲むことは問題ありませんか?

授乳中の服薬は、便秘薬でなくても医師の指示に従ってください。母乳に、薬の成分が影響することがあるからです。授乳中の便秘に悩んでいる人は、自己判断で便秘薬を購入したり服用したりすることは避けましょう。

8-5.便秘体質は遺伝しますか?

便秘になりやすい体質は、必ずしも遺伝するとは限りません。しかし、まったく無いと言うこともできないでしょう。理由は、腸の構造や体質が原因になっている便秘もあるからです。ただし、便秘になりやすい家系だとしても、まずは生活習慣の改善を心掛けることが大切でしょう。遺伝だと思っていても、実は生活習慣によるものだったということは多いのです。

まとめ

今回は、便秘を解消するために必要な知識についてあらゆる角度からご紹介しましたがいかがでしょうか。便秘を根本から解消するためには、自分がどんな原因で便秘になっているのかを正しく判断することが大切です。原因が判明した後は、適切な治療や生活習慣の改善を試してみてください。便秘薬は即効性が期待できる治し方ですが、お腹(なか)が痛くなるタイプもあります。便秘薬を使いたい場合は、お腹(なか)が痛くならないタイプのものを選びましょう。また、使用するときの注意事項をよく確認して正しく使ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加